« 西武40000系40154Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | さよなら西武101系261Fが横瀬車両基地へ廃車回送される »

東京メトロ17000系 17102Fが小手指車両基地へ

引き続き11月1日のお話です。

40154Fの1~5号車の西武線内の輸送の撮影が空振りに終わってしまった私は、所沢駅から西武池袋線の下り列車に乗り込み、狭山ヶ丘へと向かった。

西武池袋線と相互乗り入れを行っている、東京メトロ有楽町線及び副都心線。東京メトロが所有する有楽町線及び副都心線の車両としては、有楽町線の開業時から運行されている7000系と、副都心線開業に備えて、2006年に登場した10000系の2形式があるが、老朽化が進む7000系の置き換え用として、新形式17000系が登場。営業運転開始に向けて、17000系の第二編成である17102Fが、小手指車両基地に来ているとの事で、甲種輸送撮影の合間に、小手指車両基地へ様子を見に行くことにした。

狭山ヶ丘駅から歩くことおよそ13分。小手指車両基地の一番奥に、見慣れない車両が停車していた。

Simg_6d8245
2000系・30000系と並んで留置されていた、東京メトロ有楽町線・副都心線用の新型車両17000系。

初めて見る17000系。東西線で運行されている初期の05系のイメージに近いかなぁ・・・と言うのが、私が感じた17000系の第一印象である。

Simg_6d8250
17000系のみを撮影してみる。

2000系や30000系と言った、西武池袋線の主力車両との並びを撮り終えた後は、17000系だけを撮影してみる。この時、シャッター速度を上げた時、LED行先表示が、どこまでならしっかり写るかを確認してみたが、シャッター速度1000分の1で切っても、しっかり路が写り込むことを確認。これは有難い。

17000系は、今のところ、終電後に試運転をしているようであるが、いずれは日中の試運転も行われることと思う。LED行先表示もしっかり写るようだし、本線上で撮影するのが楽しみになって来た。

Simg_7d75394
17000系投入で、少しずつ姿を消すことになる7000系。(2020年2月29日 元加治駅にて撮影)

とは言え、17000系投入の裏では、有楽町線開業当初より運行されてきた7000系が、少しずつ姿を消していくことになる。こちらも合わせて、しっかり記録していかなくては・・・17000系の撮影を手短に終えた私は、再び40154Fの甲種輸送の撮影に戻った。

|

« 西武40000系40154Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | さよなら西武101系261Fが横瀬車両基地へ廃車回送される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:東京メトロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武40000系40154Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | さよなら西武101系261Fが横瀬車両基地へ廃車回送される »