« C56 160号機本線ラストラン SL北びわこ号を撮影する その2 | トップページ | 大宮総合車両センター185系B2編成 長野総合車両センターへ廃車回送される »

新潟車両センター115系L99編成 長野総合車両センターへ廃車回送される

8月1日、新潟車両センターに所属していた115系L99編成が、長野総合車両センターへ向けて、帰らぬ旅に旅立ってしまった。

新潟車両センターに所属する115系L99編成は、2015年3月、中央本線の普通列車への211系投入により、余剰となった、長野総合車両センターの115系のうち、6両固定編成のC3編成から、中間のモハユニット一組を切り離して4連化したもの。当時、新潟車両センターの115系は、長野総合車両センターで検査を受けていたが、北陸新幹線開業に伴い、信越本線の長野~直江津間が並行在来線として、JR東日本から切り離されたため、検査を大宮総合車両センターで受ける事になった。しかし、新潟の115系には、首都圏の殆どの路線で使用されている保安装置、ATS-P形を搭載していない車両があり、ATS-P形を搭載した伴走車が必要となった。そこで、ATS-P形を搭載した長野総合車両センターの115系に白羽の矢が立ち、C3編成改めL99編成が誕生した。

Simg_7d42980_1

大宮駅構内に留置中の新潟車両センター115系L99編成。(2016年2月21日撮影:再掲)

しかし、今年3月には、新潟駅の高架工事が進み、高架新ホームの一部の使用を開始。高架新駅周辺には、ATS-P型が導入された事から、ATS-P型非搭載の115系は全て廃車となったため、今後、大宮総合車両センターへの入場には、伴走車が不要となった。L99編成最後の業務となったのは、新潟地区に導入されているATS-PS形を搭載していない、高崎車両センター所属の115系の新潟車両センターへの廃車回送の伴走。4月以降、何回かに分けて廃車回送が行われていたが、こちらも全車終了したため、お役御免となった。

L99編成は、自力で長野総合車両センターへ。並行在来線として、第三セクター化された区間を避けるため、新潟車両センターから、信越本線・上越線・高崎線・武蔵野線・中央本線・篠ノ井線を経由し長野へ。L99編成最後の旅は、かなりの長旅となった。

115系L99編成、お疲れ様でした。

|

« C56 160号機本線ラストラン SL北びわこ号を撮影する その2 | トップページ | 大宮総合車両センター185系B2編成 長野総合車両センターへ廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/67011098

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟車両センター115系L99編成 長野総合車両センターへ廃車回送される:

« C56 160号機本線ラストラン SL北びわこ号を撮影する その2 | トップページ | 大宮総合車両センター185系B2編成 長野総合車両センターへ廃車回送される »