« くめがわ電車図書館 ツートンカラーお披露目イベントが開催されました | トップページ | 西武 001系「Laview」A編成 新宿線試運転(2回目)を撮影する »

西武 新型特急001系「Laview」B編成(第2編成)の甲種輸送を撮影する

約二週間前。2月2日から3日にかけてのお話です。

3月16日のダイヤ改正から運行を開始する事になった、西武鉄道の新型特急001系「Laview」。昨年10月にA編成(第1編成)が入線した後、池袋線や西武秩父線、西武新宿線等で試運転が繰り返し行われているが、この度、正式な運行開始に備えてB編成(第2編成)が落成。製造元となる、山口県の日立製作所から、新秋津までの甲種輸送が、2月1日から3日にかけて実施された。

山口県の下松から2泊3日をかけた甲種輸送。金曜日から日曜日にかけての輸送となるため、ちょっと遠出をすれば、前日の土曜日も、甲種輸送の模様を撮影する事が出来る。昨年10月26日から28日にかけて実施された、A編成の甲種輸送は、2日目の10月27日に、東海道本線の弁天島~新居町間、第三浜名橋梁へ撮影に出かけた。しかし、この時は、夜の予定もあったため、撮影は、この第三浜名橋梁と天竜川駅のみとして、天竜川駅より東側では撮影していない。

今回、B編成の甲種輸送実施に際しては、前回、撮影出来なかった、天竜川駅より東側で撮影したい。その時、従兄弟から送られてきた、A編成の甲種輸送の写真を思い出した。それは、東海道本線の富士川駅で撮影したもの。この駅、晴れていると、駅のホームから富士山が良く見える。実際に、従兄弟から送られてきた写真は、001系「Laview」の後ろに富士山が写っていた。新型特急と富士山、この組み合わせを撮りたい。今回の撮影場所は、富士川駅に決まった。

2月2日。この日は、横浜で「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」と言う、鉄道模型のイベントが開催されていた。午前中は、こちらの会場へ出向き、午後から、富士川駅へ。桜木町駅近くの飲食店で昼食を食べた後、市営地下鉄で新横浜駅へ。ここから東海道新幹線に乗り換え三島駅へ。更に、三島駅から東海道本線の普通列車に乗り換え、14時37分、富士川駅に到着。撮影場所として選んだのは、2・3番ホームの静岡方先端。001系「Laview」の甲種輸送が通過するまで、約1時間半もあることからか、この時点で、ホームの先端に待機する撮り鉄さんの姿はなく、私が一番乗りだった。

お天気も良く、美しい富士山を眺めながら、待つことおよそ1時間40分。16時15分頃になるが、お目当ての001系「Laview」の甲種輸送がやって来た。

Simg_7d69384

EF210-141号機に牽引されて、富士川駅を通過する、西武001系「Laview」B編成。

山口県の日立製作所を旅立ち、一路、新秋津を目指す、西武001系「Laview」B編成。下松から横浜羽沢までの牽引を担当したのは、吹田機関区に所属するEF210-141号機。私には、親しみを感じる車両だ。

Simg_7d69397

富士山と001系「Laview」B編成。

そして、振り返ると、綺麗な富士山。001系「Laview」の正面に、少し影が掛ってしまったが、念願だった富士山とのコラボを撮る事が出来た。

この日の001系「Laview」甲種輸送の撮影は、この富士川駅のみ。富士川駅では、甲種輸送通過後も、少しだけ残って撮影をした後、再び横浜へ。関内にある鉄道とサッカーの居酒屋「新横浜機関区」での飲み会に参加した。

翌日、横浜羽沢駅で一夜を過ごした、001系「Laview」B編成が、いよいよ新秋津へやって来る。この日も天気は快晴。前日同様、富士山を絡めて撮影したい。

向かった先は是政橋。10月26日から28日にかけて甲種輸送された、A編成(第1編成)の時も、ここで撮影したのだが、あの時は、富士山が見えなかった。しかし、今回は雲一つない良いお天気で、富士山もバッチリ。それだけに、是政橋に集まった撮り鉄さんの数も多かった。

Simg_7d69439_1

武蔵野線多摩川橋梁を渡る、001系「Laview」B編成。

手元の時計で、8時33分頃のこと。EF65 2084号機に牽引された、001系「Laview」B編成が、多摩川橋梁を通過。前日同様、富士山と001系「Laview」の組み合わせを撮る事が出来た。

この後、是政駅から西武多摩川線で武蔵境へ出て、更に、中央線・武蔵野線と乗り継ぎ新秋津へ。いつもの受渡線を見下ろせる場所に着いた時には、EF65 2084号機の姿はなく、西武線線内の牽引を担当する101系263Fとの連結作業が終了していた。

Simg_7d69456

263Fとの連結も完了。

この時点で、時刻は10時を過ぎている。前回、A編成の時は、新秋津を10時45分頃に発車しているので、263F+001系「Laview」B編成を沿線で撮るには、あまり移動時間が無い。10分ほど歩いて向かったのは、秋津神社近くの連絡線を見下ろせるポイント。ここで、西武線の線内へ進んで行く、001系「Laview」B編成を後追いで撮影する事にした。

Simg_7d69459_1

263Fに牽引され、連絡線を行く、001系「Laview」B編成。

手元の時計で10時46分頃のこと。263Fに牽引された001系「Laview」B編成が、ゆっくりと連絡線を進んで行った。この場所からは、背後に西武池袋線の線路が見えるので、池袋線の列車との並びを期待したのだが、タイミングが悪く、池袋線の列車と並ぶ事はなかった。

この後、私は秋津駅へ移動し、下り列車に乗り込んで、001系「Laview」B編成を追跡する事に。秋津駅10時58分発の準急飯能行きに乗り込むと、所沢駅で001系「Laview」B編成を追い越す事が出来た。そこで、お隣の西所沢駅で待ち構える事に。

Simg_7d69484_1

西所沢駅に進入する263F+001系「Laview」B編成。

西所沢駅で待つこと、およそ5分。11時11分頃になるが、263F+001系「Laview」B編成が、西所沢を通過した。通過速度が、かなりゆっくりだった事もあり、進入シーンを撮り終えてホームを歩いていくと・・・

Simg_7d69486

今回は後追いもしっかり撮れました。

A編成の時は、上り列車に被られてしまい、撮る事が出来なかった、西所沢駅での後追い撮影。今回は、無事に撮る事が出来た。

この後、小手指まで追跡する事も考えたが、ある情報が私の携帯に入って来た事もあり、甲種輸送の追跡は、この西所沢駅で終了とした。私は、この駅でいったん改札口を出た後、再入場して、次の目的地へ向かった。

|

« くめがわ電車図書館 ツートンカラーお披露目イベントが開催されました | トップページ | 西武 001系「Laview」A編成 新宿線試運転(2回目)を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武 新型特急001系「Laview」B編成(第2編成)の甲種輸送を撮影する:

« くめがわ電車図書館 ツートンカラーお披露目イベントが開催されました | トップページ | 西武 001系「Laview」A編成 新宿線試運転(2回目)を撮影する »