« 御殿場線山北駅を訪ねる | トップページ | 高崎車両センター107系 R3編成・R4編成・R5編成・R9編成が廃車回送される »

西武多摩川線 101系241Fと253Fの甲種輸送を撮影する

4月8日から9日にかけてのお話です。

御殿場線山北駅付近で、桜と列車の撮影を楽しんだ後は、小田急線経由で帰宅する事に。途中、海老名に立ち寄った後、海老名からは相模線の列車に乗り込み八王子へ。ちょうど、相模線から横浜線の八王子まで直通する列車が有ったので、多少、時間はかかったものの、楽に座って八王子まで帰れるのは有り難かった。

さて、その八王子駅だが、相模線の列車で到着すると、横浜線が発着する5・6番線ホームと、中央線が発着する3・4番線ホームの間の線路に、見慣れた白い電車が停車していた。

Simg_7d50989

八王子駅構内に留置中の西武101系241F。

およそ3ヶ月に一度の割合で実施されている、西武多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送。今年2回目の甲種輸送が、4月8日から9日にかけて実施されており、八王子駅で出会ったのは、多摩川線へ向かう101系241F。この241Fは、およそ2か月前、2月16日に武蔵丘検修場を出場。どうしても汚れが目立つ白い車体だが、出場から、まだ2カ月程度と言う事もあり、八王子駅構内に佇む姿は、とても綺麗に見えた。

多摩川線へ向かう車両は、中央線の終電後に、武蔵境へと向かう為、その間、ビックカメラ前の留置線に押し込まれる事が多いが、たまたま、私が八王子に着いた時間帯が良かったのか、この位置に停まっていた為、私が八王子まで乗車して来た、相模線の205系との並びも押える事が出来た。相模線の205系と、西武鉄道の白い101系。普段は顔を合わせる事が無い両者が、このように顔を合わせるのも、甲種輸送中らしい光景である。

この日の撮影はこれまで。中央線、西武多摩湖線と乗り継いで帰宅した。

翌4月9日、今度は、多摩川線から戻ってくる、101系253Fの甲種輸送の撮影に出かけた。

未明に八王子駅に到着した253Fは、そのまま八王子駅構内で朝を迎え、10時51分、新秋津に向けて出発する。当初は、10時17分に出発する予定だったが、DJ鉄道楽ナビに、時刻変更の情報が流れて来た。当初の予定よりも、30分ほど遅くなった事になる。

この日、天候は曇であったが、ちょうど桜が満開となった。となると、甲種輸送列車の撮影も、桜を絡めて撮りたくなる。と言う事で向かった先は、立川~日野間の残堀川橋梁。小高い丘の上から、川沿いの桜を入れて撮影ができるので、季節感のある写真が撮れる。

立川駅南口から、バスに乗り込み、富士見町七丁目バス停で下車。ここから5分少々歩き、残堀川橋梁を見渡す事が出来る、小高い丘を目指す。現地には、甲種輸送列車の通過およそ20分前に到着したが、流石に、同じ事を考えている撮り鉄さんは多く、私が到着した時点で、10名ほどの先客がいた。とりあえず、先客の皆様の邪魔にならない場所で待機。先行列車を撮りながら、本番を待つ事に。そして、手元の時計で11時00分頃、253Fの甲種輸送列車が、残堀川橋梁に差し掛かった。

Simg_7d51137_01_2

EF65 2087号機に牽引され、新秋津を目指す101系253F。

満開の桜の中をゆっくり走る甲種輸送列車。この日、253Fを牽引して来たのは、EF65 2087号機。残念ながら、通過のおよそ5分前から、雨が降り出してしまい、最悪のコンディションではあったが、満開の桜と一緒に撮れた事は、嬉しかった。

この後、立川駅までバスで戻り、駅近くの飲食店で昼食を摂った後、西武線沿線へ移動する。とは言え、雨が降ったりやんだりと言う状況だったので、すっかりやる気をなくし、駅構内での撮影に切り替えてしまった。

Simg_7d51161

所沢駅6番線に停車中の263F+253F。

まず向かったのは所沢駅。13時30分頃、同駅の5番ホームに向かうと、隣のホームの無い6番線には、263F+253Fが停車中。前回、1月の甲種輸送の際、40000系の試運転列車との絡みと思うが、いつもより早めに小手指へ行ってしまっていたので、ここで追いつく事が出来るか、やや不安に思っていたが、今回は無事に追いつく事が出来た。背後に見える、所沢駅東口駅ビルの工事も進んでおり、253Fと建設途中の駅ビルとのコラボをしっかり撮影しておく。

Simg_7d51167

NACK5のラッピング電車との並び。

所沢駅では、5番ホームに到着する列車と253Fの並びも撮影する。ちょうど運良く、埼玉のFMラジオ局、NACK5のラッピング電車となっている6153Fによる急行飯能行きが到着したので、この編成との並びを撮影してみた。

この後、小手指へ先回り。雨は上がって来たが、また、いつ降り出すか解らないので、下りホームの池袋方先端で待機。ここでもホーム上から撮影する事にした。

Simg_7d51186

小手指駅に進入する263F+253F。

手元の時計で14時24分頃のこと。263F+253Fが、小手指駅3番ホームに到着した。まずは入線シーンを撮影した後、ホームの飯能方へ移動。

Simg_7d51199

263Fに牽引され、小手指車両基地へ入っていく253F。

小手指駅では、数分間停車した後、小手指車両基地へ、ゆっくりと進んで行った。私も走り去る253Fを後追い。

Simg_7d51201

引上線の東京メトロ7000系との出会い。

最後に、飯能方の引上線に入っていた、東京メトロ7000系と253Fの並びを撮って、253Fの甲種輸送の撮影を終了とした。

甲種輸送終了後、牽引役の263Fは、4月13日の夕方より、多摩湖線の運用に復帰した。一方253Fに関しては、まだ運用に就く姿を確認できていない。多摩湖線での運用復帰が待ち遠しい。

|

« 御殿場線山北駅を訪ねる | トップページ | 高崎車両センター107系 R3編成・R4編成・R5編成・R9編成が廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/65167715

この記事へのトラックバック一覧です: 西武多摩川線 101系241Fと253Fの甲種輸送を撮影する:

« 御殿場線山北駅を訪ねる | トップページ | 高崎車両センター107系 R3編成・R4編成・R5編成・R9編成が廃車回送される »