« 秋分の日 米タンを撮る | トップページ | 西武多摩湖線 9000系9108Fが営業運転を開始 »

しなの鉄道 新型車両SR1系(ライナー用車両)を撮影する

シルバーウイーク3日目、9月21日のお話です。

日帰りで上田・長野へ出かけることになった。上田電鉄の城下駅に展示されている5251号車を見学するのが目的だったが、115系が大好きな私には、上田電鉄と合わせて、しなの鉄道も気になる。そこで、朝一番の北陸新幹線「かがやき501号」で長野入りし、午前中はしなの鉄道をメインに撮影し、午後は上田電鉄をメインに撮影することにした。

7時38分、長野駅に到着。ホームに降りた瞬間、ひんやりとした空気を感じる。長野駅で軽く115系を撮影した後、しなの鉄道線の上り列車で、お隣の安茂里駅へ。駅から5分ほど歩いた踏切で、暫くの間、撮影をすることにしたのだが、現地到着後、最初にやって来たのは、こんな車両だった。

Simg_6d6617_1
2020年7月4日より営業運転を開始した、しなの鉄道の新型車両SR1系。

まだ見慣れない青い車両は、しなの鉄道が、既存の115系を更新するために導入を開始した新型車両SR1系。JR東日本の新潟支社管内で活躍しているE129系電車 がベースとなっている。しなの鉄道では、この車両を52両投入し、既存の115系を置き換える予定となっており、まずは先行して、西武鉄道40000系や京王電鉄5000系等でお馴染みのデュアルシート(ロングシートとクロスシーとの両方に転換が可能なシート)を採用した有料ライナー列車用の2両編成3本が導入された。この列車は、小諸駅を7時05分に出発する普通列車長野行きで、ライナー列車の間合い運用である。

そして、この場所で1時間ほど撮影していると、SR1系によるライナー列車が通過する時刻となった。私は、踏切の反対側に移動し、SR1系を撮影することにした。

Simg_6d6664
「軽井沢リゾート2号」として軽井沢へ向かうSR1系。

9時14分、SR1系による「軽井沢リゾート2号」がやって来た。正面の行先表示を写すために、シャッター速度を125分の1にして撮影に臨んだが、文字はどうにか読める程度。よく見てみると、種別は「特別快速 ワンマン」と表示しているようである。Twitterなどで調べてみると、座席指定となっていることから、一応、客室乗務員が乗務しているようだが、ワンマン運転扱いとなっているようである。

この後、私は、安茂里駅から、しなの鉄道線の普通列車に乗車し屋代へ。千曲~屋代間の駅間で暫く撮影を続けることになったのだが・・・

Simg_6d6694
千曲~屋代間の駅間で遭遇した妙高高原行「軽井沢リゾート1号」。

屋代駅から撮影地に向かって歩いている途中で、SR1系による妙高高原行「軽井沢リゾート1号」に遭遇した。この列車もワンマン運転の特別快速。列車の通過時刻を、もう少し早く確認しておけば、もっといい形で撮影できたかもしれない。反省。

そして、夕方、再び長野駅へ。

Simg_6d6890
HB-E300形「リゾートビューふるさと」と並んだSR1系。

長野駅18時41分発の普通列車戸倉行きが、SR1系での運転と、しなの鉄道の公式サイトでも発表されていたため撮影してみると、なんとお隣の2番線には、大糸線南小谷からの快速列車「リゾートビューふるさと」に使用されたハイブリッド車両、HB-E300系車両が停車していた。しなの鉄道のSR1系と、JR東日本のHB-E300系の並び。まさか、この並びを撮れるとは、全く思ってもいなかったので、これは嬉しい誤算であった。

S20200921_184145
SR1系発車後、HB-E300系だけを撮影してみたが・・・

そして、SR1系による戸倉行きが発車した後、2番線に停車していたHB-E300系だけを撮影。この車両、側面には、長野県のPRキャラクター「アルクマ」のラッピングが施されているが、これは、2019年に、「リゾートビューふるさと」の運行開始10周年と、生誕10周年を迎えた「アルクマ」とのタイアップ企画として施されたものとのこと。しかし、このラッピングも、2020年10月で終了予定となっている。もう少し、しっかり撮っておくべきだった。

|

« 秋分の日 米タンを撮る | トップページ | 西武多摩湖線 9000系9108Fが営業運転を開始 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

鉄道:しなの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋分の日 米タンを撮る | トップページ | 西武多摩湖線 9000系9108Fが営業運転を開始 »