« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

中央線快速電車 209系1000番台車による中央特快を撮影する

グリーン車連結へ向けての準備が進む中央線快速電車。

昨年より、まずは主力車両として活躍しているE233系の4号車にトイレを取り付ける工事が始まっており、工事による運用離脱車両の穴埋めのため、常磐線各駅停車での役目を終えた209系1000番台車が、助っ人として、中央線快速電車へ転用された。209系の運用は固定されているが、今年3月のダイヤ改正から、平日ダイヤに限り、209系の運用が拡大され、夜の帰宅時間帯まで運転されるようになり、なんと特別快速の運用が誕生している。

209系1000番台車による特別快速は、東京駅16時01分発の中央特快高尾行き。平日は9時から17時まで仕事をしている身にとっては、休暇や早退しない限り撮れない列車であった。しかし、新型コロナウイルスによる、政府からの緊急事態宣言を受け、私の職場も、営業時間が短縮され、帰宅時間が早くなったことで、この時間帯に帰宅する機会が増えてしまった。4月22日は、偶然にも、この列車が西荻窪を通過する5分ほど前に、西荻窪駅に着いたので、快速電車ではなく、各駅停車に乗り込み吉祥寺駅へ移動。ここで、209系1000番台車による中央特快を撮影してみた。

Simg_x9298_1
吉祥寺駅に差し掛かる209系1000番台車による、中央特快高尾行き1699T。

この日、1699Tの運用に就いていたのは、2編成在籍する209系1000番台車のうち、トップナンバー編成とも言えるトタ81編成。コンデジを使って、無理して連写もしてみたが、209系の行先表示は、「中央特快 高尾」と「中央線」の交互表示となるため、中央特快を表す表示の時は、ホームからの位置が遠かったため、ご覧いただいている画像は、かなりトリミングをしております。

Simg_x9299
「中央線」表示では、特別快速かどうかが解らない。

ちなみに、この列車に関しては、3月の最終週に、仕事が片付いたこともあり、1時間早退し撮影に臨んでいるのだが、この時は、天気が良すぎて、撮影した画像を見ても、三色LEDによる行先表示を全く読み取ることが出来なかった。その為、中央特快であることを綺麗に写すには、曇りの日がベストと言える。

この撮影から6日後となる4月28日は、この列車に三鷹駅から乗車することが出来た。中央線で209系1000番台車に乗車したのは、この時が3回目であるが、自動放送にも対応していない209系に乗車すると、とても違和感があり、何となく201系時代を思い出してしまった。

Simg_20200428_164239_873
側面の行先表示。

E233系へのトイレ取り付けに伴う車両不足を補うために、中央線へやって来た209系1000番台車。撮影するには面白いが、車体がE233系と比較するとスリムな分、ラッシュ時間帯には乗りたくないというのが正直な感想。とは言え、貴重な車両であることは確かなので、積極的に撮影して、中央線での活躍ぶりを、しっかり記録していきたいと思っています。

| | コメント (0)

古い鉄道写真15 高崎機関区のEF65

前の記事で触れた、251系を使用した臨時特急列車を大宮駅で撮影した日のこと。

この日撮影した写真を眺めてみると、アルバムの中には、JR貨物高崎機関区に所属する、EF65の写真が複数収められていた。251系の写真から判断すると、おそらく1996年に撮影したものと思われる。1996年と言えば、国鉄の分割民営化から9年。当時の高崎機関区は、1986年まで在籍していた、EF60を置き換えるべく集められた、EF65の0番台と500番台が多数配属されていた。この頃、そんなEF65を撮ることが、マイブームとなっていたらしく、この日も、大宮駅のホームを行ったり来たりして撮影したようである。

Simg_20200412_0011
大宮駅10番線を通過するEF65 28号機牽引の貨物列車。

この日、最初に撮影された貨物列車は、EF65 28号機が牽引する貨物列車。後ろに連なるタンク車は、タキ43000のように見える。EF65 28号機は、2003年12月24日付で廃車となっている。

Simg_20200412_0010
EF65 503号機が牽引する貨物列車。

続いて撮影したのは、EF65 503号機が牽引する貨物列車。この503号機は、1965年から66年にかけて高速旅客列車牽引用として登場した500番台(P形)の中の1両。かつてブルートレインを牽引していた事もあり、この車両は、ブルートレインに合わせた特急色を維持しているが、500番台車の中にも、更新工事を受けた車両があり、先にアップした28号機と同様、更新色を纏った車両もあったが、この503号機は、更新されることなく、1998年12月に廃車されている。

機関車ばかり注目してしまったが、よく見ると、この列車、石炭輸送用のホキ10000が4両連結されている。タキとホキの混結の割には、それぞれの両数が短いから配給列車だったのか。それとも、これが本来の姿なのか?

続きを読む "古い鉄道写真15 高崎機関区のEF65"

| | コメント (0)

古い鉄道写真14 251系を使用した臨時特急列車

4月7日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が発令されました。また、緊急事態宣言が出される前に、3月最後の土日には、東京都知事からの外出自粛要請がありました。私自身、在宅勤務が難しいこともあり、平日は、どうしても外出する日々が今後も続きますが、休日に関しましては、3月最後の土日より、不要不急の外出を控えております。弊ブログにつきましても、当分の間、自宅から勤務先までの通勤区間エリアとその周辺の話題、そして、これまでブログへの執筆のタイミングを逃してしまった話題、更に古い写真を使った話題などを執筆していきたいと思います。

と言う事で、早速、古い写真を使ったお話です。

3月14日のダイヤ改正を機に、運行を終了した、JR東日本の251系電車。自宅で過ごす時間が増えたことから、リニューアル工事前の旧塗装の写真がないか探すことに。すると、1冊のアルバムの中から、ちょっと気になる写真が出てきた。ネガを探してみたが、ちょっと見つからなかったので、プリントした写真をスキャナーで読み込むことに。

Simg_20200412_0002
大宮駅6番線に進入する251系電車。

見つかった写真は、大宮駅4番線から撮影したもの。251系電車は、大宮総合車両センターに所属しているが、それは2013年3月に、田町車両センターの組織再編により転属してからの話。旧塗装時代は、「スーパービュー踊り子号」の一部列車が、大宮駅まで延長運転をした実績はあるが、この列車は、どう見ても高崎線を走行している。

いろいろと調べてみると、251系を使用した高崎線を走行する臨時列車は、上野~水上間で「ビュー谷川号」、上野~万座・鹿沢口間で「ビュー草津号」があり、おそらく、そのどちらかを撮影したものと思われる。251系旧塗装での「ビュー谷川号」「ビュー草津号」は、1996年の運転という事で、この写真は、今から24年前の写真という事になりそう。

Simg_20200412_0003
大宮駅6番線に停車中の251系。

今、この当時の写真を見てみると、ホームの発車案内器とか、もう少し列車名が解るものも撮っておけば良かったと思うが、この頃は、フィルムによる撮影だったから、おそらく、フィルム代・現像代を少しでも節約することしか考えていなかったのだろう。

改めて、251系の旧塗装を見てみると、伊豆の景色には、このカラーの方が似合っていたなあって思う。引退が決まってから、せめて1編成だけでも、この色になっていたら・・・と考えてしまった。

さて、今回は、24年前の写真をご紹介させていただきました。アルバムを見ますと、おそらく、この251系の臨時列車を撮影した同じ日に、大宮駅で撮影した写真がかなりありました。こちらも、今振り返ると、とても懐かしい写真ですので、次回の更新時は、この写真を取り上げたいと思います。

古い写真ネタ、引き続き、お付き合いのほどお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »