« 高崎車両センター115系 T1146編成とT1159編成が廃車回送される | トップページ | くめがわ電車図書館の清掃作業終了 »

西武 「52席の至福」 クリスマストレインとして多摩湖線に入線 

2016年最後の三連休の最終日。12月25日のお話です。

今年4月より運行を開始した、旅するレストラン「52席の至福」。運行開始以来、好評で、予約もすぐに埋まってしまう。私も、一度は乗ってみたいと思っているのだが、未だに乗れていない。

そんな「52席の至福」が、12月23日から25日までの3日間は、「クリスマストレイン」として、西武新宿~本川越間を運転。しかも、ランチコース、ディナーコースともに、西武園ゆうえんちへ1時間ほど入場するプランとなっている事から、多摩湖線に入線する事になる。多摩湖線沿線住民としては、これは是非記録したいところ。運行最終日となる25日、「52席の至福」を、地元、多摩湖線を中心に撮影する事にした。

当日、まずはランチコースからの撮影となる。西武鉄道の公式サイトを見ると、「52席の至福」は、西武新宿駅を10時47分に発車する事になっている。これは、西武新宿発の西武秩父行き「52席の至福」と同じパターンである。では、どのタイミングで多摩湖線に入ってくるのか。幸いなことに、前日の24日、私の母が、小平駅で西武新宿方向に向かう「52席の至福」を、11時35分頃に目撃していた。と言う事は、東村山駅5番ホームで折り返してくると見て間違いなさそう。そこで、まずは、小平~久米川間、萩山小学校のプール裏の公道から、田無方面に向かう「52席の至福」を撮影する事に。自宅を11時25分頃に出て、自転車で萩山小学校の裏の道へ向かう。11時30分頃に到着するが、私が、この場所に着くと、先客が、三脚をたたんで撤収するところであった。もしかしたら、もう通過してしまったのか?他に撮り鉄さんの姿は無い事から、一瞬不安に感じたものの、自分の母の記憶を信じて、待つ事にした。

そして、現地到着から約6分後のこと。久米川駅方向に目をやると、「52席の至福」が見えてきた。早速、撮影を開始する。

Simg_7d48683

東村山駅5番ホームで折り返し、田無駅へ向かう4009F「52席の至福」。

小平~久米川間の有名撮影ポイントを行く4009F「52席の至福」。明るい時間帯、この地点の上り線を走る「52席の至福」は、西武新宿への送り込み回送では撮影した事が有るが、その場合、前面の方向幕は「回送」となっており、「52席の至福」幕での、上り線運転シーンは、今回が初の撮影。ちょうど、光線状態も良い時間帯だけに、ここで、しっかり撮れた事は嬉しかった。

Simg_7d48687

後追い。

「52席の至福」は、この後、田無駅まで戻った後、再び下り方向へ。いよいよ多摩湖線へ入っていく。多摩湖線での撮影は、西武遊園地駅で駅構内の撮影も予定していた為、電車で移動する事から、自転車を置きに、いったん自宅へ戻った。

さて、自宅に自転車を置いて、再び撮影に向かう。多摩湖線での最初の撮影は、八坂駅付近と決めていたので、萩山駅ではなく、八坂駅へ徒歩で移動する。実は、Twitterで、府中街道を走る西武バスと「52席の至福」を絡めて撮影している写真を拝見し、私も同じアングルで撮る事にしたのである。11時55分頃、現地に到着。あとは「52席の至福」の通過を待つだけ。

11時59分頃、久米川駅からの立川駅北口行き西武バスがやって来た。しかし、「52席の至福」の八坂駅発車よりも、バスの発車の方が早かった。この時点で、「52席の至福」と西武バスとのコラボは無くなってしまったのだが・・・

Simg_7d48694

Simg_7d48702

八坂駅を発車。西武遊園地へ向かう4009F「52席の至福」。

澄んだ青空の下を走る、4009F「52席の至福」。西武バスとのコラボは撮れなかったが、府中街道を超えていく、多摩湖線の跨線橋には、御覧のように「西武多摩湖線」と「八坂駅」と言う掲示が有り、この事から、「52席の至福」が、西武多摩湖線の線路上を走っている事が解る。今回、この場所を選んだのは、「52席の至福」が、確実に、多摩湖線の線路上を走っていると言う記録を残す為。なので、バスが撮れなくても、これで良いのだ。

