« ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅の駅猫「おさむ」が永眠 | トップページ | お知らせ 「東村山D51 684保存会」が発足しました »

いすみ鉄道 キハ52お披露目撮影会に参加する

2週間前、6月15日のお話です。

タラコ色(首都圏色)から、国鉄気動車標準色へ戻される事になった、いすみ鉄道のキハ52。塗装作業も順調に進み、6月16日から運用に復帰する事になった。そして、その前日である6月15日。クラウドファンディング支援者を対象に、お披露目撮影会が開催される事になった。私は、このお披露目撮影会参加権の付いた8,000円の支援をしており、この撮影会に参加した。

当日朝、第1回目の撮影会受付は9時30分から始まる事になっていた。その為、私は、品川駅前にある、シナガワグースを8時30分に出発する、大多喜駅行き高速バスで現地へ向かう事にした。品川駅には、8時頃には到着。駅構内の飲食店で朝食を摂り、シナガワグースへ向かったのだが、なんと、ここで乗り場が解らず、高速バスに乗り遅れると言う痛恨のミスを犯してしまった。仕方なく、急遽、東京駅へ移動し、9時00分発の特急「わかしお3号」に乗り大原へ。ここから、いすみ鉄道に乗り換えて、大多喜へ向かう事にした。

10時17分、大雨の影響で、「わかしお3号」は、約5分遅れで大原駅に到着。接続の大多喜行きの発車まで、あと4分。急いで、いすみ鉄道のホームへ向かった。

S20190615_101940

大原駅に停車中のいすみ300形(左)といすみ350形(右)。

いすみ鉄道のホームに入ると、2番線には、いすみ300形が、そして1番線には、いすみ350形が停車していた。あまり時間は無かったのだが、綺麗に並んでいる光景を見て、思わず、スマホのカメラで撮影してしまった。乗車するのは、2番線の大多喜行き。いすみ300形である。

撮影後、急いで車内へ。悪天候と言う事もあり、乗客の数は少なかった。列車は、雨の中を淡々と進んで行き、10時51分、大多喜駅に到着する。撮影会参加者の集合場所は、駅前の観光協会の会議室。早速、受付を済ませるのだが、ここで私自身が重大な勘違いをしていた事が発覚。9時30分からの受付で先着順だと思っていたのだが、実際には、1時間刻みになっており、私は1回目、9時30分受付。10時開始のコースだった。幸いなことに、11時からのコースも参加人数に余裕があり、私も仲間に入れて貰えた。程なくして、スタッフの方達から撮影会の注意事項などの説明が始まる。そして、撮影会場へ。


Simg_6d3885 

キハ28とキハ52が並んだ。

スタッフの方の説明によると、悪天候により、撮影会参加者は、検修庫内から撮影出来るように変更となった。その為、本来は並べる予定が無かったキハ28が、キハ52の隣に並ぶ形となった。普段は、2両編成で動いているキハ28とキハ52。この2両が並べられたと言うのは、まさに悪天候が生んだ産物とっも言える。

 

Simg_6d3887_1

続いて、キハ52側からキハ28を入れて撮影。

撮影会開始から、およそ10分後。スタッフの方が、ヘッドマークを交換作業を始めた。続いて出てきたのは・・・

Simg_6d3894_1

キハ52は、「準急房総」のヘッドマークに。

「京葉」「房総」ともに、昭和30年代に房総東線(現:外房線)と房総西線(現:内房線)で運転していた列車である。

撮影会場内は、譲り合って撮影する事になっている為、時計回りで検修庫内を巡回するようになっているのだが、その際にも、参加者を飽きさせない為の演出がされていた。

Simg_6d3897

急行列車に掲出するヘッドマーク各種。

検修庫の出入り口付近には、これまでに、いすみ鉄道の急行列車に掲出されてことがあるヘッドマークが並べられていた。「よしのがわ」「阿波」と言った、国鉄時代、四国を走る急行列車に掲出されていたヘッドマークの他、1か月前、タラコ色(首都圏色)見納めの時に掲出されていたヘッドマークも並べられていた。

そして、この検修庫内には、懐かしい、この車両が留置されていた。

Simg_6d3902

今年3月に引退した、いすみ206号車。

昭和63年、JR木原線を移管した第三セクターいすみ鉄道が、開業当初に導入した、いすみ100形をロングシートに改造した、いすみ200形。最後まで残っていた、いすみ206号車が、引退後も、このように、検修庫内に残されている。今回の撮影会の撮影場所が、検修庫内に変更になった事で、このいすみ206号車も、撮り放題となっていた。

Simg_6d3908

今度は、キハ52のみを撮影。

いすみ206号車を一通り撮った後、再びキハ52の前へ。今度は、キハ52だけを撮るべく、出来るだけ、キハ52に近付いて撮影してみた。

Simg_6d3921

ヘッドマークなしの姿も綺麗。

そして、その後はヘッドマークが外されたので、改めて、キハ52のみを撮影。主に普通列車を中心に使用されてきただけに、この車両は、やはり、ヘッドマークなしの方が、私は好きだ。

Simg_6d3925_1

2両ともヘッドマークを外されてから、改めて並びを撮影。

そして、キハ28もヘッドマークが外されたので、キハ52と合わせて、ヘッドマークなしの姿を改めて撮影してみる。私が、鉄道写真を撮り始めた頃、既にキハ58・28は、急行列車の運用よりも、普通列車の運用の方が多くなっており、また、急行列車からも、既にヘッドマークなしの方が圧倒的に多かった事もあり、キハ28も、ヘッドマークなしの方が馴染みがある。それだけに、2両揃ってヘッドマークなしの姿が見られたのは有り難かった。

さて、ここまで撮影していると、駅の方で何やらエンジン音が・・・

Simg_6d3928

大多喜駅には、キハ20 1303が入線してきた。

国鉄気動車標準色を纏う、キハ20 1303。キハ52が塗装変更の為、運用を離脱している間、急行列車は、いすみ300形やキハ20による代走(急行料金不要)が行われていた。この日も、急行列車の上総中野方にはキハ20が連結されている。と言う事は・・・

撮影会も、そろそろ終了の時刻。私は、撮影会場を後にして、駅前の飲食店で昼食を摂る事に。雨も更に強く降って来た事もあり、まだ早いのだが、これで大多喜13時32分発の大原行きで撤収する事にした。

Simg_6d3950

大多喜駅に到着した、急行1号。

13時05分、急行1号が大多喜駅に到着。この列車が、大多喜駅で約15分停車し、私が乗車する大原行きが到着したのを待ってから発車となる。まずは、停車中の急行列車を撮影。そして、10分ほどすると、上総中野からの大原行きが到着した。私は、傘をさして、ホームの上総中野方へ移動する。

Simg_6d3962

大多喜を発車し、上総中野へ向かう急行列車とキハ52。

最新鋭のキハ20。そして、お色直しが済んだキハ52。国鉄気動車標準色の2両が、大雨の中、一瞬の出会いを撮影してみた。

この後、私は、停車中の大原行きに乗り込み、大原へ。ここから特急列車に乗り換えて東京へ戻ったが、大雨の影響で、特急列車は約30分遅れ。国道では落石も発生したと聞いたので、30分程度の遅れでも、外房線が動いていてくれたことは有り難かった。

|

« ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅の駅猫「おさむ」が永眠 | トップページ | お知らせ 「東村山D51 684保存会」が発足しました »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:いすみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅の駅猫「おさむ」が永眠 | トップページ | お知らせ 「東村山D51 684保存会」が発足しました »