« 西武多摩湖線 新2000系による代走運転を追う 2020初夏 | トップページ | レール輸送車キヤE195系と遭遇する »

大井川鐡道 ELかわね路号を撮影する 2019師走

新型コロナウイルスは、鉄道業界にも大きな影響を及ぼし、千葉県を走る銚子電鉄は、経営の危機に追い込まれていることは、テレビ番組でも取り上げており、御存知の方も多いかと思います。

静岡県を走る大井川鐵道は、緊急事態宣言中、旅客列車の本数を極端に減らし、日中の時間帯は、バスによる代行輸送を行ってきました。SL列車や井川線など、観光客による運賃収入が入ってこないという状況は、かなり苦しかったことと思います。6月19日に、ようやく県外移動も完全に解除となり、6月20日からはSL列車及び井川線も運転再開が決定。「さあ、いよいよこれから」となった6月20日、なんと新金谷駅でポイント故障が発生。その際に、SLにも不具合が生じ、当分の間、「SLかわね路号」に関しては、電気機関車牽引による「ELかわね路号」として運転されることになってしまいました。

そこで、今回は、大井川鐵道応援企画として、2019年12月28日に撮影し、これまで執筆していなかった「ELかわね路号」の撮影記をお伝えしたいと思います。この時は、大井川鐵道本線電化70周年を記念して、10月31日から12月31日までの間、電気機関車牽引による客車列車の運転が企画されていました。

2019年12月28日。この日から年末年始のお休みに突入した私は、残り4日間となった「ELかわね路号」の撮影のため、大井川鐵道沿線へ向かった。既に年末年始の帰省シーズンに突入しており、東京駅からの東海道新幹線も、相当な混雑が予想される。東京駅を9時03分に発車する「ひかり465号」に乗車する予定だったが、自由席の列に並ぶつもりで、早めに出発した。しかし、国分寺駅から乗車した、中央線快速電車の車内でスマホを操作し、スマートEXにアクセスすると、前日まで満席だった「ひかり465号」の指定席があっさり確保できてしまった。最近は、乗車変更を繰り返す人が多いのか、ゴールデンウィークや年末年始等でも、スマートEXを使って、当日でも指定席券を確保することが出来るのは、ある意味有り難い。

東京駅から東海道新幹線で静岡へ。更に静岡から東海道本線で金谷へ。金谷から大井川鐵道本線と順調に乗り継ぎ、降り立ったのは崎平駅。ここから歩いて5分ほどの大井川第二橋梁へ。駅に近い茶畑付近か、河原へ下りるか悩んだが、結局は河原へ。2019年もあと4日と言うタイミングではあったが、それほど寒さを感じずに待つことが出来た。

Simg_6d5839_1
大井川第二橋梁を渡る「ELかわね路号」(2019年12月28日撮影)

13時04分頃のこと。「ELかわね路号」が大井川第二橋梁を通過した。この日、「ELかわね路号」を牽引したのは、1949年、大井川本線の電化に合わせて登場したE10形機関車のE102号機。まさに、電化70周年記念企画には相応しい車両であった。とは言え、西武鉄道沿線住民としては、E31形電気機関車の登板も秘かに期待していだが・・・やっぱり、牽引している客車のカラーを見ると、E10形で良かったと思う。

撮影後、私は崎平駅へ戻り、後続の電車で千頭へ。「ELかわね路号」は、3番線に停車しており、機関車の付け替えも行われていなかった。

S20191228_133316 
千頭駅3番線に停車中の「ELかわね路号」

折り返しまでの間に、駅周辺で昼食を食べようと思い、まずは以前訪れた、駅構内の駅そば店を覗いてみたが、年末年始の短縮営業なのか、既に店じまい。そこで、駅前の食堂へ。注文した親子丼は、まさに昭和の味。と言った感じで美味しかった。そして、昼食を食べ終えて再び千頭駅へ。乗車する列車まで多少時間があったので、土産物店を覗いてみる。大井川鐵道の売り上げに貢献すべく、電気機関車の絵が描かれたトートバッグを買おうと思ったが、実は、撮影行程の都合上、夕方、再び千頭駅まで戻ってくることになっていたため、その時に買えばよいと思い、この時は見るだけで上り列車に乗り込んでしまった。

S20191228_142642
食事から戻ってくると、機関車は付け替えられていた。

さて、上りの「ELかわね路号」に先行する上り列車で千頭駅を離れる。向かった先は抜里。駅から5分ほど歩いた撮影ポイントへ。レンズを望遠レンズに切り替えて、列車を待つことに。

Simg_6d5865
抜里~家山間を行く「ELかわね路号」

15時36分頃のこと。「ELかわね路号」がやって来た。まずは、望遠レンズでカーブ区間を走るシーンを撮影。

Simg_6d5872_1
近付いてきたところで、更にもう一度撮影する。

そして、カーブを曲がり切り、近付いてきたところでもう一度撮影。茶畑の中を走る御年70歳の電気機関車。最高な気分で撮影を終えることが出来た。

この後、私は抜里駅へ。実は、この後、金谷方面へ戻る列車が2時間近くない。しかし、5分ほど待つと千頭行きがやって来る。この日は、大井川本線が乗り放題のフリーきっぷで行動していたので、千頭行きに乗って千頭を目指すことに。実は、抜里駅で約2時間後にやって来る上り列車と言うのは、この千頭行きの折り返し列車なのだ。抜里駅で待ち続けるよりは、千頭まで往復した方が良い。そして、千頭へ行けば、先ほどは見るだけに留めたトートバッグが買える。そう思って千頭へ戻ったのだが・・・

なんと、到着した時には、売店も閉まっていた。トートバッグどころか、車内で飲もうと思ったビールも買えず意気消沈。売店の営業時間を調べておくべきだった。構内で入替をしていた井川線車両の撮影をして、金谷へ引き返した。

|

« 西武多摩湖線 新2000系による代走運転を追う 2020初夏 | トップページ | レール輸送車キヤE195系と遭遇する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:大井川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武多摩湖線 新2000系による代走運転を追う 2020初夏 | トップページ | レール輸送車キヤE195系と遭遇する »