この後、八坂駅から、多摩湖線の下り列車で西武遊園地駅へ。ホーム上で、多摩湖線の101系との並びを撮るのが目的だった。

Simg_7d48730

西武遊園地駅で、多摩湖線の白い101系と並ぶ、4009F「52席の至福」。

出来れば263Fとの並びを撮りたかったが、この日は、残念ながら、この時間帯のスタメンに263Fの姿はなく、来るのは白い101系ばかり。まあ、この車両との並びも、多摩湖線らしい光景である。4009F「52席の至福」は、御覧のように、2番ホームに停車していたが、1番ホームの発着する、多摩湖線の定期列車とは、停止位置がずれている為、両者のお顔を並べるのは、多摩湖線の定期列車の到着時か出発時に狙うしかない。残念ながら、1本目の列車では、101系の方が、白飛びしてしまった為、2本目の到着時には、カメラ側の設定を調整して、撮影に臨んだ。

この後、田無経由で本川越へ向かう、4009F「52席の至福」を撮る為、改札を出て、駅近くの狭山公園へ。公園内にある、西武園ゆうえんちの観覧車をバックに、多摩湖線の線路を俯瞰できるポイントへ向かう。最近、ここで撮影している人が多くなり、この日も、私がこのポイントに着いた時には、既に先客が二人いらっしゃったが、お二方のご厚意により、ご一緒させていただく事にした。

Simg_7d48748

西武遊園地駅を発車した4009F「52席の至福」。

13時05分頃のこと。4009F「52席の至福」」が西武遊園地駅を発車。一路、本川越へと向かった。私の「52席の至福」追跡も、ここでいったん終了。別件の撮影の為、いったん、多摩湖線を離れる事にした。

そして夕方。ディナーコースの撮影の為、再び多摩湖線へ。昼間、狭山公園内でお会いした方が、親切にも、西武遊園地へ向かう、「52席の至福」の萩山駅の時刻を教えてくれたので、まずは萩山駅で待機する。事前に教えられた情報では、17時34分頃の到着と言う事で、上手くいけば、17時35分発の国分寺行きとの並びが撮れるかな?と企んでいたのだが・・・

Simg_7d48794

萩山駅に到着した、4009F「52席の至福」。

「52席の至福」が、萩山駅に現れたのは、当初の予定より少し遅れて17時35分頃のこと。その為、「52席の至福」到着と同時に、1番ホームから国分寺行きが発車してしまった。

Simg_7d48800

萩山駅に停車中の「52席の至福」。

4009F「52席の至福」は、萩山駅で30秒ほど停車した後、西武遊園地へ向けて発車していった。

この後、私も後続の多摩湖線下り列車に乗り込み、西武遊園地へ。ランチコース同様、「52席の至福」は、西武遊園地駅2番ホームに停車していた。

Simg_7d48809

観覧車とジャイロタワーと合わせて。

綺麗にライトアップされた、西武園ゆうえんちの大観覧車とジャイロタワーを入れて撮影してみた。

Simg_7d48832

車止め側から白い101系と絡めて。

そして、最後に、車止め側から、西武遊園地駅を発車していく、白い101系との並びを撮影して、多摩湖線に入線した、「52席の至福」の撮影を終了とした。私は、西武遊園地駅でいったん出場した後、国分寺行きに乗り込み、八坂駅で下車。帰宅した。

|

« 高崎車両センター115系 T1146編成とT1159編成が廃車回送される | トップページ | くめがわ電車図書館の清掃作業終了 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しくブログを拝見してます。
狭山公園でご一緒させていただき、ありがとうございました。
うどん屋さんでも、ご一緒してましたね。
今後とも、よろしくお願いいたします

投稿: 齋藤 敦 | 2016/12/30 21:14

齋藤 敦さん、コメントありがとうございます。

西武鉄道は、地元の私鉄ですので、沿線には、よく出没いたします。また、どこかでご一緒させていただく事が有るかと思いますので、その際は、どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: TOMO | 2017/01/03 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/64692430

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 「52席の至福」 クリスマストレインとして多摩湖線に入線 :

« 高崎車両センター115系 T1146編成とT1159編成が廃車回送される | トップページ | くめがわ電車図書館の清掃作業終了 »