« お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います | トップページ | くめがわ電車図書館の清掃作業終了 そして来年は・・・ »

西武101系253Fが赤電カラーとなって出場

11月中旬頃より、武蔵丘検修場に入場していた、101系ワンマン車253F。

一週間ほど前より、西武線アプリ上で、3本目の101系ワンマン車赤電がフライングで登場していた事から、253Fは赤電で出場してくる事が確定的になった。あとはいつ出場かと、毎日のようにTwitterをチェックしていたところ、12月10日、253Fが出場。西武線アプリの通り、赤電カラーでの出場となった。

101系ワンマン車が、武蔵丘検修場を出場した場合、まずは、試運転を兼ねて、南入曽車両基地へ向かうが、通常は、その日の夜には、上石神井経由で玉川上水車両基地へ回送される。その際、萩山駅を19時37分頃に通過するのだが、運が良ければ、1番ホームと3番ホームに、多摩湖線の定期列車が停車しており、一瞬ではあるが、萩山駅で101系ワンマン車が3編成並ぶ事になる。

そこで、253Fの回送列車を撮るため、いったん帰宅した後、デジイチを持って萩山駅へ。

Simg_7d68150

萩山駅に到着した、多摩湖線の定期列車。

19時37分頃のこと。1番ホームには伊豆箱根鉄道カラーとなった261Fによる西武遊園地行きが。そして3番ホームには、263Fによる国分寺行きが到着。あとは、真ん中の2番ホームを、この日の主役である253Fが通過してくれれば良いのだが、西武線アプリを確認すると、253Fの回送列車を含めて、小平駅付近を走る下り列車が、全て3~4分程度遅れて運転しているとのこと。流石に3分以上遅れると3本並びは厳しそう。そして、無情にも1番ホームの発車メロディーが流れ、西武遊園地行きは出発してしまった。

これで3本並びは無くなった。しかし、3番ホームの国分寺行きは、回送列車を先に通してから発車するようだ。19時40分、253Fの回送列車が近付いてきた。

Simg_7d68156_1

萩山駅を通過する、253Fの回送列車。

3分遅れで萩山駅を通過した253Fの回送列車。予定通り来てくれれば、左から、黄色・赤・伊豆箱根と3色の並びが見られた筈だが、これは仕方が無い。

Simg_7d68164

247F、そして259Fでない事を表すため、モハ253の車番を撮影。

3色、3本並びは残念ながら撮れなかったが、それでも3番ホームで発車を待ってくれた263Fとの並びは、しっかり押さえる事が出来た。

Simg_7d68169

振り向いて、強引に後追い。

3本目の赤電カラーとして出場した101系253F。この編成は、多摩川線でも運用されている編成の為、1月に実施されるであろう、次回の多摩川線甲種輸送で、多摩川線へ送り込まれるものと思われる。それまでは、多摩湖線を走る事から、赤電同士の並びも見る事が出来る。そして、253Fが送り込まれると、多摩川線からは、247Fが戻って来ると思うので、暫くの間、多摩湖線では、赤電2本体制を維持するものと思われる。

赤電同士の並び。楽しみだなぁ・・・

|

« お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います | トップページ | くめがわ電車図書館の清掃作業終了 そして来年は・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/67471810

この記事へのトラックバック一覧です: 西武101系253Fが赤電カラーとなって出場:

« お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います | トップページ | くめがわ電車図書館の清掃作業終了 そして来年は・・・ »