« 少しだけ伊豆箱根鉄道駿豆線を撮影する | トップページ | さよなら189系M52編成 長野総合車両センターへ廃車回送される »

西武園線を走る101系251Fを撮影する

4月23日から、西武園線の折り返し運用に就いている、101系ワンマン車251F。

当初は、ワンポイントリリーフかと思いきや、翌日以降も西武園線の運用に就き、そのまま週末を迎えた。このまま行けば、土日も走るのではないか。そんな気持ちでゴールデンウィークの初日を迎えたが、28日朝、西武線アプリを確認すると、西武園線に表示される列車アイコンは、101系ではなく2000系だった。

そもそも101系が充当されること自体、イレギュラーな訳で、車両運用に余裕がある休日ダイヤでは、2000系に戻ってしまうのだろう。そう思っていたのだが、本日午前中、再び西武線アプリを見ると、なんと西武園線の列車アイコンが101系!これは撮影に行かなくては・・・

午後から、買い物とサイクリングを兼ねて、自転車で自宅を出発。向かったのは、北山公園。毎年6月になると、園内の花菖蒲が花を咲かせ、「花菖蒲まつり」も開催されている。この公園内から、西武園線を走る101系を撮る事にした。駐輪場に自転車を止めて、園内を散策。線路に最も近付ける場所でカメラを構える事にした。

園内で待つことおよそ5分。251Fの西武園行きがやって来た。

Simg_7d61148

西武園線を走る101系ワンマン車251F。

公園内、線路に一番近い場所から撮影と言う事で、広角で撮影。カツカツな写真ではあるが、迫力ある写真が撮れたと思う。

この後、西武園から戻って来る東村山行きを撮影するのだが、上り列車は、公園内ではなく、公園から出た住宅地から撮る事にした。折り返してくるまで5分ほどしかなかったが、自転車だったので、充分に間に合った。

Simg_7d61154

折り返し東村山へ向かう101系ワンマン車251F。

逆光気味ではあるが、狭山丘陵の緑を背景に、普段は見られない「東村山」の幕を掲出した白い101系ワンマン車を撮れて満足。撮影後は、イトーヨーカドー等に立ち寄り、買い物をしてから帰宅した。

さて、西武鉄道では、毎年6月上旬に、埼玉県日高市にある、武蔵丘検修場の公開イベント、「西武電車フェスタin武蔵丘検修場」を開催していますが、今年も6月2日(土)に開催される事が、4月26日、公式サイト内のニュースリリースに掲載されました。そのリリース内に、西武鉄道グループである近江鉄道の開業120周年を記念し、101系ワンマン車1編成に、近江鉄道100形のカラーリングを施し、このイベント会場で、先行公開する事が発表されました。

Simg_7d26794_1

参考:近江鉄道100形。

近江鉄道の100形は、西武鉄道の新101系を譲り受けた車両。その為、101系ワンマン車に、この塗装を施しても、近江鉄道の雰囲気は味わう事が出来ます。入場順からすると、今回、西武園線の運用に就いた251Fが、そのまま、多摩湖線に戻ることなく、武蔵丘検修場に入場。塗装変更と言う流れになるのでは?と予想しています。

しかし、251Fは、元々、多摩川線の車両。と言う事は、近江鉄道カラーの車両も、最終的には多摩川線に行くのか・・・その辺りも気になりますが、いずれにしても、近江鉄道カラーの車両が、多摩湖線を走る事は間違いないので、お披露目及び出場が楽しみであります。

|

« 少しだけ伊豆箱根鉄道駿豆線を撮影する | トップページ | さよなら189系M52編成 長野総合車両センターへ廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66664510

この記事へのトラックバック一覧です: 西武園線を走る101系251Fを撮影する:

« 少しだけ伊豆箱根鉄道駿豆線を撮影する | トップページ | さよなら189系M52編成 長野総合車両センターへ廃車回送される »