« 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その1 | トップページ | 山手線新型車両E235系 横須賀線を走る »

西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その2

西武球場前駅で「BBつばめ10周年記念号」を撮影した私。この後、「BBつばめ10周年記念号」は、本川越に向かう事になっており、私も、それに先行する形で、西武球場前駅13時33分発の池袋行きに乗って移動する予定だった。しかし、そろそろ1番ホームに停車中の池袋行き車内に移動しようと思った矢先、クモハ263に掲出されていたヘッドマークが外され、新たなマークが付けられた。それは・・・

Simg_7d40434

西武球場前駅での撮影タイム。13時30分頃から「急行奥武蔵」のヘッドマークが掲出された。

新たに掲出されたヘッドマークは、昔懐かしい「急行奥武蔵」だった。黄色い101系に良く似合うヘッドマークで、263Fで、このヘッドマークが見られた事は、とても嬉しかった。

撮影後、急いで1番ホームへ。なんとか13時33分発の池袋行きに間に合った。とりあえず、この列車で、まずは所沢へ。ここで、池袋線から新宿線へと入って行くシーンを撮るのも考えたが、そのまま新宿線の下り列車に乗り換えて、先を目指す事に。行きついたのは狭山市駅。ここは、駅周辺がカーブしており、特に下りホームの西武新宿方からは、下り列車がカーブして入線する様子が良く撮れる。そこで、まずは、このホーム上から、本川越へ向かう「BBつばめ10周年記念号」を撮影する事にした。

現地到着から、およそ15分。14時16分頃の事になるが、「BBつばめ10周年記念号」が、狭山市駅にやって来た。

Simg_7d40447

狭山市駅に差し掛かる「BBつばめ10周年記念号」

西武球場前から本川越へ。全行程、埼玉県内を走る事もあり、もしかしたら、西武球場前駅で掲出したヘッドマークを、そのまま付けて走ってくるかも?と言う説が、ここでご一緒した方からあり、私も「もしかしたら」を一瞬期待したが、御覧のように、ヘッドマークの掲出は無かった。

Simg_7d40456

国分寺行き2000系とすれ違った。

そして、振り向くと、走り去る263Fと国分寺に向かう2045Fと上手い具合にすれ違ってくれたので、その瞬間を撮影してみた。

さて、本川越へと向かった一行は、約2時間のフリータイムとなる。その為、263Fは、本川越到着後、いったん、南入曽車両基地に回送される事になっていた。その回送列車を、これから撮る事になるのだが、ここまでご一緒して来た方達と共に、タクシーに乗り、狭山市~新狭山間の撮影ポイントへ向かう事にした。ここでの撮影は、2014年5月24日、同日より運転を開始した「ウーマノミクストレイン」の特別列車を撮影して以来の事。回送列車の通過ギリギリのタイミングで、現地に到着すると、すっかり曇ってしまい、カメラの設定をしている間に、263Fの回送列車が来てしまった。

Simg_7d40461

本川越到着後、いったん南入曽車両基地へ回送される263F。

この後、私も、「BBつばめ10周年記念号」の乗客の皆さんに合わせて本川越へ。駅ビルPEPEの中にある鉄道模型店「ポポンデッタ」に行くのが目的だったのだが、店内は、「BBつばめ10周年記念号」に乗る方もいて、混雑していた。そして、その後、更に本川越駅にて、263Fの回送列車の入線シーンを撮る事に。ホームの西武新宿方先端へ行くと、同じことを考えている方が既に待機されていた。その方の後ろから、カメラを構える。

Simg_7d40477

本川越駅に進入する特急「小江戸21号」

16時16分、西武新宿からの特急「小江戸21号」が本川越駅に到着。御覧のように、駅手前で、東武東上線の列車と上手く交差してくれた。実は263Fの回送列車も、こんな感じで撮れれば良いなあと期待していたのだが・・・

Simg_7d40488

本川越駅に進入する263Fの回送列車。

263Fが見えてくる直前に、東武東上線の列車が通過したので、上手く行くかと期待したのだが、263Fが近付いてくる前に通過してしまい、263Fと東武東上線の列車との交差する瞬間は、残念ながら撮れなかった。

Simg_x3424

本川越駅で2000系と並んだ263F。

263Fは、本川越駅1番ホームに入線。特急列車が発車した後、4番ホームに停車中の2000系との並びを撮影してみた。

この後、4番ホームに停車していた2000系の各停西武新宿行きに乗り込み、所沢へ先回り。ここで、清瀬へ向かう為に停車する「BBつばめ10周年記念号」を撮影する。「BBつばめ10周年記念号」は、新宿線から池袋線への連絡線を通り、所沢駅4番ホームに入線すると言う事で、先日の4000系「ハッピートレイン」と同じく、4番ホームから連絡線へ向けてカメラを構えてみるが、もう辺りは暗くなっており、正直、撮れるかどうか微妙な状態だった。

16時54分、「BBつばめ10周年記念号」が連絡線に差し掛かった。

Simg_7d40497

連絡線を行く「BBつばめ10周年記念号」

RAWで撮影した画像を、少し編集してみたが、やはり撮影条件は厳しく、ごれが限界だった。

Simg_7d40510

所沢駅4番ホームに入線した「BBつばめ10周年記念号」

この後、私はお隣の3番ホームに移動して、4番ホームに停車中の「BBつばめ10周年記念号」を撮影する。タイミング良く、3番ホームには、各駅停車の新木場行きが入線し、御覧のように、東京メトロ10000系との並びを見る事が出来た。

Simg_7d40515

そして、終点、清瀬に向けて所沢駅を発車。

新木場行きが出て数分後、「BBつばめ10周年記念号」も、清瀬に向けて所沢駅を発車。所沢で降りた新宿線の乗務員が、敬礼をしながら見送る姿が、とても印象的だった。

この後、私も池袋線の上り電車に乗り込んで清瀬駅へ。役目を終えた263Fは、乗客を降ろして2番ホームに停車していた。折り返し、小手指へ回送となるが、その短い時間を利用して、私も3番ホームから撮影してみた。

Simg_7d40521

清瀬駅2番ホームに停車中の263F。

3番ホームには、263Fを撮影しようとする撮り鉄さん達がいっぱい。中には、大型の三脚を広げてバルブ撮影をしている人もいて、まるで、「大宮駅かよ!」と思ってしまうぐらいの状況。私は相変わらず、感度を上げて手持ちでの撮影だが、あまりの混雑から、上手く撮れたのは僅か1枚だった。

この直後、役目を終えた263Fは、回送列車として静かに清瀬駅を発車して行った。それと同時に、3番ホームにいた撮り鉄さん達も消えて行った。私の追跡も、ここ清瀬での撮影を以て終了とした。

BBつばめさん、素敵な企画をありがとうございました。

|

« 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その1 | トップページ | 山手線新型車両E235系 横須賀線を走る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/62768625

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その2:

« 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その1 | トップページ | 山手線新型車両E235系 横須賀線を走る »