« がんばれ受験生! 関東バスの東京女子大学受験生輸送 | トップページ | 西武鉄道 2020年3月14日ダイヤ改正を実施 »

さよなら西武10000系10101Fが横瀬車両基地へ廃車回送される

001系「Laview」も、当初計画されていた7編成全てが入線し、これまで特急列車に使用されてきた10000系に続々と廃車が発生しているが、本日、10000系のトップナンバー、10101Fが横瀬車両基地へ帰らぬ旅へ旅立ってしまったとの情報を、TwiterやFacebookで見かけた。10000系の廃車は、10103F、10104F、10107Fに次いで4編成目。

帰宅後、10101Fを最後に撮影したのはいつだったのか。ストックしてある画像を確認したところ、デジタル一眼レフでは、1月3日に撮影したのが最後だった。

Simg_7d73605
横瀬車両基地へ廃車回送されてしまった10101F。(2020年1月3日撮影)

10101Fは、1993年12月に実施されたダイヤ改正より運行を開始した、西武新宿線の特急「小江戸号」の運行開始に合わせてデビュー。2004年5月から5年半ほど、池袋線で使用されたが、それ以外は、基本的に南入曽車両基地に所属し、「小江戸号」を中心に使用されてきた。それだけに、私自身は、新宿線所属の特急車両というイメージが強い。

そして、この撮影から5日後の1月8日夜のこと。たまたま、西武新宿から東村山まで、特急「小江戸35号」を利用することになった。この時、偶然にも乗り合わせたのが10101Fだった。

S20200108_192336
西武新宿駅に停車中の10101F。(2020年1月8日撮影)

10000系は、正面に車両番号が書かれているわけではないので、廃車が始まってから、ラッピング車両やクラシック以外の編成では、撮影後、必ず側面の車両番号を撮影することで、どの編成を撮影したのか、後で確認できるようにしている。

S20200108_192506
乗車前に車番を撮影。(2020年1月8日撮影)

この時も、乗車前に、1号車、クハ10101の車番を撮影した。そして、車内へ。私が乗車したのは、モーター音が聞きたかったので、1号車ではなく、5号車のモハ10501。もしかしたら、これが最後の乗車になるんじゃないかと考えてしまったが、その通りとなってしまった。東村山までの約30分間、足元から伝わる力強いモーター音を堪能した。

最後に、少し前に撮影した10101Fの画像をご紹介して、この記事を締めたいと思います。

S2375s_1
小川駅5番線に入線した10101F。(2011年12月24日撮影)

2011年のクリスマスイブ。東村山駅で発生した脱線事故の影響により、東村山~所沢間が不通となり、特急「小江戸号」も途中駅で運転打ち切り。行き場を失った10101Fが小川駅へ疎開となりました。

7d40210_1
新宿線、久米川~東村山間を行く10101F充当の臨時特急「ちちぶ99号」(2015年11月7日撮影)

2015年11月7日、横瀬車両基地で開催された、「西武トレインフェスティバル2015in横瀬」に合わせて、西武新宿~西武秩父間に臨時特急「ちちぶ99号」が運転され、10101Fが充当。西武新宿発の西武秩父行き特急は、10000系デビュー前、5000系による「おくちちぶ」が休日に1往復運転されていましたが、「ちちぶ号」として運転したことは、私が知る限りでは、この時だけではないかと思います。そんな貴重な列車に充当された10101Fを、久米川~東村山間で撮影できたことは、良い思い出となりました。

10101F、26年間、お疲れ様でした。

|

« がんばれ受験生! 関東バスの東京女子大学受験生輸送 | トップページ | 西武鉄道 2020年3月14日ダイヤ改正を実施 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

001系Laviewは新宿線にも導入してほしいです。それに合わせて本川越駅の特急ホームは8両編成対応にします。H1F~J
1Fの5本を導入して新宿線の小江戸も全て001系Laviewにしてほしいです。

投稿: 001系 | 2020/02/05 07:16

001系さん、コメントありがとうございます。

新宿線の特急列車について、現時点では、10000系NRAが当面は続投ということになっていますが、いずれは、置き換えの話が出てくるかと思います。その中で、本川越駅の特急専用ホームは、7両編成までしか対応していないため、8両編成のラビューで運行するには、本川越駅の特急専用ホームを8両化する必要性があります。天井の構造を見ますと、8両編成にするために、河川を延長するのは問題なさそうです。

しかし、もう一つの考え方として、昼間の利用率が高くないことから、朝夕ラッシュ時間帯に、拝島ライナーのような列車を走らせるというのも、一つの候補に挙がっているのではないかと思います。距離もそれほど長くありませんし、ライナーで十分なんて事にもなるのではないかと、個人的には思っていますが、果たして、どんな結論に達することになりますでしょうか。

投稿: TOMO | 2020/02/10 00:22

はじめまして。横瀬において10101Fが両先頭車を含めた3連と、中間車4両に分割留置されているとのこと。譲渡へ向けての動きでしょうか?
2020年度中に西武新宿、高田馬場、所沢の3駅へホームドアを設置する事は既定路線ですね。設置されるホームドアが池袋や練馬と同タイプであれば、特急型車両の定期運行は極めて困難になると思われます。所沢の3番、4番は、Laviewのドア位置にも対応するタイプにするのか、設置対象から外すのか・・・西武鉄道の対応を注視したいと思います。

投稿: EF6325 | 2020/02/12 21:48

EF6325さん、コメントありがとうございます。

廃車回送されてからの10101Fですが、何やら気になる動きが出ていますね。今後、どうなっていくのか、弊ブログでも可能な限り、注目していきたいと思っています。

さて、ホームドアに関してですが、西武新宿駅でホームドアの設置が始まり、まずは2番ホームから設置されたようですが、同ホームに設置されたホームドアは、10000系にもしっかり対応しているようですね。Laviewに関しては、ホームドアに対応していると聞いた記憶がありますから、所沢駅の3・4番ホームへのホームドア設置は、特に問題ないように思います。また、2番ホームにも、西武新宿駅2番ホームに設置されたタイプを入れれば、問題はなさそうです。

投稿: TOMO | 2020/02/17 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばれ受験生! 関東バスの東京女子大学受験生輸送 | トップページ | 西武鉄道 2020年3月14日ダイヤ改正を実施 »