« さよなら西武9000系9101F 横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された9000系9101Fと9107F »

惜別 高崎車両センター115系 定期運行最終日の記録

別れの春。3月17日に実施されたダイヤ改正では、北関東の地域輸送を支えてきた、高崎車両センターの115系も、E233系の増備に伴いねん出された、211系に置き換わり、定期運行を終える事になった。

ダイヤ改正の1日前である3月16日、私は休暇を申請し、ダイヤ改正を機に引退する車両を記録する事に。まず、E351系の「中央ライナー」を国分寺で撮影した後、西国分寺駅周辺で朝食を食べ、むさしの号で大宮へ。そこから高崎線の普通列車で一気に高崎へ向かった。

高崎車両センターの115系は、最終日である3月16日の朝も、淡々と運用をこなしていた。しかし、明日からは、全ての列車が211系での運転となるため、どこかで115系から211系へ車両交換を行う事が充分に考えられる。既に、両毛線、上越線、信越本線、吾妻線と、どの線でも211系は運行されている為、簡単に車両交換は出来る。それだけに、この日の撮影は午前中が勝負となる。幸いなことに、10時台は、高崎から北へ向かう普通列車のうち、10時24分発の上越線水上行き、そして10時44分発の吾妻線大前行きと、2本続けて115系で運転される列車がある。最後に乗り納めもしたい。

そこで、上越線の水上行きに渋川まで乗車。そして、後続の吾妻線大前行きと、水上から戻って来る115系を、渋川駅から徒歩圏内の撮影ポイントで撮影しようと言う事にした。まずは、水上行きの入線シーンを撮るためにホームへ。水上行きは6番線からの発着なので、向かい側の7番線へ行くと、平日にもかかわらず、多くの撮り鉄さんが待機していた。

10時18分頃、6番線に115系が入線。早速撮影を開始するが・・・

Simg_7d60117

高崎車両センターの115系もついに定期運行終了。最終日、上越線731Mの運用に就く、T1039編成+T1038編成。

この日、上越線の水上行き731Mの運用に就いていたのは、T1039編成+T1038編成の6両編成。7番線には、115系を撮ろうとする撮り鉄さんが押し掛けており、特にスマートフォンで撮ろうとしている人が、前の方で黄色い線から出て撮影している為、なかなか上手く撮影出来ない。結局、前の人が入った状態で撮影したものをトリミングして対応した。

撮影後、私は急いで6番線へ。停車中の115系に乗り込む。前3両は、各車両とも座席が埋まっていて、立っているお客さんもいたが、後ろの方へ進んで行くと、座席も空いており、後ろから2両目、モハ114-1038に乗車。空いている座席に腰を下ろした。

列車は、定刻通り、高崎を発車。高崎問屋町、井野、新前橋と、いつも通り、各駅に停車しながら水上を目指していく。そして、新前橋を過ぎたあたりから、青春18きっぷシーズン対策なのか、車内改札担当の車掌による検札が実施された。最近では、検札も少なくなってきているが、なんとなく国鉄時代にタイムスリップしたような光景だった。車掌に青春18きっぷを見せると、数分で渋川に到着。私の高崎車両センター115系の乗り納めも、ここで終了となった。

S_20180326_071946

横断幕を持った職員が115系をお見送り。

ホーム上には、「ありがとう115系」と書かれた横断幕を持った職員達が、115系を見送っていた。115系が現場の人たちからも愛されていた事が、見ている私にも伝わって来た。

この後、約20分後に、吾妻線大前行き527Mがやってくる。この列車を渋川駅周辺で撮りたいと思っているのだが、とりあえず、スマートフォンで地図を表示させて、上越線と吾妻線との分岐ポイントを目指し歩き始める。駅から10分少々歩いたところで、吾妻線の線路沿いに出た。この道を少々進んだところで、撮影出来そうな場所を発見。ここで列車を待つ事にした。

Simg_7d60125

吾妻線、渋川~金島間を行く115系T1022編成。

現地到着からおよそ3分後。大前行き527Mがやって来た。この日、527Mの運用に就いていたのは、T1022編成。昨年春のダイヤ改正以後、115系が3両編成で走るのは、吾妻線に入る運用のみで、それ以外は、全て6両編成での運転。その為、最終日に3両編成で走る光景は、残しておきたかった。

模型の話になってしまうが、最近、トミックスで、高崎車両センターに所属する115系1000番台車のうち、リニューアル改造を受けた3両編成が製品化された。この製品化に伴い、製品化決定のポスターや製品のインサート写真を、鉄道ダイヤ情報にも連載記事を持ち、西武鉄道のカレンダーの写真も撮影されている、カメラマンの村上悠太氏が担当されているが、製品のインサート写真を見ると、どうやら、私が撮影したこの場所とは、線路を挟んで反対側付近、それほど離れていない位置で撮影されたように見える。製品が3両セットと言う事で、3両編成で運転されている、吾妻線の列車にターゲットを絞ったのだろう。

この後、731Mとして水上へ向かったT1039編成+T1038編成の折り返し列車、738Mを撮影するが、渋川と言う事で、ここから近い第一利根川橋梁を目指す事にした。スマホの地図を頼りに歩くことおよそ10分。大正橋に到着した時は、まだ時間も早かった事から、先客は僅か1名。コンビニで買ったお茶を飲みながら待っていると、徐々に人が増え始めた。最終的には、この場所にも10名以上の撮り鉄さん達が集まったので、早めに来て正解だった。

