« 西武20000系 映画「ずっと前から好きでした」PR電車を撮影する | トップページ | 189系で運転された中央本線の臨時列車を撮影する »

革新と挑戦 西武鉄道2016年度鉄道事業設備投資計画

5月12日、西武鉄道は、2016年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。昨年は、5月19日に発表されたので、昨年よりも一週間早い発表となった。

例年同様、車両面や設備面で主だったものを挙げてみた。

車両関係
・30000系「スマイルトレイン」を8両新製。
・「進化したスマイルトレイン」40000系を20両新製。

Simg_7d43141

今年度も8両が新製される事になった30000系。

2008年度から導入を開始した30000系も、いよいよ今年度増備の8両を以て、製造が終了となる。2014年度の鉄道事業設備投資計画で、製造両数が8両追加された為、次世代通勤車、40000系の製造計画が発表になった後も、この追加分が作られるかどうか注目していたが、2014年度の鉄道事業設備投資計画での発表通り、今年度に8両が新製される事になった。

そして、30000系に代わる次世代通勤車。進化したスマイルトレインこと、40000系車両が、今年度20両新製される。40000系車両は、西武鉄道としては初となる「ロング・クロスシート転換車両」(一部編成)を導入する他、車椅子やベビーカー、大きな荷物を持った乗客が利用しやすい「パートナーゾーン」の導入等、今までにない新たな試みが盛り込まれた車両となっている。今後、2020年度までに80両が新製される計画となっており、営業運転開始は2017年春を予定している。

Simg_7d43169

2000系の廃車はどうなる?

新車が入れば、必ず代替廃車が発生する。昨年からは、ついに2000系にも廃車が発生。昨年12月末までに6両編成5本が廃車となった。今年度は、30000系については、入線後、早い段階での営業入りが予想されるが、新形式の40000系に関しては、営業運転開始が、2017年春と発表されている為、2016年中に廃車となる車両は、30000系増備分の8両のみに留まるのか、それとも、例年通り、年末までに40000系の分も含めた車両数が廃車となるのだろうか。果たして真相は・・・

設備関係
・新宿線中井~野方間連続立体交差事業(地下化)
・新宿線東村山駅付近連続立体交差事業(高架化)
・池袋線石神井公園駅付近高架複々線化工事

2014年1月より工事に着手した、新宿線の中井~野方間の連続立体交差事業。今年度は、取付部の土木工事や沼袋駅部のホームの仮設工事を行う。また、東村山駅付近連続立体交差事業は、高架橋の基礎工事と、ホームの仮設工事を行う。また、池袋線の石神井公園駅付近高架複々線化工事については、いよいよ今年度で事業完了の予定。今年度は、昨年度に引き続き、側道整備が行われる。

サービス向上
・駅のバリアフリー化(中井駅)

中井駅は、いよいよ今年度末に工事が完成する。南北自由通路を地下に設置し、改札口も地下に移設される為、北側からも駅が利用しやすくなると言う。

安全対策
・池袋駅のホームドア整備

2015年度は、2番ホームへの設置が完了した池袋駅のホームドア。設置工事は、今年度も継続して行われ、2017年度末までには、3~6番ホームへの設置が完了する予定。

弊ブログでは、今年度も引き続き、西武鉄道に注目していきたいと思います。

参考
西武鉄道2016年度鉄道事業設備投資計画(PDF形式)

|

« 西武20000系 映画「ずっと前から好きでした」PR電車を撮影する | トップページ | 189系で運転された中央本線の臨時列車を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。表記の話題(特に2000系の廃車)については、多分、新車納入数と同程度の廃車は行われると、個人的には思います。(西武鉄道一筋40年…)。
昔(30年位前)は、大体、年度末のお彼岸行楽シーズンを終えた3月25日前後の廃車除籍が行われていました。(いわゆる「つりかけモーター車」)今年度と同じ6連5本じゃないでしょうかね。個人的推測の域を出ませんが。

投稿: 野吾 祥一郎 | 2016/05/19 21:04

野吾 祥一郎さん、コメントありがとうございます。

2000系の廃車は、とても気になりますよね。ここ数年、西武鉄道は、車両を廃車にする場合、12月末までに廃車にしている傾向が見られます。おそらく、固定資産税の関係ではないかと思います。例年同様の手順で行けば、今年も12月までに廃車が発生する可能性がありますが、40000系のデビュー時期を考えると、年内に6連5本を落とすのは、ちょっと難しいのかな?と思っていますが、果たして、どうなりますでしょうか。

投稿: TOMO | 2016/05/23 12:10

TOMOさん、こんばんわ。
旧2000系ですが、西武は相変わらず武蔵丘で発生品の部品を売っておりまして、
武蔵丘で車番プレート付き化粧板を購入しました!
リニューアル後の白化粧板で少々残念ですし、
大好きな2000系の廃車発生品というjことで、大切に保管したいと思います。

投稿: やきとり | 2016/06/09 21:48

やきとりさん、コメントありがとうございます。

武蔵丘のイベント、私も現地に行きましたが、旧2000系の部品も出ていたようですね。旧2000系は、全編成、更新しちゃいましたから、旧化粧板は、2021Fの一部車両のごく一部しか残っていませんし、近い将来、置き換えの対象となりそうな新101系ワンマン車も、リニューアル時に化粧板を好感していますから、もう出てこないかもしれませんね。

また、新たなコレクションが増えられたとのことで、羨ましいです。大切に保管してくださいね。

投稿: TOMO | 2016/06/13 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/63646772

この記事へのトラックバック一覧です: 革新と挑戦 西武鉄道2016年度鉄道事業設備投資計画:

« 西武20000系 映画「ずっと前から好きでした」PR電車を撮影する | トップページ | 189系で運転された中央本線の臨時列車を撮影する »