« 東武50050系 「クレヨンしんちゃん」ラッピング電車を撮影する | トップページ | 115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する »

東武8000系 昭和30年代の試験塗装リバイバルカラーになった8568F

ゴールデンウィークの東武鉄道撮影記も、今回が最終回となります。最後は8000系の話題。

総武線の亀戸と、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)曳舟駅とを結ぶ東武亀戸線。全列車8000系の2両編成で運転と言う、都会の中のローカル線と言うイメージの強い路線に、2016年3月から、昭和30年代の標準色を再現したリバイバル車両が走り始めた。そして、今年2月より、8000系8568Fが、リバイバルカラー第二弾として、同じく昭和30年代に、当時の主力車両である7800系で実施された、試験塗装の1つである、緑色にジャスミンホワイト帯に塗り替えられ、亀戸線や大師線での運行を開始した。

そこで、今回、この緑色のリバイバルカラーになった8568Fを撮影したい。まずは大師線をチェックしたが、走っていなかった。となると、あとは亀戸線と言う事になる。時間の都合で、今回は曳舟駅だけでしか撮影できない。とりあえずホーム上で待機していると・・・

Simg_7d51380

曳舟駅に進入する、緑のリバイバルカラー8568F。

なんと、一発で、お目当てのリバイバルカラー車、8568Fが入線してきた。まずは逆光ではあるが、進入シーンを撮影。

Simg_x7054

曳舟駅に到着した8568F。すぐに亀戸へ折り返す。

そして、停車してから再度撮影。こちら側は順光。もし、当時、この塗装が正式に採用されていたら、その後、登場する車両も、緑をベースにした塗装や帯になっていたのだろうか。撮影しながら、そんな事を考えてしまった。

ちなみに、この車両、「緑亀」という愛称が付けらているのとのこと。亀戸線を走る緑の8000系と言う事で、緑亀なんだろう。実際のミドリガメは、祭の縁日で金魚と一緒に売られていたが、近年では、飼いきれなくなった人が、池や川に放流し、このままでは日本の生態系を脅かす恐れがあるとして、特定外来生物に指定されてしまったが、電車の緑亀は、亀戸線の顔として、末永く活躍してほしい。そう願いながら、曳舟駅を後にした。

さて、冒頭でも触れたように、亀戸線を走る8000系は、大師線と共通運用となっています。私自身は、東武鉄道の運用に詳しくありませんが、後で聞いた話によると、午前中、亀戸線を走り、午後から大師線と言う運用が有るそうで・・・

Simg_7d51364

鐘ヶ淵駅を通過する8000系の回送列車。

亀戸線での運用を終えた8000系が、大師線の運用に就く為、西新井まで回送される。そんな列車を、偶然ではありますが、鐘ヶ淵駅で撮影していました。そんなワンシーンをご紹介して、この記事を締めさせていただきます。

|

« 東武50050系 「クレヨンしんちゃん」ラッピング電車を撮影する | トップページ | 115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:東武」カテゴリの記事

コメント

TOMOさん、亀戸線は地元路線で、自宅近くも通っております。
今回のは緑亀は通称で、ほかにリバイバル第1弾は赤亀と通称されていますよ。
次回検査まではそのままかと思います。
なお、運用としては北春日部~回送~亀戸線で2日過ごし、3日目の午前9時台で亀戸駅2番線留置~12時過ぎ回送で西新井~翌日昼間まで大師線運用~回送~北春日部です。
運用的には北春日部を出庫し、4日後の夕方に帰区する運用です。

投稿: 横山正典 | 2017/06/03 20:32

横山正典さん、コメントありがとうございます。

約1年ぶりに、亀戸線の列車も撮影してみました。昨年撮影したリバイバルカラー者は、赤亀と呼ばれているのですね。是非、赤と緑の並びも撮りたいです。

亀戸線の運用についての解説、ありがとうございました。

投稿: TOMO | 2017/06/08 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/65324599

この記事へのトラックバック一覧です: 東武8000系 昭和30年代の試験塗装リバイバルカラーになった8568F:

« 東武50050系 「クレヨンしんちゃん」ラッピング電車を撮影する | トップページ | 115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する »