« 小田急7000形LSE 定期運行終了 | トップページ | 世代交代が進む八高線・川越線 »

高崎車両センター 115系T1032編成とT1041編成が廃車回送される

2018年3月16日を以て、定期運行を終了した、高崎車両センターに所属する115系電車。

6月以降、急速に廃車回送が進んでいるが、7月11日、T1032編成とT1041編成が、新潟車両センター所属の115系L99編成を伴走車として連結した上で、新潟車両センターへ廃車回送されたことを、Twitterの書き込みを見て知った。

Simg_7d60363_1

7月11日に廃車回送されたT1032編成(前3両)(2018年3月21日撮影)

今回廃車回送された車両のうち、T1032編成は、定期運行終了後の3月21日に運転された団体臨時列車「ありがとう115系号」に使用された車両で、前回、廃車回送されたT1022編成と同様、使用停止されていた正面の種別幕も復活。往年の姿を取り戻した車両だった。

Simg_7d53823_1

T1032編成と共に廃車回送されたT1041編成。(前3両)(2017年8月26日撮影)

一方、T1041編成に関しては、2017年7月から3ヶ月間、人気漫画「おまえはまだグンマを知らない」とタイアップしたラッピング車両となった。中間のモハ114に施されたラッピングは、なかなか目立っており、強烈なイメージが残っている方も多いのではないかと思う。

T1032編成とT1041編成が廃車回送された事により、高崎車両センターに所属していた115系は全て消滅したこととなり、一つの時代の終わりを感じた。

T1032編成、T1041編成、お疲れ様でした。

さて、弊ブログを長年御覧になっている読者の皆様には、既にお気づきかと思いますが、私自身、湘南色の115系は大好きな車両であり、これまでに、東日本を中心に、各地の115系を撮り続けてきました。

今回、高崎車両センターの115系が全車引退した事により、湘南色の115系が残るのは、新潟、長野(しなの鉄道)、岡山だけとなってしまいました。

Simg_7d60867

湘南色となった、しなの鉄道の115系S3編成。(2018年4月7日撮影)

各地域とも、湘南色で残るのは、1~2編成程度と言う事で、なかなか捉える事は難しく、いずれも、あと何年見られるのかも、はっきりしない状態。一番最後まで残りそうな、しなの鉄道でさえも、置き換え計画が発表されており、8年後には、「ろくもん」を除く115系が完全に置き換わる事になりますが、湘南色の車両が、最後まで残る保証はありません。

Simg_7d60859

長野総合車両センターには、115系の訓練車が1編成残されている。(2018年4月7日撮影)

115系が残されている地域が、一番近いところで長野と言う事になり、すぐに行けると言う環境ではありませんが、弊ブログでは、今後も可能な限り、大好きな115系の記録を取り上げていきたいと思っていますので、引き続き、お付き合いいただけたら幸いです。

|

« 小田急7000形LSE 定期運行終了 | トップページ | 世代交代が進む八高線・川越線 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/66930990

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎車両センター 115系T1032編成とT1041編成が廃車回送される:

« 小田急7000形LSE 定期運行終了 | トップページ | 世代交代が進む八高線・川越線 »