« さよなら189系M52編成 長野総合車両センターへ廃車回送される | トップページ | 中京地区の貨物列車を撮影する »

さよなら189系M51編成 ラストランで長野へ旅立つ

今年3月のダイヤ改正により、定期運用を失ってしまった、豊田車両センターに所属する189系電車。1月25日には、ラストランツアー列車によりM50編成が、4月25日には、M52編成が廃車回送で長野へと旅立ってしまい、残るは国鉄特急色を纏うM51編成のみとなってしまっていたが、そのM51編成も、4月27日、ラストラン団臨で、長野へ旅立ってしまった。

ラストラン団臨が運転された4月27日は、月末、しかも連休前の最後の出勤日と言う事もあって、仕事を抜け出す事が出来ない事から、M52編成に続き、M51編成もラストランを見送る事が出来なかった。

そこで、今回は、M51編成の惜別企画として、昨年から今年にかけて撮影した、M51編成の未公開画像を取り上げたいと思います。

Simg_7d52832

立川~西立川間、青梅短絡線を行く189系M51編成による臨時快速「鎌倉あじさい号」(2017年6月24日撮影)

2017年6月10日から25日までの土曜・日曜、青梅~鎌倉間に、豊田車両センターの189系による臨時快速列車「鎌倉あじさい号」が運転された。この列車、西立川~立川間は、通称「青梅短絡線」を経由するため、短絡線を走る光景を撮影しに出かけた。この短絡線は、中央線や南武線と青梅線とを結ぶ直通列車が使用しているが、ここを通過する列車は、青梅線内が下り列車となるものが圧倒的に多く、青梅線内から短絡線を経由して、立川・東京・川崎方面へ向かう列車は、普段だと、弊ブログでも何度か取り上げている、米軍横田基地の燃料輸送列車、通称「米タン」ぐらい。従って、この短絡線を立川方面へ向かう列車は、そんなに多くない為、ここで撮影する事にした。

年が明けて2018年になると、M50編成が一足早く引退する事になり、それに合わせて、富士急行では、1月6日に河口湖駅で、189系を2本並べた撮影会を開催する事になった。この時、私は、M50編成が撮れれば、河口湖へ行きたいと思っていたのだが、M50編成は、河口湖へ行かない事が解り、河口湖へ向かう189系を、立川~日野間、多摩川橋梁で撮影して、地元、西武多摩湖線を走っていた、赤電塗装の車両の追跡を優先してしまった。

Simg_7d58064

多摩川橋梁を通過する189系M51編成による「ホリデー快速富士山号」(2018年1月6日撮影)

改めて、この時の事を思い出してみると、河口湖へ行かなかった事が、果たして正解だったかどうかは、今でも解らない。ただ、この時は、西武鉄道を優先したいと言う気持ちが強かった。

その後、3月のダイヤ改正で、豊田車両センターの189系の定期運用離脱が正式に発表され、最後に、シンボルマークが復活したM51編成を、富士急線内でも撮っておきたいと言う気持ちになった。そんな頃、富士急行から、189系の撮影会を、3月10日と16日に河口湖駅で開催する事が発表された。そこで、土曜日である3月10日に、富士急行線へ出向き、「ホリデー快速河口湖号」を撮影する事にした。向かった先は、三つ峠~寿間の有名撮影ポイント。明らかに人が多い事は解っているのだが、キャパもそれなりに有るので、ここを選択してしまった。「ホリデー快速河口湖号」の通過およそ15分前と言う、結構ギリギリのタイミングでの到着だったが、なんとか場所は確保できた。

Simg_7d59931

富士急行線、三つ峠~寿間を行くM51編成。(2018年3月10日撮影)

10時08分頃、M51編成による「ホリデー快速河口湖号」が近付いてきた。まずは、カーブに差し掛かる前の直線区間で撮影。この日は、午前中、曇り空で、富士山は見えなかったが、この区間は、沿線で最も富士山が見える場所と言う事で、速度を落として運転している。その為、レンズを上手く使えば、様々なアングルで楽しむ事が出来る。

Simg_7d59943

更に近付いてきたところでもう一度。(2018年3月10日撮影)

この後、名物の吉田うどんを食べてから、河口湖駅へ。189系関連のグッズを購入し、189系撮影会の参加整理券をゲット。いざ撮影会会場へ。

Simg_7d60007

E259系成田エクスプレス、フジサン特急と並んだ189系M51編成。(2018年3月10日撮影)

撮影会の会場では、富士急を代表する車両達と189系を並べていた。タイミング良く、河口湖発の「成田エクスプレス」が、間もなく発車と言う時間だったので、「成田エクスプレス」の出発を待って、こんな並びを撮影して見た。

Simg_7d60011

フジサン特急と189系M51編成。(2018年3月10日撮影)

Simg_7d60016

河口湖駅構内で、京王5000系塗装に復元された1000形と並ぶ。(2018年3月10日撮影)

京王5000系カラーに復元した1000形には、京王で実際に使用されたヘッドマークを、わざわざ用意したそうで、富士急行がこのイベントに賭ける思いが充分に伝わって来た。

そして、ダイヤ改正を迎え、ついに189系が定期運用から離脱。休日になっても、豊田車両センターから出庫しないと言う光景に、189系が、本当に引退するんだと実感した。しかし、ダイヤ改正から、約1週間後となる3月25日、特急「かいじ」の運行開始30周年を記念した団体臨時列車が、新宿~甲府間で1往復運転される事になり、その往路に、M51編成が充当された。

Simg_7d60629_1

立川~日野間を行く、「特急かいじ号運行30周年記念列車」。M51編成にはJNRマークが貼られた。(2018年3月25日撮影)

この列車の運転に合わせて、M51編成には、なんとJNRマークが貼られた。国鉄特急色を纏うM51編成、最後の花道に相応しい装飾ではあるが、正面の幕は「団体」を掲出。「かいじ」を掲出していない事で、Twitter上では、色々と意見が出ていたが、特急「かいじ」は、JRになってから運転を開始した列車なので、私自身は、この時のヘッドマークが、「かいじ」ではなくて「団体」表示で良かったと思っている。

この団臨終了後は、4月27日のラストランまで、M51編成が動く事はなく、結果的に、この列車が、M51編成の最後の撮影となってしまった。長野へ旅立ったM51編成は、2018年5月7日現在、正面のシンボルマークは外されたものの、通称「廃車置き場」と呼ばれる留置線には入っていないとのこと。しかし、現在解体作業中のE351系の作業が進めば、M51編成も廃車置き場へと言う事になるのかもしれない。

鉄道模型の話になってしまいますが、豊田車両センターの189系は、幸いなことに、M50編成、M51編成、M52編成、3本ともトミックスで製品化され、それぞれの製品化発表の際には、私が撮影した画像を使ってポスターが作られました。その事は、私自身にとって、とても良い思い出となりました。これからは、模型を眺めて、189系の活躍ぶりを振り返りたいと思います。

|

« さよなら189系M52編成 長野総合車両センターへ廃車回送される | トップページ | 中京地区の貨物列車を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66692354

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら189系M51編成 ラストランで長野へ旅立つ:

« さよなら189系M52編成 長野総合車両センターへ廃車回送される | トップページ | 中京地区の貨物列車を撮影する »