« 平日朝ラッシュ時の西武新宿線を撮影する | トップページ | 惜別 大阪環状線の103系 »

高崎車両センター 107系R7編成とR8編成が上信電鉄へ

では、ここで順番を入れ替えまして、10月3日のお話です。

211系への置き換えが進む、高崎車両センター所属の107系。ついに、定期運用も終了し、10月7日に、吾妻線と両毛線で運転される、さよなら運転(団体列車)を以て、全ての運用が終了する事になっている。

運用を離脱した107系のうち、6編成が上信電鉄へ譲渡される事になっており、既に第一陣となるR13編成とR14編成が、8月23日に上信電鉄入りしているが、Twitterの書き込みによると、10月3日、第二陣となるR7編成とR8編成が、上信電鉄の高崎車両区へ回送されたとのこと。てっきり、譲渡回送は、さよなら運転が完全に終わってからだと思っていたので、このタイミングでの回送には、正直言って驚いた。

今回、上信電鉄入りしたR7編成とR8編成は、「ありがとう107系」のステッカーを貼り、最後まで定期運用に充当されていた車両。上信入りに際して、車体に貼られていた「ありがとう107系」のステッカーは、全て剥がされていたと言う。

ところで、このR7編成とR8編成だが、およそ10日前、9月23日に高崎を訪れた際に撮影したのが、JR線の線路上を走る同編成の最後の撮影となった。その時撮影したのが、この写真。

Simg_7d54670

先に上信電鉄入りしたR13編成とR14編成の横を通過する、R7編成+R8編成。(2017年9月23日撮影)

両毛線の普通列車に充当する為、高崎駅へ向かうR7編成とR8編成が、先に上信電鉄入りし、仲良く並んで留置されている、R13編成とR14編成の横を通過した瞬間をとらえたもの。一足早く、JR線から引退した2編成が、細々と活躍を続ける仲間を見守っているようにも見えた。

この後、高崎アリーナへと続く陸橋上へ移動し、留置中の107系を撮影してみた。

Simg_7d54679

陸橋の上から留置中の107系を眺める。

改造待ちの107系が更に増えた今、ここから見える光景は、既存の上信電鉄の車両よりも、107系の方が目立つようになってしまったのだろうか。

近日中に、高崎へ行って、その様子を確認してきます。

さて、高崎を訪れた9月23日は、運良く、弊ブログ10周年記念貸切列車に使用した、上信電鉄の150形153Fが運用に就いており、107系の並びを撮影した直後に、上り列車で高崎に戻ってきました。

Simg_7d54685

高崎アリーナの横を通過する、150形153F。

旧西武鉄道801系唯一の生き残りとなった、上信電鉄150形153F。この車両も、置き換えの対象となっているのは間違いない筈。

Simg_7d54701

再び下仁田へ向かう153F。107系の横を通過する。

私にとっても、思い出の車両なので、見かけた時は、積極的に撮影しておきたい車両。あと何回、153Fに出会う事が出来るだろうか。

|

« 平日朝ラッシュ時の西武新宿線を撮影する | トップページ | 惜別 大阪環状線の103系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:上信」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/65870959

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎車両センター 107系R7編成とR8編成が上信電鉄へ:

« 平日朝ラッシュ時の西武新宿線を撮影する | トップページ | 惜別 大阪環状線の103系 »