« 西武 トレインフェスティバル2015in横瀬 臨時列車復路編 | トップページ | 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その1 »

「海外譲渡」のヘッドマークを掲出した南武線205系ナハ39編成

11月16日のお話です。

現在、E233系への置き換えが進行中のJR南武線。増備が順調に進み、南武線の本線区間では、205系が残り4編成(11月16日現在)、209系が残り1編成と言う状況までになっており、日によっては、全列車E233系で運転される日もあり、完全置き換えとなる日も、すぐそこまで来ていると言っても過言ではない。

そんな状況下の南武線に、この日より、205系ナハ39編成に「海外譲渡」のヘッドマークを掲出して走っていると言う情報が、Twiterで流れてきた。南武線の205系は、一部の車両が、廃車後にインドネシアに譲渡されており、この事は、各駅に掲出されている、中原電車区発行の壁新聞、「なんぶ南(なん)でも情報」にも、引退後の205系が、インドネシアに譲渡されている事が書かれており、一般の利用客にも、ある程度は知られている。そんな事もあり、今回、南武線の本線区間からの引退を記念したヘッドマークにも、「海外譲渡」をアピールするヘッドマークが用意されたものと思われる。

そこで、「海外譲渡」のヘッドマークが掲出された、ナハ39編成を早速撮影する事にした。この日のナハ39編成は31F運行。たまたま、仕事を終えてから、立川駅近くの模型店「マイホビーキョーサン」へ行く用が有り、そのついでに撮れないかと思って調べてみたところ、19時50分頃、立川駅に来る事が判明。時間的に、キョーサンの帰りに撮るには好都合なタイミング。時間に合わせて店を出て、立川駅へ。7・8番線の川崎方には、同じように、ナハ39編成を撮影しようとしている同業者の姿が数名見られた。

Simg_x3442_2

「海外譲渡」のヘッドマークを掲出した、205系ナハ39編成。

御覧のように、ナハ39編成に掲出されたヘッドマークは、今から40年ほど前に南武線を走っていた73系電車に掲出されていたサボをイメージしたもの。なかなかマニアックなデザインだ。

Simg_7d37989

増備が進む南武線のE233系。(2015年9月1日撮影)

今回、ナハ39編成に、このようなヘッドマークが掲出した事で、1989年から運行されてきた205系の運行も、南武線の本線区間では、まもなく終了となる事は間違いない。このヘッドマークも12月上旬まで掲出予定という事で、掲出終了時期が、205系の南武線本線区間での運行終了の時期なのかなと言う気がする。

さて、私にとって南武線とは、米タン(米軍横田基地燃料輸送列車)の撮影時や、小田急線沿線へ外出した時等に、ちょっと利用する程度で、普段から頻繁に利用していると言う訳ではありませんが、米タンの撮影時には、合間に、南武線の車両も撮影していました。今回、南武線本線区間からの205系撤退間近と言う事で、これまで撮影してきた写真の中から、一部をご紹介して、この記事を締めたいと思います。

Simg_7d29808

6両中4両が南武線生え抜きタイプの205系ナハ4編成。(2014年9月23日撮影)

南武線の205系は、大きく分けて3つに分類されます。1つは、南武線に新製配置されたタイプ。こちらは、山手線からの転用車と比較すると、扉の窓が大きいのが特徴。しかし、このタイプは、11月20日に海外譲渡の為、新津へ旅立ったナハ22編成を最後に、南武線からは姿を消しています。

Simg_7d40101

山手線からの転用車、ナハ39編成。(2015年11月3日撮影)

続いて、山手線からの転用車。南武線に残っていた103系を置き換えるために、当時、E231系投入で余剰となった205系が転用されてきました。御覧頂いているナハ39編成は、編成自体をそのまま短くして6両編成にしたタイプです。この編成に、今回、「海外譲渡」のヘッドマークが掲出されました。

Simg_7d25086

山手線からの転用車で、先頭車改造車を組み込んだナハ46編成。(2014年2月11日撮影)

そして、山手線からの転用車で、不足する先頭車を補うために、サハ205からの先頭車改造車を組み込んだタイプ。新設された運転台は、209系やE231系に近いタイプのものが用意され、御覧のように、正面のデザインも209系やE231系に近いイメージとなりました。左手操作式ワンハンドルと言う事から、今回の海外譲渡対象には含まれていない為、このタイプの車両は、南武線撤退後、殆どが廃車となっています。現在、御覧頂いているナハ46編成だけが残されています。

Simg_7d25092

南武線では少数派だった209系。ナハ52編成は京浜東北線からの転用組。(2014年2月11日撮影)

205系に混ざって活躍していた209系。南武線では、元々少数派でしたが、生え抜きの車両が2編成の他、京浜東北線からの転用組が3編成ありました。御覧頂いているナハ52編成は、京浜東北線からの転用組で、転用に際しては、機器更新の上、2200番台となって入線。この2200番台入線時に、新製配置組のナハ1編成が引退した為、最大4編成が運用されていました。現在では、E233系に置き換えられ、2200番台のナハ53編成だけが残っているようです。

こうして振り返ってみると、南武線、あまり撮ってないなあ。(反省)

|

« 西武 トレインフェスティバル2015in横瀬 臨時列車復路編 | トップページ | 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その1 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/62739033

この記事へのトラックバック一覧です: 「海外譲渡」のヘッドマークを掲出した南武線205系ナハ39編成:

« 西武 トレインフェスティバル2015in横瀬 臨時列車復路編 | トップページ | 西武 101系263Fを使用した「BBつばめ10周年記念号」を撮影する その1 »