« 西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | 西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その2 »

西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その1

個人的なお話で恐縮ですが、5月以降、本業が多忙になったり、町内会の活動に参加したり、ちょっと疲れ気味だったりで、弊ブログの更新頻度が落ちています。今回取り上げるお話は、本来であれば、6月中に、お伝えしなくてはいけない話題なのですが、前年に引き続き、今年も、このタイミングでの執筆となってしまいました。1か月以上前のお話ではありますが、6月3日に開催された、西武鉄道の恒例のイベント、西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場について書いていきたいと思います。今更ではありますが、備忘録として、お付き合いいただければ幸いです。

当日、まずは、会場へ向かう臨時列車の撮影からスタートする。臨時列車は、池袋発快速急行飯能行き(飯能から検修場行き)が1本、元町・中華街発快速急行Fライナー飯能行き(飯能から検修場行き)が1本、所沢発快速急行飯能行き(飯能から検修場行き)が1本、計3本の快速急行と、飯能~高麗間の臨時列車が10本運転される。

まずは、池袋から出発する、快速急行飯能行きの撮影からスタートする。池袋線の快速急行は、Fライナーなどの地下鉄線からの直通列車が主流となり、西武線池袋発の4ドア車による快速急行は、昨年の武蔵丘検修場のイベントに合わせた臨時列車以来と言う事になるのだろうか。この快速急行をどこで撮ろうかと時刻表を眺めていると、どうも、ひばりヶ丘で特急列車の通過待ちをするのではないかと言う事を発見。快速急行が特急に抜かれる瞬間を撮るのも悪くないなと思い、ひばりヶ丘駅へ向かう事にした。

自宅から、まずは久米川駅へ。そこから所沢経由でひばりヶ丘へ。到着後、早速、ひばりヶ丘駅に隣接する、ひばりヶ丘1号踏切へ。この踏切から続く、線路沿いの道からカメラを構える事にした。ちょうど、同じような事をお考えの方がお一人いらっしゃったので、ご挨拶の後、立ち位置を決める。そして、8時41分、1番ホームに、池袋からの快速急行飯能行き(飯能から検修場行き)が到着。更に2分後、3番ホームに急行池袋行きが到着。

Simg_7d52499

ひばりヶ丘駅に到着した快速急行飯能行きと、急行池袋行き。

この日、武蔵丘検修場へ直通する1本目の臨時列車となる、池袋からの快速急行飯能行きには、30000系30103Fが充当された。御覧のように、ひばりヶ丘駅では、2代目L-train、9108Fによる急行池袋行きとの並びが見られた。

Simg_7d52507

快速急行飯能行きを追い越す特急「ちちぶ7号」

そして8時45分、特急「ちちぶ7号」が、ひばりヶ丘駅を通過。既に快速急行飯能行きの発車時刻となっており、特急がやや遅れていたようだ。


Simg_7d52513

ひばりヶ丘駅を発車し、一路、武蔵丘検修場へ向かう30103F。

特急が通過からおよそ2分後のこと。30103Fによる、快速急行飯能行きが、約2分遅れで、ひばりヶ丘駅を発車。武蔵丘検修場へ向かった。

無事、1本目の検修場行きの撮影を終えた私は、ひばりヶ丘駅へと戻る。ここで、この後の撮影をどうするか、暫し考える事に。今回の電車フェスタ、検修場の撮影会場には、40000系が展示される事になっていた。3月にデビューしたばかりの40000系は、現時点で2編成のみ。この日は土曜日と言う事で、40000系は2編成とも「S-TRAIN」の運用に就いている。しかし、1編成は、夕方まで横瀬駅構内に留置する事になっており、今回の撮影会には、日中、横瀬駅構内で留置中の編成を、いったん、武蔵丘検修場まで回送させて展示させる事になっており、この送り込み回送も気になっていた。40000系の回送を撮ると、2本目の検修場行きは撮影できそうにない。

40000系の回送と2本目の検修場行き、どちらを撮るかを悩んだ挙句、選んだのは40000系の回送だった。とりあえず、ひばりヶ丘8時59分発の快速急行Fライナーに乗り込み、まずは飯能へ。

