« 西武国分寺線の運用に就いた2000系2403F+2517F | トップページ | 西武40000系40154Fの甲種輸送を撮影する »

西武多摩川線へ向かう101系249Fの甲種輸送を撮影する

1週間前、10月24日のお話です。

約3ヶ月に一度の割合で実施されている、西武多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送。2020年第4回目の甲種輸送が、10月24日から25日にかけて実施されることになった。今回、多摩川線へ送り込まれる車両は、ツートンカラーの249F。同編成は、7月4日から5日にかけて実施された甲種輸送で、本線側に戻ってきており、今回、約3か月ぶりに多摩川線に戻ることになった。

土曜日のお昼。快晴という事もあり、私は所沢陸橋へ向かった。ちょうど光線状態も良く、被りの危険性が無い撮影地という事で、甲種輸送が実施されるときは、人も多く集まり、1週間前に実施された、富山地鉄向け10000系譲渡車の甲種輸送の際には、車道側にも撮影者が集まったという事で、Twitterなどに投稿されていたが、私自身は、ここ最近、所沢陸橋での撮影は控えていた。3か月に一度は必ず実施される多摩川線の甲種輸送では、それほど人が集まっていないだろうと思い、この日は所沢陸橋を目指したのだが・・・

11時52分頃、所沢陸橋に到着。甲種輸送の通過およそ10分前であるが、この時点で集まっていたのは10名ほど。とりあえず、歩道橋の踊り場で撮影準備を始めるが、1週間前の状況が影響しているのか、陸橋の上の方には警察官の姿が・・・どうやら、この日も何度か警察官がこの地にやってきていた模様。一旦、歩道橋を離れ、下の公道にも行ってみたが、既に待機している人をかわすには、道の真ん中付近に立たねばならず、歩行者・車の通行が少ないとは言え、それは不味いと判断し、再び歩道橋の踊り場へ。カメラを構えると、もう263Fがすぐ近くまで迫っていた。

Simg_6d7932
263Fに牽引され、新秋津へ向かう249F。

12時05分、263F+249Fが所沢陸橋に近付いてきた。久々の所沢陸橋での撮影。順光で撮れたことは良かったが、僅か10分少々の滞在ではあったが、何となく後味が悪かった。

所沢陸橋での撮影を終えた私は、所沢駅へ。時刻は12時20分。この辺で昼食を摂ろうと思い、向かった先は、旧所沢車両工場の跡地の一角に出来た高層マンション。ここの1階に、プロぺ通りで営業していた日高屋が移転していた。この日は、旧所沢車両工場の思い出に浸りながら、日高屋でラーメンを食べた。

昼食後、再び多摩川線へ向かう249Fの甲種輸送を撮影するため移動を開始。どこで撮ろうかと悩んだ末に向かったのは、7月の甲種輸送の時にも訪れた、東所沢駅から徒歩4分ほどの場所にある陸橋。この日も、この場所は人が少なく、落ち着いて撮影に臨むことが出来た。

Simg_6d7954
東所沢駅付近を行くEF65 2091号機+249F。

13時52分、国鉄色を纏うEF65 2091号機に牽引された249Fがやって来た。そして左右を確認し、陸橋の反対側へ移動。

Simg_6d7963
新座方面へ走り去る249F。

車の通行もなかったこともあって、今回は、この場所での後追いにもチャレンジしてみた。

この後、249Fに先行する形で中央線方面へ先回り。多摩川橋梁を目指したのだが、その道中、二か所、寄り道をしたこともあり、結構ギリギリのタイミングに。この時間帯、多摩川橋梁は、列車までの距離はあるものの、上り線側から撮った方が順光となる。日が当たっていれば、迷わず上り線側を目指すのだが、日野駅に到着すると、一気に曇ってしまった。途中まで、上り線側にも行き易い道を歩いていたのだが、これは通過までに雲が切れないと判断し、下り線側へ。

Simg_6d7982
多摩川橋梁を行くEF65 2091号機+249F。

15時44分、EF64 2091号機に牽引された249Fが多摩川橋梁に差し掛かった。ご覧いただいている画像の右端に見える建物。この建物を見る度に、かつて、JR東海に所属していたジョイフルトレイン「ユーロライナー」を思い出してしまう。

 Simg_6d7990
近付いてきたところでもう一度。

この後、再び日野駅まで歩いて、中央線の下り電車に乗り込み八王子へ。Simg_6d8014
八王子駅の留置線に入った249F。

16時10分、八王子駅に到着。多摩川線の車両は、八王子駅構内の入替を担当するHD300と連結された状態で留置線に入っていることが多いのだが、この日は、HD300に次の仕事があるらしく、駅構内を走行していた。私は、八王子駅まで乗車してきた中央線の下り電車が走り去るのを待って、留置線にいる249Fをホームから撮影する。249Fの隣には、レール輸送に使用されるチキ5200形が留置されていた。JR東日本は、レール輸送を気動車化する準備を進めており、このチキ5200形に残された時間は、そう長くはないのかもしれない。

この後、私は横浜線ホームへ移動。

Simg_6d8020
八王子まで249Fを牽引してきたEF65 2091号機とHD300形が並ぶ。

横浜線ホームからEF65とHD300の並びを撮影してみた。そして、ホームの先端へ向かい、今度はHD300を撮影してみるが・・・

Simg_6d8028
HD300-30号機!

入替業務専用のHD300。この日、八王子駅構内の入替を担当していたのは30号機。今は全部で39両あるそうで、貨物ちゃんねるによると、全部で39両(試作機の901号機と北海道仕様の500番台を含む)が新鶴見・岡山・苗穂に配属されているとのこと。30号機を見て、この車両が確実に増えていることを実感した。

Simg_6d8027
EH200-3号機が牽引する貨物列車。

16時22分、EH200-3号機が牽引する石油輸送列車が到着。貨物時刻表によると、この時間帯に到着する石油輸送列車が無く、遅れていたのかもしれない。HD300-30号機は、この列車の到着を待っていたようで、この後、入替を始めた。

S20201024_162433
EF65 2091号機。

HD300-30号機が入替業務のため走り去った後、ここまで249Fを牽引してきたEF65 2091号機撮影して、多摩川線甲種輸送の撮影を終了とした。

なお、翌日には、多摩川線からツートンカラーの245Fが、甲種輸送により本線側に戻っていますが、この日は模型運転会に参加していたため、撮影はしておりません。

|

« 西武国分寺線の運用に就いた2000系2403F+2517F | トップページ | 西武40000系40154Fの甲種輸送を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武国分寺線の運用に就いた2000系2403F+2517F | トップページ | 西武40000系40154Fの甲種輸送を撮影する »