« 湊線デビューに向けて整備中 元JR東海キハ11形気動車 | トップページ | 西東京市ラッピング電車「いこいーなトレイン」 東長崎駅で並ぶ »

小平市ラッピングトレイン「ぶるべー」 20154Fと2021Fの並びを撮影する

三連休最終日。10月12日のお話。

今、東村山市ふるさと歴史館では、西武新宿線、国分寺線の前身である、川越鉄道開業120周年を記念した特別展を開催している。既に見た人から、なかなか展示物も充実していると聞いていたこともあり、この日午後から、ふるさと歴史館へ出掛けてきた。

1時間ほど見学して来た後、新宿線の撮影へ。廃車が始まった旧2000系でも撮れればと思いながら、TwitterやFacebookの書き込みを見ていると、小平市のラッピングトレイン「ぶるべー」になっている20154Fと2021Fが16時24分頃、新所沢で並びそうだと知る。7月より運行を開始した、20154Fの「ぶるべー」は、ラッピング期間は3ヶ月間と言うことなので、まもなく終了となる。終了までに、「ぶるべー」同士の並びを一度は押さえておきたかったので、新所沢へと向かう。しかし、新所沢では、国分寺へ向かう2021Fの「ぶるべー」の方が1分発車が早いにも関わらず遅れての到着で、本川越へ向かう20154Fの「ぶるべー」との並びは撮れなかった。

しかし、諦めきれない私。もう一度、チャンスは無いだろうか。2021Fは、国分寺到着後、折り返し、東村山行きとなり、東村山駅に17時02分から16分まで14分間停車する。一方の20154Fは、17時13分から17分まで、上り特急を待避するため、4分間、5番ホームに停車する。つまり、17時13分から16分までの3分間だけ、両編成が東村山駅で並ぶのだ。

そこで、駅を見渡せる場所から撮影することに。まず、駅の所沢方にある、東村山1号踏切に行ってみた。しかし、ここからでは距離があり、正面のマークが小さい2021Fを捉えるには困難。特に2021Fが1番ホームに入ってしまった場合、かなり厳しいと判断。ここでの撮影は諦めて、駅東口から程近い駐車場から狙うことに。そして、この場所に行き着いたとき、2021Fが2番ホームに入線。この場所からの撮影が、かなり楽になった。

あとは、20154Fの到着を待つだけ。17時13分、予定通り、20154Fの各停西武新宿行きが到着した。

Simg_7d39267_1

20154Fの「ぶるべー」と2021Fの「ぶるべー」が東村山駅で並んだ!

まずは、20154Fが停まる寸前に撮影。この事で、後ろの2021Fと合わせて、正面に障害物が無く撮れる。季節柄、陽が沈み、一気に暗くなる時間帯であるが、まだ走行中の20154Fをしっかり捉えるには、まさにギリギリのタイミングだった。

この後、20154Fが5番ホームに停まったところで、もう一度撮影してみるが・・・

Simg_7d39273_1_2

20154Fが完全に停車した後、改めて撮影。

20154Fが停まってしまうと、被写体との距離が延びてしまう為、やはり停車する前に撮って正解だった。と、納得したところで、撮影終了。撤収しようと思ったところ・・・

Simg_7d39276_1

なんと3番ホームに20156F「いこいーな」が入線!

3番ホームには、西東京市のラッピングトレイン「いこいーな」になっている20156Fが入線。現在、新宿線系統で運行しているラッピング車全てが、ここ東村山に集結。20156Fの動きに関しては、ノーマークだったので、この三並びは嬉しい誤算だった。

東村山駅は、高架工事が始まっており、駅を見渡せる場所が、だんだん少なくなってきた。今回撮影した、この駐車場も、いずれは仮囲いが出来て、見渡す事が出来なくなるかもしれない。近いうちに、高架工事の状況も、ブログでまとめなくては・・・そう思いながら、この場所を後にした。

|

« 湊線デビューに向けて整備中 元JR東海キハ11形気動車 | トップページ | 西東京市ラッピング電車「いこいーなトレイン」 東長崎駅で並ぶ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/62464842

この記事へのトラックバック一覧です: 小平市ラッピングトレイン「ぶるべー」 20154Fと2021Fの並びを撮影する:

« 湊線デビューに向けて整備中 元JR東海キハ11形気動車 | トップページ | 西東京市ラッピング電車「いこいーなトレイン」 東長崎駅で並ぶ »