« さよなら189系M51編成 ラストランで長野へ旅立つ | トップページ | 311系の特別快速・新快速を撮影する »

中京地区の貨物列車を撮影する

5月3日から4日にかけてのお話です。

ゴールデンウィーク後半戦。3日から4日にかけて、1泊2日で名古屋方面へ出掛けてきた。今回の遠征の目的は、6月末で閉店となる、名古屋の老舗百貨店、丸栄百貨店で開催される鉄道模型展を見学し、会場で発売される、トミックスのイベント会場限定品、「ED62 14号機浜松工場入替機仕様」を購入する事。そして、去就が注目されている、愛知機関区のDD51等、中京地区を走る貨物列車を出来るだけ撮りたい。

そこで、遠征初日の5月3日は、15時頃から、名古屋駅から東海道本線の普通列車で清州駅へ。この駅で、暫くの間、貨物列車を中心に撮影してみた。

Simg_7d61174

DD51 1028号機+DD51 1146号機が牽引する8075列車。

15時54分頃、稲沢駅方面から、DD51重連による、塩浜行き8075列車がやって来た。連休中だったので、実際に来てくれるかどうか心配だったが、しっかりと重連でやって来てくれた。よく見ると、2両目のDD51 1146号機は、旋回窓付き。この車両は、2013年に、北海道の鷲別機関区から愛知機関区に転属してきた。まさに、北海道時代の名残を感じさせる車両であり、先頭ではないものの、ちょっと変わった車両を撮影する事が出来た。

そして8075列車の通過から、およそ10分後の事。名古屋方面から、こんな列車がやって来た。

Simg_7d61187

DF200-220号機が牽引する8380列車。

四日市発の8380列車。タキの先頭に立っていたのは、北海道からやって来たDF200。関西本線を中心に活躍しているDD51の置き換え用として、北海道からやって来た。本州への転用に際して、保安装置の変更等、本州で使用するにあたっての改造が、川崎重工業で行われ、その際に、元番号+100に改番。新たに200番台となって、愛知機関区に配属されている。

Simg_7d43221

DF200の進出により、DD51の置き換えが始まり、国鉄色を纏うDD51は、運用を離脱してしまった。(2016年3月18日撮影)

現在、愛知機関区には、DF200が3両配属され、従来、DD51が担当していた運用を、少しずつDF200に置き換えており、今回の遠征中に、一度は、DF200を撮れるかと思っていたが、早速、遭遇する事が出来た。

なお、愛知機関区には、国鉄色を維持していたDD51が2両(853号機・1805号機)配属されていたが、DF200の進出により、2両とも運用を離脱してしまった。

DD51とDF200、関西本線を走る新旧のディーゼル機関車が撮れたので、ここで一息・・・つく間もなく、今度は、こんな列車がやって来た。

Simg_7d61194

EF210-142号機が牽引する笠寺行き8784列車。

DF200による8380列車通過から、およそ5分後のこと。今度は、EF210-142号機が牽引する、乙女坂発笠寺行き8784列車がやって来た。石灰石を運ぶ、通称「赤ホキ」。貨車だけ見ると、かつて、青梅線で撮影したホキ2500を思い出してしまう。

そして、8784列車通過から、およそ20分後。名古屋方面から、こんな列車がやって来た。

Simg_7d61204

EF64 1042号機が牽引する5767列車。

衣浦臨海鉄道の碧南市からやって来た、フライアッシュ・炭酸カルシウム輸送列車の5767列車。石灰石を運ぶ「赤ホキ」に対抗して、こちらは、「白ホキ」とも呼ばれている。

この「白ホキ」だが、稲沢駅に到着すると、折り返し関西本線で富田へ。更に、富田から三岐鉄道に入り、東藤原まで運転される。折り返しまで時間がたっぷりあり、更に、関西本線の蟹江駅でバルブ撮影が出来る事が解っていたので、ここで清州駅から撤収し、丸栄百貨店へ向かう事にした。311系による上り列車に乗り込むと、ちょうど国鉄色のEF64を先頭にした貨物列車と並走する形になった。その貨物列車をすぐに追い越したので、隣の熱田駅で下車し、この列車を撮影する事にした。

