« 115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する | トップページ | 高崎車両センター115系 T1030編成とT1044編成が廃車回送される »

弥彦線の専用車両となったE127系0番台車

115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する為に訪れた弥彦線。

前回乗車したのは15年以上前のこと。この時、この線を走っていたのは、ワンマン運転対応工事を受けた115系だったが、新型車両の投入により、2015年3月に引退していた。では、今の弥彦線は、どんな車両が走っているのだろうか。

Simg_7d51514

弥彦線矢作駅に進入するE127系0番台車。

115系のワンマン運転対応車に代わり、弥彦線の主となったのは、このE127系0番台車。2015年3月のダイヤ改正から、弥彦線の運用に就いていると言う。

E127系0番台車は、1995年、急行列車の運用から外れ、新潟地区の普通列車に使用されていた、急行型電車の165系を置き換える為に製造された。新潟都市圏でのラッシュ対策と、2両編成によるワンマン運転を考慮しており、座席はロングシート。東北地方各地に投入された701系電車とよく似ている。E127系0番台車は、13編成が製造されたが、V3編成が、2008年、越後線での踏切傷害事故に伴う列車火災事故の為、クモハE127-3が焼損。復活する事もなく2014年に廃車となった他、2015年3月には、北陸新幹線開業に伴い、並行在来線として経営分離された信越本線の新潟県内区間、えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン用に、10本が譲渡され、現在、JR東日本に残るのは、V12編成とV13編成の2編成のみとなってしまった。

Simg_x7066

弥彦駅に停車中のE127系。折り返しは新潟行き。

一気に少数派となってしまった、JR東日本所属のE127系0番台車。弥彦線では、現在も115系や新型車両のE129系による列車も存在するが、ワンマン運転を行う列車には、E127系が充当されている。出入庫の都合で、越後線を経由し、新潟まで直通する運用も存在するが、2編成しか存在しないと言う点からも、弥彦線専用車と言うイメージが強くなっている。

Simg_7d51524

一路、新潟へ向かうE127系0番台車。

弥彦線の運用に就いて2年。今や、弥彦線の主と言っても過言ではないE127系0番台車だが、この時撮影したV12編成が、現在、長野総合車両センターへ入場中とのことで、V13編成の孤軍奮闘が続いている事から、新型車両のE129系も、弥彦線のワンマン運転の列車に充当されているものと思われる。長野総合車両センターへ入場したV12編成は、入場ルートの関係上、中央本線を経由する為、パンタグラフを撤去し、EF64 1030号機に牽引されて向かったとのこと。廃車ではないと思われるが、2編成だけなら、今のJR東日本なら、新型車両へ置き換えることも充分に考えられる為、E127系0番台車の今後の行方も気になってしまう。単なる入場なのか。果たして真相は・・・

|

« 115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する | トップページ | 高崎車両センター115系 T1030編成とT1044編成が廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/65341709

この記事へのトラックバック一覧です: 弥彦線の専用車両となったE127系0番台車:

« 115系「懐かしの新潟色」編成を撮影する | トップページ | 高崎車両センター115系 T1030編成とT1044編成が廃車回送される »