« さよなら西武9000系9107F 横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | さよなら西武9000系9101F 横瀬車両基地へ廃車回送される »

惜別 E351系「スーパーあずさ」

春は出会いと別れの季節。

今年も、2月から3月にかけて、ダイヤ改正を実施する鉄道会社が多く、ダイヤ改正を機にデビューする車両・列車もあれば、入れ替わりに去りゆく車両、廃止となる列車がある。

別れの春。中央本線では、20年以上に亘って、看板列車である「スーパーあずさ」に使用されてきたE351系が、このダイヤ改正を機に引退する事になった。昨年12月には、一部の「スーパーあずさ」が後継車両であるE353系に置き換えられ、年が明けると、E351系で運転される「スーパーあずさ」に、カメラを向ける鉄道ファンを多く見かけるようになってきた。

2月に入り、本業多忙な時期となると、土曜日も出勤するようになる。休日出勤と言う事で、服装もラフな格好で出掛けていた為、デジタル一眼レフカメラも持参。昼休み、西荻窪駅へ向かい、E351系にカメラを向けていた。

Simg_7d59302

西荻窪駅を通過するE351系「スーパーあずさ」。(2018年2月10日撮影)

新宿駅を12時ちょうどに発車する「スーパーあずさ15号」。西荻窪駅で撮るには、2時間後の「スーパーあずさ19号」の方が、光線状態も良好なのだが、仕事の休憩時間を利用して撮影するんだから、それは無理な話。それでも、こうやって一眼レフを使って撮影すれば、気分転換にもなるのだが、西荻窪駅でも、この列車にカメラを向ける鉄道ファンが多く訪れるようになってきたので、ここで撮るのは、この日を最後にした方が良いかな・・・と思うようになった。

ダイヤ改正まで、残り1ヶ月を切ると、これまで、E351系は何度も撮影しているにも関わらず、自分自身にも多少焦りが出てくる。残りの時間を使って、どこで撮影するか。時期的に、山梨県内や長野県内などの有名撮影地等へは行っている余裕が無い。では、近場で撮っていない場所・・・と考えていたら、ある事を思い出した。

E351系で運転される「スーパーあずさ」は、新宿~松本間の運転が主体なのだが、上りの「スーパーあずさ6号」だけは、東京行きとして運転されている。そう言えば、東京駅でE351系をまともに撮った事が無かった。最後に、東京駅に入線するE351系を記録しておこう。2月25日、日曜日の朝、私は東京駅へ向かった。「スーパーあずさ6号」の到着15分ほど前に着くと、ホームの先端には、同じ事を考えていた鉄道ファンが3人待機していた。早速、私もホームの端へ。ホームに快速電車が到着する度に、少しずつ人が増えて、最終的には8人ぐらいに達しただろうか。そして、10時50分頃のこと。E351系の姿が見えてきた。

Simg_7d59645

松本からの長旅を終えて、東京駅へ進入するE351系。(2018年2月25日撮影)

E351系は、この時点で8両編成の基本編成と、4両編成の増結編成が、それぞれ3編成ずつ残されており、うち1編成ずつが、クーラーの形状などに特徴のある量産先行車であるが、この日、東京駅に乗り入れて来たのは、量産先行車のS21編成+S1編成。まさに、トップナンバーの車両だった。

Simg_x8283

赤レンガの駅舎と一緒に。(2018年2月25日撮影)

「スーパーあずさ6号」は、東京駅1番線に到着したので、御覧のように、赤レンガの駅舎との組み合わせはバッチリだった。ドアが開く前に、この組み合わせを撮影したが、これが大正解。列車が到着すると、「スーパーあずさ」から降りてきたお客さんが、記念に撮影しようとホームの端に流れてきたため、ホームの先端は、混雑が激しくなった。私は、その人たちを横目に少しずつホームの中ほどへ移動。

S_20180225_111312

「スーパーあずさ 東京行き」の方向幕も記録。(2018年2月25日撮影)

E351系の東京行きの方向幕などを撮影した後、2番線に停車していた快速電車に乗り込み、お隣の神田駅へ移動した。ここで、東京駅から回送列車として折り返してくるE351系を撮るのだが、撮影場所となる3・4番線ホームの東京方へ向かうと、同じ事を考えていた撮り鉄さん達が、既に待機していた。

京浜東北線の電車を交わしながら待つこと、およそ10分。ようやく、E351系の姿が見えてきた。

Simg_7d59662

東京駅から回送列車として折り返してくるE351系。(2018年2月25日撮影)

まずは、東京駅を出発し、坂を下りてきたところを撮影。この時点では、正面の表示も「回送」と表示されている。

Simg_7d59669

神田駅に差し掛かるE351系の回送列車。(2018年2月25日撮影)

続いて、手前まで引き付けて、神田駅周辺のビルを背景に入れて、神田駅に差し掛かるところを撮影。この時点では、正面の表示が「回送」から違う表示に変わっていた。まあ、正面の表示は、タイミング次第なので、これは仕方が無いこと。まあ、京浜東北線の電車や、中央線の上り電車に被られることなく、撮る事が出来たのだから喜ばなくては・・・

そして、いよいよ運行最終日となった3月16日。この日は、本業の方も一区切りついた事で、久々に休暇を申請していた。ダイヤ改正の前日と言う事で、やはり、最終運行となる、ある車両を撮るために休暇を申請したのだが、目的地に行く前に、E351系の撮り納めをする事にした。

Simg_7d60088

E351系による「中央ライナー2号」が国分寺駅を通過する。(2018年3月17日撮影)

この日は平日ダイヤ。中央快速線では朝夕の通勤時間帯に、特急型車両を使用した有料ライナー列車「中央ライナー」と「青梅ライナー」が運転されており、E351系も、朝の上りと夜の下り1本ずつ「中央ライナー」を担当している。これまで、E351系の「中央ライナー」は、殆ど撮った事が無く、置き換えが決まってから、平日夜の「中央ライナー」を新宿駅で撮ったこともあったが、発車間際に行ったため、ろくに撮れる場所が無く、失敗に終わっていた。最終日までの間に、朝か夜、どちらかで一度撮影しようと思っている間に、最終日を迎えてしまい、朝の「中央ライナー」を、国分寺駅で撮影してみた。この日は、曇り空で、なかなか露出が上がらず、かなり暗く写ってしまったのだが、E351系正面にある表示器の「中央ライナー」の文字も、はっきり写っており、早起きして、撮影に臨んだ甲斐があった。

私自身、E351系は充分に撮ったと判断し、E351系の定期運行の撮影も、この列車を以て終えることとした。

定期運行から離脱したE351系は、この後、順次廃車になると報道されているが、4月7日には、松本~新宿間に「ありがとうE351系 松本~新宿ラストランの旅」と言うツアー列車が企画されており、この列車の運転を以て、全ての運用を終了する予定となっている。もう一度、見に行けると良いのだが・・・

E351系、お疲れ様でした。

|

« さよなら西武9000系9107F 横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | さよなら西武9000系9101F 横瀬車両基地へ廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66515452

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別 E351系「スーパーあずさ」:

« さよなら西武9000系9107F 横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | さよなら西武9000系9101F 横瀬車両基地へ廃車回送される »