Simg_7d61213

熱田駅を通過する8885列車。

私が乗車した普通列車と並走する形となったのは、名古屋から中央本線に入り、南松本へ向かう8885列車。先程、DF200-220号機が牽引してきた、四日市からの8380列車を受け継いだ列車である。ちなみに、先頭に立つEF64 1028号機は、2017年11月に、国鉄色となって大宮車両所を出場した。これはEF65にも言える事なのだが、現存するJR貨物所有のEF64とEF65は、全て更新工事を終えているので、今後は更新車と塗装を区別する必要性が無い事から、少しでも塗装コストが掛らない、国鉄色に順次変更していくとのことで、更新色の車両は、少しずつ姿を消していく事になると言う。これからは、更新色もしっかり押さえておかなくては・・・

この後、改めて熱田駅から上り列車に乗り込み名古屋駅へ。更に地下鉄に乗り換えて、栄へ。丸栄百貨店で開催中の鉄道模型展を見学し、限定品も無事購入完了。東藤原へ向かう、フライアッシュ・炭酸カルシウム輸送列車の5283列車を撮ろうと、蟹江へ向かった。5283列車が蟹江に着くのは20時頃とのことで、私は20分ぐらい前に蟹江へ。現地に着くと、先客が4人ほど待機しており、ご挨拶をした後、5283列車の到着を待った。しかし、20時を過ぎても姿が見えない。結局、20時30分頃まで待ったが、現れず、撤収する事にした。

そして、翌日。私は三岐鉄道三岐線へ。10時頃、保々駅に立ち寄ってみると・・・

Simg_7d61248

保々駅には、フライアッシュ・炭酸カルシウム輸送列車が停車していたが・・・

構内には、前夜、撮影出来なかった、フライアッシュ・炭酸カルシウム輸送列車が、三岐鉄道の機関車と連結された状態で停車していた。しかし、機関車のパンタグラフは下がったまま。どうやら、連休の影響のようで、前夜、フライアッシュ・炭酸カルシウム輸送列車が蟹江に現れなかったのも、まだ、保々駅に留置中の列車があるからと言う事だったのかもしれない。

この日は、昼過ぎまで、三岐線で西武鉄道からの譲受車を撮影。そして、昼食休憩を挟んだ後、西藤原まで往復してきたが、東京に帰るまで、もう1本ぐらい、DD51牽引の列車を撮りたい。そう思い、夕方、弥富へ。

Simg_7d61335

弥富駅を発車する8075列車。

17時10分頃のこと、塩浜行き8075列車が弥富駅を発車した。前日も清州駅で撮影した列車であるが、この日は、連休の影響からか、機関車は単機。更に、タキの両数も、前日と比較すると、やや少なめと言ったところ。

Simg_7d61341

近付いてきたところで、もう一度撮影。

この日、8075列車を牽引したのは、DD51 857号機。この8075列車、弥富駅では、中線に約20分停車し、下りの特急列車等を先に通す事になっていた。その為、弥富駅出発時には、それほどスピードが出ていない為、何度も撮影チャンスがあった。機関車も単機牽引、タキもやや短めではあったが、光線状態は、御覧のように文句なしの状態。この状態で撮影できたことを、素直に喜んだ。

愛知機関区のDD51、今回の遠征では、3両の機関車を撮影する事が出来た。また、近いうちに、改めて関西本線沿線を訪れて、DD51を撮りたい。次は6月に入ってからかな?

|

« さよなら189系M51編成 ラストランで長野へ旅立つ | トップページ | 311系の特別快速・新快速を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:三岐」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66702136

この記事へのトラックバック一覧です: 中京地区の貨物列車を撮影する:

« さよなら189系M51編成 ラストランで長野へ旅立つ | トップページ | 311系の特別快速・新快速を撮影する »