« 防災の日 正午の稲荷山公園駅 | トップページ | 東村山運動公園 D51684のその後 »

ブログ開設15周年

いつも「TOMOの鉄日誌」をご覧頂きまして有難うございます。

2004年9月6日に誕生した「TOMOの鉄日誌」は、おがげさまで、本日9月6日で、開設15周年を迎える事になりました。

15周年にちなみまして、「15」の付く車両と言う事で、今回は、この車両のお話をしたいと思います。

Simg_7d65114

しなの鉄道線テクノさかき駅付近を行く、115系S15編成。

私が大好きな車両の一つである、115系近郊型電車。かつては、JR東日本、JR東海、JR西日本に在籍し、各地でその活躍ぶりを見る事が出来ましたが、老朽化も進み、JR東日本エリアでは、新潟支社管内に残るのみ。そんな中、北陸新幹線開業に伴う、並行在来線として、長野県内の信越本線のうち、軽井沢~篠ノ井間と、長野~妙高高原間を引き継いだ、第三セクターのしなの鉄道では、JR東日本からの転換時に移籍した115系電車が、現在でも主力車両として活躍しています。近年では、懐かしいカラーの車両を、登場させており、その中でも、このS15編成は、長野オリンピック開催に合わせて登場した、長野色と呼ばれるカラーとなって活躍しています。

しかし、しなの鉄道でも、今年度から、後継車種であるSR1系の投入が開始される事になっており、いよいよ115系の置き換えが始まる事になってしまいました。置き換えは、毎年少しずつ行われ、2026年度には、置き換えが完了する予定との事。まだまだ115系の活躍は見られますが、今年度末からは、少しずつ、数を減らしていく事になります。

そこで、今回は、15周年企画として、しなの鉄道で見られる、様々な115系をご紹介していきたいと思います。

Simg_7d60908

初代長野色となっている、S7編成。

しなの鉄道115系の懐かしのカラー化の第1弾となったのが、このS7編成。こちらは、S15編成が纏う、長野色の前に、JR東日本長野支社管内の115系が纏っていたカラーで、初代長野色と呼ばれるカラー。信州らしい爽やかなカラーディングで、お気に入りのカラーの一つです。

Simg_7d65687

コカコーラの広告電車が再現されたS11編成。

真っ赤な車体に、コカコーラのロゴが入ったS11編成。この編成は、1987年から3年間、コカコーラの広告電車として走行していた時期があり、2018年、コカコーラ電車が蘇った。1987年当時とは、ロゴのデザインが違うものの、当時の雰囲気は感じられます。なお、この編成の塗装変更資金は、クラウドファンディングで集められたそうです。

Simg_6d3804_1

小諸駅で並んだ湘南色とスカ色。

やはり、115系と言えば、湘南色とスカ色。しなの鉄道は、湘南色・スカ色共に、3両編成と2両編成を1本ずつ揃えており、同じカラー同士では、最長5両編成での運転が可能となっています。

Simg_7d60887_1

満開の桜の横を駆け抜けるS16編成。

スカ色の3両編成、S16編成は、ここ最近、不調との事で、残念ながら、朝夕のライナー列車中心の運用が続いており、東京から駆けつけるには、撮り辛くなってしまいました。

Simg_7d68111_1

2両編成のスカ色、S26編成。

その為、スカ色の115系を確実に撮ろうとするならば、2両編成のS26編成の方が撮り易いと言う状況に。国鉄からJRにかけて、2両編成の115系でスカ色と言うのは実在しなかったのですが、こうやって見てみると、違和感は感じられません。

Simg_7d65737

湘南色編成は、2両編成・3両編成共に活躍中。

一方の湘南色編成は、2両編成・3両編成共に、通常通り運転中。私自身は、湘南色の115系が大好きなので、元号が令和となった今でも、湘南色の115系が元気いっぱいに走り回る姿を見られるのは、とても嬉しいです。

Simg_6d3861

台湾鉄路管理局のEMU100型電車に合わせた塗装を纏うS9編成。

カラフルなしなの鉄道の115系の中で、やや変わり種なのが、このS9編成。台湾鉄路管理局との友好協定、さらに台湾鉄路管理局の田中駅と、しなの鉄道の田中駅との友好協定も締結された事を記念して、台湾鉄路管理局のEMU100型電車のカラーを纏う事となりましたが、115系には、この台鉄カラーもなかなか似合っています。

Simg_6d3854

いつかは乗ってみたい。観光列車「ろくもん」

車内で食事も提供される観光列車「ろくもん」。2014年から運行している観光列車で、この車両に関しては、今のところ、置き換え計画が上がっていない事から、最後まで残る115系となる可能性が高い車両です。いつかは乗ってみたい。

Simg_6d0763_1

しなの鉄道オリジナル色。

そして、しなの鉄道のオリジナル色。赤とグレーを基調としたカラーは、すっかり沿線の風景に溶け込み、このカラーもなかなか似合っていると思います。

弊ブログは、16年目に突入いたしました。引き続き、多くの皆様に楽しんでいただけるよう、精進してまいります。今後とも、TOMOの鉄日誌を、どうぞ宜しくお願いいたします。

最後にお知らせです。

只今、15周年記念のイベントを企画中です。詳細が決まり次第、ご案内いたします。どうぞお楽しみに。

|

« 防災の日 正午の稲荷山公園駅 | トップページ | 東村山運動公園 D51684のその後 »

鉄道」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

鉄道:しなの」カテゴリの記事

コメント

15周年おめでとうございます。
あの頃、何人かの人がブログを始めた中で、今も続いていてつながりを持っているのはTOMOさんだけになりました。

しなの鉄道の115系もカラフルになってきたので見に行きたいですね。新潟の115系はまもなく7色7本という状態になり、しなの鉄道とともにカラフルになっています。どちらも復刻という枠を越えてかつて存在していなかった塗装がいるのがおもしろいです。

投稿: GO | 2019/09/07 20:31

GOさん、コメントありがとうございます。また、コメント返しが遅くなりまして、申し訳ございません。

今はSNSが主流となってきましたから、仰る通り、ブログを続けている人も少なくなってきました。確かにSNSは簡単なんですが、過去ログを見るのは、やっぱりブログの方が優れています。それだけに、何とか続けようと思っていますが、最近は、なかなか記事を書く時間が少なくなってしまって、ご覧いただいている皆様には、申し訳ないなあって思っています。

速報ブログでもアップしていますが、先日、新潟へ行ってまいりました。何やらGOさんとニアミスしているようです。近いうちに記事にしたいと思います。

投稿: TOMO | 2019/09/27 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防災の日 正午の稲荷山公園駅 | トップページ | 東村山運動公園 D51684のその後 »