« 快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する | トップページ | 箱根登山鉄道3100形の甲種輸送に遭遇する »

夜の高崎車両区にて

では、引き続き4月1日のお話です。

第二江田踏切での撮影を終えた私は、新前橋駅から列車で高崎へ。ここで高崎線へ乗り換える事になるが、その前に、いったん改札を出て、上信電鉄の車庫が見渡せるコインパーキングへ。いつものように、ここでちょっとだけ上信電鉄の車両が観察出来れば良いなあと言う、軽い気持ちで向かったのだが、駐車場から、こんな並びを見る事が出来た。

Simg_7d50737

上信電鉄のマスコット、デキ3(左)とデキ1(右)が仲良く並んでいた。

1924年に製造され、今なお現役。上信電鉄のマスコットとも言えるデキ1形電気機関車。2両在籍するデキ1形電気機関車が、このように、仲良く並んで留置されていた。

ちなみに、デキ3のお隣には・・・

Simg_7d50740

新型車両7000形と並ぶデキ3。

なんと2013年に登場した自社発注の新型車両、7000形が留置されており、現役最古参の車両と最新鋭車両の並びも見る事が出来た。

そして、電気機関車と言えばもう1両。伊那電気鉄道からやって来たED316が残されているが・・・

Simg_7d50738

ED316は、この場所に留置。

この日、ED316は、この場所に留置されていた。デキ1形と異なり、車籍もない事から、この場所に停められている事が多い。そして、その奥に見える、廃車車両を活用した待合室。いつの間にか、塗装が変更されていた。どうやら、上信観光バスの広告を兼ねての塗装変更のようだが、この塗り分けも似合っており、本線を走る車両でも見てみたい。そう思った。

この撮影を以て、コインパーキングでの撮影を終了とした。高崎線に乗る前に、軽い気持ちで立ち寄ったが、新たな発見も含めて、良い物を撮る事が出来た。

|

« 快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する | トップページ | 箱根登山鉄道3100形の甲種輸送に遭遇する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:上信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/65109550

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の高崎車両区にて:

« 快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する | トップページ | 箱根登山鉄道3100形の甲種輸送に遭遇する »