« 冬季限定 パンタグラフ2基上昇で走る秩父鉄道の貨物列車 | トップページ | 西武多摩湖線と河津桜 »

新店舗で営業再開 鉄道ファンが集う店 やきとり「省松」

西武秩父駅構内の温泉施設建設工事に伴い、今年1月3日で惜しまれながら閉店した、西武秩父駅仲見世通り商店街のやきとり「省松」。弊ブログ、2015年9月22日付記事でも触れているように、閉店後は、駅前の自宅兼店舗を新店舗に改装して、営業を再開する事になっていたが、1月21日より、新店舗での営業を再開した。

仲見世通りの旧店舗の閉店が決まった際にも、弊ブログで記事にした事もあり、出来るだけ早い段階で、新店舗にもお邪魔したいと思っていた。そこで、奥むさし駅伝の臨時列車観察と、秩父鉄道の貨物列車等の撮影の為、秩父を訪れた1月31日の夕方、新店舗にお邪魔して、取材をさせていただく事にした。

この日、和銅黒谷~大野原間での貨物列車の撮影を終えた後、秩父鉄道の電車で御花畑駅へ。そのまま西武秩父駅前に戻って来たのは16時頃の事だった。早速、駅前の通りから、少し入ったところにある、「省松」さんの新店舗に向かったところ、店内の様子を表す信号機の色が、黄色を点灯していた。黄色信号は準備中。そう、この時点で、1月中は仮営業の為、夕方は17時からの営業となっている事をすっかり忘れていたのだ。仕方なく、1時間暇をつぶす事に。

適当に暇を潰して17時。再び「省松」さんへ向かう。すると・・・

S_20160131_171446

青信号は営業中の証。

入口にある信号機が青となっていた。青信号は営業中の証。他に赤は営業終了または満席。そして、消灯が休業日を現すと言う、何ともユニークなシステム。青信号と言う事で、安心して、店内へ。

S_20160131_171505_2

信号機の次は踏切。

信号機、そして踏切と、店内に入る前から、既に2つも鉄分を感じさせるアイテムが・・・

S_20160229_200630

いよいよ入口へ。

店内へ入る前、足元を見てみると・・・

Simg_3956

整列乗車?

なんと足元には、2ドア車と3ドア車の乗車位置目標が貼られていた。開店前は、ここに並ぶのかな?

まあ、この時点で開店しているので、並ぶことなく店内へ。すぐに、ご主人の内田さんが迎えてくれた。この時点で、店内にはお客の姿は無く、この日夕方の営業では、私が一番乗り。

S_20160303_125239

正面のカウンターの上に広がるお品書き。

まず、店内に入って目に付いたのが、カウンターの上に広がるお品書きの数。旧店舗閉店前に取材した時にお話をされていたように、新店舗に移ったら、メニューは増えるかもと言う事だったが、かなり増えている。

S_20160131_174424

壁に飾られていた西武鉄道の種別板。

西武鉄道3ドア車には、欠かせない存在だった種別板も飾られている。

S_20160131_174406

Nゲージのレイアウトも常設。

店主の内田さんは、まだまだベニヤ平原と仰っていましたが、Nゲージのレイアウトもあり、走る鉄道模型を眺めながら食事が出来るようになっていた。

とりあえず、何か注文しようと思い、メニューを眺め、新メニューの中から、生ビール中と「おまかせ5串」を注文。

S_20160131_174504

Nゲージのレイアウトを眺めながら、生ビールと「おまかせ5串」をいただく。

一通り撮影した後、Nゲージのレイアウトを見ながら、生ビールと串焼きをいただく。旧店舗では、くるみ味噌だれの焼鳥だけだったが、新店舗では、塩味の焼鳥も楽しめる。ちなみに、これまでと同様に、持ち帰りも出来るのだが、持ち帰りの場合は、これまで同様、「くるみ味噌だれ」のみとのこと。列車の時間に合わせるためと言う事でしょう。

なお、このレイアウトは、車両の持ち込みも可能とのこと。空いていれば、1時間ぐらいは走らせる事が出来るとのことで、既に、近所の子供達が、車両を持ち込んで遊びに来るとか。また、将来的には、更なる拡張も計画しているとか。今後の展開も楽しみ。


S_20160303_125826

レイアウトの中に「省松」さんの店舗が・・・

走り去る模型を眺め、更にビデオの映像を眺めながら、、ビールも2杯飲み、気付いたら2時間が経過していた。日曜日と言う事もあり、その間、お客さんは、持ち帰りの焼鳥を買いに来た一人のみ。その分、ご主人の内田さんと、じっくり話が出来たが・・・

Simg_3955

ご主人の内田さん。

帰り際、内田さんから、是非、2階のトイレに立ち寄って行ってほしいと言われ、そのままトイレへ。すると・・・

Simg_3953

ドアノブは2000系の廃車発生品。

なんと、トイレのドアノブは、なんと2000系の廃車発生品。こんな所にも、鉄道ファンが喜びそうなアイテムが用意されていた。

ちょっと休憩のつもりが、たっぷり2時間滞在し、お店を出ると、もう真っ暗。足早に西武秩父駅へ向かい、19時25分発の特急「ちちぶ48号」で帰宅した。

ご主人の内田さん、今回も貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。秩父へ撮影に出かけた時に、帰りに呑んで帰る楽しみが増えました。また寄らせていただきます。どうぞ宜しくお願いします。

秩父へお出かけになりましたら、帰りの列車に乗る前に、省松さんに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

やきとり 省松
営業時間 平日14時~21時 土曜休日12時~21時(オーダーストップは閉店30分前)

定休日は、省松さんのホームページを確認してください。

|

« 冬季限定 パンタグラフ2基上昇で走る秩父鉄道の貨物列車 | トップページ | 西武多摩湖線と河津桜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「鉄道 絶景の旅」で紹介されて、初めて知りました。
秩父に、鉄分たっぷりの店が出来ていたんですね。機会があれば、行って来たいです。
ツイートさせていただきました。

投稿: らっか | 2016/06/18 08:56

らっかさん、コメントありがとうございます。コメント返しが遅くなりまして申し訳ございません。

省松さん、西武秩父駅からも近く、秩父を訪れた際、お帰り前に立ち寄って休憩されるには、ちょうど良いお店だと思います。秩父方面へお出かけの際には、是非お立ち寄りください。

投稿: TOMO | 2016/08/01 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/63300194

この記事へのトラックバック一覧です: 新店舗で営業再開 鉄道ファンが集う店 やきとり「省松」:

« 冬季限定 パンタグラフ2基上昇で走る秩父鉄道の貨物列車 | トップページ | 西武多摩湖線と河津桜 »