« 雪晴れの西荻窪で | トップページ | 郵便荷物電車の生き残り クモユニ143を撮影する »

さよなら189系M50編成 ラストランで長野へ

1月25日のお話です。

週末を中心に、新宿~河口湖間の臨時快速列車に使われながら余生を過ごす、豊田車両センターの189系。2018年1月1日現在、3編成在籍する189系は、M50編成が「あずさ色」、M51編成が国鉄特急色、M52編成が「グレードアップあずさ色」と、3編成とも違うカラーを纏い、我々鉄道ファンの目も楽しませてくれていたが、この度、「あずさ色」を纏うM50編成が引退することとなり、「さよなら189系ラストラン」ツアーを、JR東日本八王子支社が企画。1月20日には、「ホリデー快速河口湖号」で通い慣れた富士急行線へ向かうラストランが、そして1月25日には、廃車回送を兼ねた、長野へ向かうラストラン列車が企画された。

富士急行線へ向かうラストラン列車が運転される、1月20日は土曜日と言う事で、撮影に向かいたいところであるが、この日は生憎、高崎での法事に参列する事になり、撮影は不可能。でも、慣れ親しんだM50編成を、最後にもう一度撮りたい・・・

そこで、本業が忙しくなる前に、1月25日、職場に休暇を申請し、長野へ向かうM50編成を撮影する事にした。帰らぬ旅に出るM50編成をどこで撮るか。インターネットの天気予報の画面を見ながら、本当に前日深夜まで悩んだが、他に撮りたい物もあったので、早朝の北陸新幹線で長野へ。そして、午前中にそれらの撮影を済ませた後、篠ノ井線で撮影する事にした。

長野駅11時12分発の快速松本行きに乗り込み、篠ノ井線へ向かう。色々と検討した結果、駅からも手軽に訪れる事が出来る、西条(にしじょう)駅近くの撮影ポイントに向かった。ここは、駅から徒歩10分程度で辿りつけるポイントであり、トンネルを出て、直線区間を快走する列車を撮影する事が出来る。雪の影響で、列車は少し遅れていたものの、撮影ポイントには、M50編成通過の約1時間前には到着する事が出来た。日陰の寒い場所であるが、既に20人以上の撮り鉄さんが集まっており、私も、その場所に入れさせていただき、先行列車を撮影しながら、M50編成を待つ事に。

そして、現地到着から、およそ1時間20分後のこと。ついに、M50編成が姿を現した。

Simg_7d59065

篠ノ井線を行く、189系M50編成。ラストランの終着駅、長野まではあと少し。

ツアー客を乗せて、篠ノ井線を走る189系M50編成。JRの車両としての最後の目的地である長野駅まで、残り40キロほどとなった。最後の最後までお客さんを乗せて、最終目的地に向かうと言う事は、鉄道車両としては、とても幸せな幕の引き方なのかもしれない。

この後、私は西条駅に戻り、篠ノ井線の列車に乗って再び長野へ。駅ビル内の蕎麦屋さんで、美味しい信州そばを堪能してから、M50編成のその後を確認したいと思い、しなの鉄道北しなの線の列車で、隣の北長野駅へ向かう事にした。その際、北しなの線の車内から、カメラを向けてみると・・・

Simg_7d59112

ラストランを終えて、189系N102編成と並ぶ、189系M50編成。

長野総合車両センターに入庫した、189系M50編成は、御覧のように、「あさま色」を纏う、長野総合車両センター所属の189系N102編成と、仲良く並んで留置されていた。M50編成もN102編成も、共に189系。上野~長野・直江津間を結んでいた、信越本線の特急「あさま」用として誕生した車両であり、1997年の長野(北陸)新幹線開業前は、まさに、東京と長野を結ぶ列車の主役だった。今、ラストランを終えたM50編成が、こうしてN102編成と再会している場面を撮れた事は嬉しかった。

この後、M50編成とN102編成の並びを、もう少し近くから撮りたいと思い、北長野駅から長野総合車両センターへ向かって歩いてみた。しかし、M50編成は、清掃作業の為、車両センターの洗浄線へ移動してしまった後で、並びを撮る事は出来なかった。

私は、洗浄線を見渡せる陸橋上から、189系M50編成を撮影することにした。そして、暫くして、長野色を維持している、しなの鉄道の115系S15編成による長野行きが通過した。そこで、この編成の折り返しを待つ事に。

Simg_7d59145

北しなの線の115系との出会い。

1998年、長野で開催された冬季オリンピックを前に、JR東日本長野支社管内に配属されている115系は、全てこのカラーに塗り替えられたが、今や、このカラーで残っているのは、新潟車両センターにいるL99編成と、しなの鉄道に残るS15編成のみ。中央本線の特急「あずさ」「かいじ」用の183系・189系も、この長野五輪に合わせて、塗り替えられた。オリンピックを機に誕生したカラー同士の並びの撮影を以て、M50編成の撮影を終える事にした。

最後に、M50編成の現役時代の写真を数枚ご紹介して、この記事を締めたいと思います。

Simg_7d5248

「モモずきん」のラッピング仕様となったM50編成。(2011年8月6日、上野原で撮影)

JRの山梨キャラクター、「モモずきん」のラッピングを施した事もあるM50編成。当時、このラッピング仕様が、あまり好きになれず、駅間での走行シーンを撮影したのは、僅か数回程度。今思うと、もう少し撮っておけば良かったと後悔しています。

Simg_7d33396_1

雪が残る富士急行線内を行くM50編成。(2015年1月17日、三つ峠~寿間で撮影)

通い慣れた富士急行線内を行くM50編成。この日は、115系の撮影が目的でしたが、M50編成も撮影。

Simg_7d38482_2

臨時あずさ号に使用されたM50編成。(2015年9月19日、国分寺~西国分寺間で撮影)

再掲となりますが、臨時の「あずさ」に使用されたM50編成の画像。2015年に撮影したものですが、これは、私自身、これまで撮影してきたM50編成の画像の中で、一番のお気に入りです。ご縁があり、トミックスのM50編成製品化決定のポスターに使用していただいたのも、良い思い出です。

M50編成、お疲れ様でした。

|

« 雪晴れの西荻窪で | トップページ | 郵便荷物電車の生き残り クモユニ143を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66337777

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら189系M50編成 ラストランで長野へ:

« 雪晴れの西荻窪で | トップページ | 郵便荷物電車の生き残り クモユニ143を撮影する »