Simg_7d60145_1

第一利根川橋梁を行く738M。

手元の時計で12時12分頃のこと。水上からの738Mが、第一利根川橋梁に差し掛かった。この鉄橋では、6両編成だと、長い編成は絵になる。お天気が残念ではあったが、6両編成の撮り納めをここで出来た事は良かったと思う。

この後、駅近くのラーメン店で昼食を摂った後、吾妻線の大前から戻って来る、T1022編成による536Mを撮るため、吾妻線内へ進んで行く。お恥ずかしい話、実は、私自身、これまで吾妻線には乗った事が無く、吾妻線内で最初で最後の115系を撮ろうと言うのが、今回の狙いだった。とりあえず、渋川から2駅目で、駅近くに有名撮影ポイントが何箇所かある祖母島駅を目指す事にした。初めて乗る吾妻線。そして、初めて降りる祖母島駅。何もかも新鮮に見えたが、降り立った祖母島駅は、周りには数軒の民家があるだけの無人駅だった。とりあえず、駅から5分ほど歩いたところにある、有名撮影ポイントの一つである鉄橋を目指してみたが、ここは正面気味になってしまう事と、川から伝わって来る冷たい風に耐えられなくなり、特急列車を撮影しただけで、駅へ戻ってしまった。

祖母島駅周辺。とにかく風が強くて、立っているのも辛くなってきた。仕方なく駅へ戻り、536Mが来るまで、駅の待合室で待機することにしたのだが、待合室と言っても、閉め切れる訳ではなく、ここも寒い。それでも、何も無い場所にいるよりはマシと言う事で、ここで待つ事にした。

1時間以上、駅で過ごした後、536Mが来る10分ほど前に、撮影地へ移動。曇り空と言う事で、線路の東側、畑の中を貫く道路上から、T1022編成を撮る事にした。

Simg_7d60178_01

祖母島駅に進入する115系T1022編成。

15時39分頃のこと。大前からの高崎行き538Mがやって来た。直前の強風に煽られてしまったからか、微妙にピントが甘くなってしまい、帰宅後、編集ソフトで試行錯誤を繰り返しながら、何とか見られる状態に。

Simg_7d60184

駅の近くに移動し、停車中の538Mを撮影。

そして、急いで駅の真下まで移動し、祖母島駅に停車中のT1022編成を撮影する。改めてT1022編成を見てみると、リニューアル工事を受けながら、3両ともクーラーが旧式のAU75Cのままとなっている。リニューアル車で、クーラーがAU75Cのままと言うのは、このT1022編成のみと言う事で、ある意味、レアな車両に当たった事になる。

なお、本来であれば、吾妻線には、この後も、115系による列車があるのだが、翌日のダイヤ改正に備えて、予め211系に運用変更が掛けられており、高崎車両センター所属の115系による定期運行の列車は、この538Mを以て、全て終了と言う事になってしまった。

115系の運行も全て終了したと言う事で、あとは吾妻線から撤収。と言う事になるのだが、戻る列車が来ない。そして寒いと言う事で、青春18きっぷの強みを生かして、待ち時間が短かった下り列車に乗って、未乗区間を乗り鉄。結局、中之条駅まで乗車し、ここで上り列車に乗り換え、新前橋へ向かった。

Simg_7d60194

定期運行を終えた115系が、高崎車両センターに入庫していた。

新前橋駅のホームから、高崎車両センターを眺めてみると、運行を終えた115系が、車両センターの奥に3本、留置されているのが見えた。まずは、手前にいたクモヤ145を含めて撮影してみる。そして、115系に近付いてみると、クモヤ145のすぐ後ろにいたのは、現存する高崎車両センター所属の115系の中で、唯一、リニューアル工事を受けていなかった、T1040編成だった。そこで、このT1040編成を、ホーム上から1両ずつ撮影する事にした。

Simg_7d60198

クモハ115-1030

T1040編成の水上・小山方の先頭車となるクモハ115-1030。今まで何度か撮影していたのだが、改めて見てみると、正面のHゴムは黒いHゴムを使用しているが、側面の扉や戸袋窓のHゴムはグレーである事を発見。真横だけ見たら、国鉄時代に近いと言う事を、この時、再発見した。

Simg_7d60199

モハ114-1040

T1040編成の中間車であり、編成番号の由来ともなっている、モハ114-1040は、クモハとは対照的に、扉・戸袋窓のHゴムが全て黒。

Simg_7d60200

クハ115-1030

T1040編成の高崎方先頭車であるクハ115-1030。この車両も、中間のモハ114-1040同様、Hゴムは黒で統一されている。改めて見ると、クモハ115-1030だけ、グレーのHゴムが残されていると言うのは、奇跡とも言えるのかもしれない。

こうして、高崎車両センターの115系は、陽が暮れる前に、定期運行を終了してしまった。いつまでも、この場に留まって115系を見ていたいと言う気持ちもあったが、この後の予定もあり、翌週のさよなら運転での再会を誓って(?)、新前橋から撤収。東京方面へ向かった。

|

« さよなら西武9000系9101F 横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された9000系9101Fと9107F »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66538621

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別 高崎車両センター115系 定期運行最終日の記録:

« さよなら西武9000系9101F 横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された9000系9101Fと9107F »