Simg_7d52524

4000系による高麗行き臨時列車。

飯能では、タイミング良く、9時31分発の高麗行き臨時列車が入線してきた。9時28分に到着する西武秩父からの5016列車の折り返しのようで、到着後、慌しく折り返して行った。

さて、私は、この後の西武秩父行きに乗り込み高麗へ。駅から歩いて15分ほどのところにある、通称「高麗カーブ」を見下ろす事が出来る場所へ。この時間帯、上り列車が順光で撮れる場所として考えたが、ここしか思い付かなかった。現時点で、40000系が、この時間帯に上り列車として、この場所を通過しすることは、普段ではありえない光景なので、この場所にも、既に何人か撮り鉄さんがいらっしゃるだろうと、覚悟して行ったのだが、40000系の回送狙いで、この場所に来たのは、何と私だけだった。とりあえず、先行列車で試し撮りをするが、季節柄、草がかなり伸びており、立ち位置が、なかなか決まらなかった。微調整を繰り返していると・・・

Simg_7d52544_edited2

武蔵丘へ回送される40000系40101F。

10時28分、40000系40101Fの回送列車が、通過して行った。撮影後、画像の写りを確認するが、背後の山をもう少し入れて撮れば良かったと、少しだけ後悔したが、それでも、この景色の中を走る40000系が撮れたと言う点では満足出来た。

そして、カメラを仕舞って、撤収しようとしたその時・・・

Simg_7d52556

鉄コン特急が通過。

10000系NRAによる臨時列車がやって来た。この列車は、これまでにも何度か運転されている鉄コン特急。出会いの場を求めて応募した男女が乗られている列車だ。この日、何組のカップルが誕生したであろうか。

この後、徒歩で武蔵丘検修場を目指す事に。

Simg_7d52557

東飯能~高麗間を行く4000系の西武秩父行き。

検修場へ続く線路沿いの道に差し掛かると、4000系による西武秩父行きがやって来た。そこで、私も4000系にカメラを向ける。ここでは、あえて、検修場へ向かうであろう家族連れを入れて撮影してみた。そして、そのまま歩き続けると、オリジナルのクリアーファイルを配布しており、今年もゲットする事が出来た。

さあ、貰う物を貰って検修場までもう一息。心臓破りの坂を登っていると・・・

Simg_7d52560

飯能駅~武蔵丘検修場間のシャトルバス。

検修場から、飯能駅へ向かうシャトルバスとすれ違った。行先表示が、フルカラーLEDとなったこともあり、御覧のように、電車を模したイラストまで表示できると言うのは凄い。まさに、こう言うイベント時のシャトルバスにはピッタリだ。

こうして、無事に武蔵丘検修場に到着。到着後は、早速、40000系撮影会の会場へと向かう。既に撮影会に参加する人たちの列が出来ており、今年は、休憩スペース、お遊び広場の方に列を作るようになっていた。この広場で並ぶ事、およそ20分。いよいよ40000系の撮影会が開始され、自分にも撮影の順番が回って来た。

Simg_7d52566

武蔵丘検修場に展示された40000系40101F。

留置先の横瀬駅から、この為だけに回送されてきた40000系40101F。これまで、武蔵丘検修場での電車撮影会は、必ず2編成が並ぶと言う形で行われていた。今回、検修場へ向かう臨時列車は、1本目が、この記事の冒頭でも触れた30000系30103F。2本目の横浜方面からの直通列車は6000系、そして3本目、立川真司さんによる車内アナウンスが行われる所沢からの列車にも、30000系30104Fが充当されている事が、Twitterの書き込みで解っていたので、この撮影会では、てっきり、スマイルトレインの30000系と、40000系との並びだろうと思っていたので、40000系のみの撮影会と言うのは、ちょっと物足りなさを感じてしまった。

Simg_7d52570

別角度からもう一度。

この時点で時刻は11時40分。少し早いが、今のうちに昼飯を摂る事にした。

その2へと続きます。

|

« 西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | 西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その2 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/65580576

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その1:

« 西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | 西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その2 »