« 311系の特別快速・新快速を撮影する | トップページ | 西武イエロー復活 三岐鉄道三岐線を訪ねる その1 »

西武鉄道2018年度鉄道事業設備投資計画

5月10日、西武鉄道は、2018年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。昨年は、5月11日に発表されたので、昨年よりも1日早い発表となった。

例年同様、車両面や設備面で主だったものを挙げてみた。

車両関係

1993年にデビューした10000系以来、25年ぶりとなる特急車両の新造が、いよいよ今年度からスタート。2016年3月に発表されたリリースでは、2018年度から2019年度にかけて、8両編成7本を製造し、2018年度末より、営業運転を開始する事になっている。

Simg_7d50771

現在運行中の10000系車両。

新型特急車は、現行の10000系よりも1両多い8両編成。この為、池袋駅及び西武秩父駅の特急専用ホームは、8両編成に対応するための工事が必要となるが、既に西武秩父駅は工事を終えている模様。池袋駅に関しても、そろそろ動きが見られるかもしれない。

Simg_7d54543

新型特急車両の導入でラッピング車両はどうなるのか?

現行の特急車両では、年に何種類かのラッピング車両が登場し、我々の目を楽しませてくれているが、新型特急車両のデザインコンセプトから考えると、今後、特急車両の置き換えが進んで行けば、ラッピング車両を見る機会が少なくなることも考えられる。

Simg_7d60067

昨年度は4編成が増備された40000系だが・・・

一方、通勤車両に関しては、昨年度、40000系が4編成も増備されたが、今年度に関しては、特急車両の導入のみで、通勤車両の増備計画は、今年度の鉄道事業計画に含まれていない。

Simg_7d56463

2018年度末に運行を終える予定となっている、二代目L-Train

通勤車両の増備がないと言う事から、一見すると、今年度中は、2000系や9000系の廃車は発生しないという見方もできるが、球団創設40周年を記念して運行を開始した、三代目L-Trainのリリースを読むと、2018年度末に、二代目L-Trainの運行を終える予定である事が発表されている。運行を終えると言う表現では、廃車なのか、それとも、再び黄色にして、普通の9000系に戻すのか、どちらとも考えられるが、昨年度、増備された40000系が4本だったのに対して、その代替として廃車になったのが、9106F、9107F、9101Fの3本だった事から、通勤車両の増備がなくても、10両編成1本が廃車になる可能性もありそう。いずれにしても、9000系の記録も、しっかりしておかなくては・・・

設備関係
・新宿線中井~野方間連続立体交差事業(地下化)
・新宿線東村山駅付近連続立体交差事業(高架化)
・新宿線野方~井荻間および井荻~東伏見間、早期事業化へ向けて準備中

S_20180517_184418

高架化工事が進む東村山駅。

東村山市民としては、やはり東村山駅付近の連続立体交差事業の進展は気になるところ。先日、西武園線を走る251Fを撮影しに出かけた際、東村山駅付近では、たった4両でも編成を見渡せる場所が減って来ている事を改めて実感した。

情報通信機能の強化
・スマートフォン用アプリ「西武線アプリ」の機能強化

2018年3月から公開された「西武線アプリ」。私も早速、使用しているが、列車の現在位置は、ラッピング車両の位置も解るなど、鉄道ファンも、そして一般客にも、とても使いやすいアプリ。今後も、更に機能を強化していくとのことなので、今後の展開がとても楽しみ。

駅空間の快適性向上
・西武新宿駅のリニューアル
・飯能駅のリニューアル

西武新宿駅は、1日約18万人の利用客があり、新宿プリンスホテル、西武新宿ぺぺも併設しており、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間中には、海外からの利用客の増加が見込まれるため、視認性・利便性・快適性の向上を図る。一方、飯能駅は、自然あふれる飯能エリアの玄関口にふさわしい駅へリニューアルする。西武新宿駅、飯能駅ともに、2018年度末に完了する予定。

安全対策
・ホームドアの整備

2015年度から池袋駅で進められていたホームドアの整備。昨年度中に、予定していた2番ホームから6番ホームまでのホームドアの整備が終了。今後は、練馬・西武新宿・高田馬場・所沢・国分寺の5駅にホームドアの導入が予定されており、順次整備されていく模様。毎日、通勤で利用している国分寺駅は、多摩湖線のホームにも、ホームドアが導入されるのだろうか。個人的には、ここが一番気になっています。

弊ブログでは、今年度も引き続き、西武鉄道に注目していきたいと思います。

参考:西武鉄道2018年度鉄道事業設備投資計画(PDF形式)

|

« 311系の特別快速・新快速を撮影する | トップページ | 西武イエロー復活 三岐鉄道三岐線を訪ねる その1 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66721131

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道2018年度鉄道事業設備投資計画:

« 311系の特別快速・新快速を撮影する | トップページ | 西武イエロー復活 三岐鉄道三岐線を訪ねる その1 »