« お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います | トップページ | 謹賀新年 »

秩父鉄道 デキ108引退

今年3月14日のダイヤ改正を機に、石炭輸送列車が廃止され、貨物運用が減少した秩父鉄道。自社線内の鉱石輸送は継続されるものの、機関車の運用は減少してしまった。その為、秩父鉄道が所有する電気機関車の中では最古となる、1951年製のデキ108が引退することとなってしまった。

デキ108は、元々、岩手県の松尾鉱業鉄道に導入された機関車で、松尾鉱業鉄道時代は、ED502を名乗っていた。1972年、同鉄道線の廃止に伴い、同時期に製造されたED501と共に秩父鉄道へ譲渡。秩父鉄道では、デキ100形に編入され、デキ107・108となった。しかし、経年による老朽化や貨物列車の減少に伴い、デキ107は一足早く2015年2月に運用を離脱。以後、デキ108が松尾鉱業鉄道出身の機関車として、孤軍奮闘していた。

Img_6d7206s
熊谷貨物ターミナルの撮影会で展示されたデキ108。(2020年10月3日撮影)

今年10月3日から4日にかけて、定員制のバスツアーによる機関車撮影会では、デキ108がヲキ・ヲキフヲ連ねた状態で展示されていた。その際、松尾鉱業鉄道時代の車号であるED502のナンバープレートを模したものを、正面に掲出していた。今では、秩父鉄道の電気機関車の標準色となっているこの塗分けは、元々、松尾鉱業鉄道で採用されたカラーであり、秩父鉄道入線後、一度は、当時の秩父鉄道の標準カラーである、茶色に裾部白帯と言うカラーに塗り替えられたものの、後に竣工した新型機のデキ500形に、松尾鉱業カラーが採用されており、以後、デキ107・108の2両も、再び松尾鉱業鉄道時代のカラーを纏うことになった。撮影会の時点では、年内での引退発表前だったため、撮影会でのナンバープレート掲出は、ツアー参加者へのサービスだと思っていたのだが、これも引退に向けた惜別企画の一つだったのかもしれない。

熊谷貨物ターミナルでの撮影会から1か月後の11月3日。三峰口駅構内で「ちちてつ秋まつり・SL転車台公園オープン記念イベント」と称するイベントが開催された。このイベントでは、引退が決まったデキ108が、ヲキ・ヲキフと連結した状態で展示されることとなっており、この時点で、デキ108が貨車を牽引するのは、この日が最後と発表されていた。三峰口への送り込みは、8月に実施された「ちちてつ夏まつり」で展示されたデキ201と同じ、コロナの影響で運休中の西武鉄道からの直通列車のスジで送り込まれるだろうと予想。直通列車のスジに先行する形で、沿線に向かったが、有名な撮影地は、デキ108の雄姿をカメラに収めようとする鉄道ファンで混雑していた。私は、白久駅で下車し、線路沿いに、秩父方面へ戻る形で歩いてみた。駅から歩き続けて15分ほど。ようやく撮影できそうな場所を見つけて、デキ108の送込み列車を待った。

Img_6d8445s
武州日野~白久間を行くデキ108。

10時20分ごろのこと。デキ108が4両の貨車を牽引してやって来た。最後の貨車牽引と言うことで、もう少し長い両数を引いてくれたら・・・なんて思っていたが、この場所では4両でピッタリだった。

ちなみに、この日は、パレオエクスプレス用の12系客車を電気機関車で牽引する「ちちてつ秋まつり号」も運転されており、デキ108の送込み列車の撮影後は、「ちちてつ秋まつり号」を撮影するために、和銅黒谷へ移動。

Img_6d8492s
和銅黒谷を通過する「ちちてつ秋まつり号」

パレオエクスプレスのスジで運転された「ちちてつ秋まつり号」は、ブルーのデキ302、黄色のデキ502、そして黒のデキ201と、機関車が3両も使用されており、イベントに花を添えた。

そして、午後、再びデキ108の撮影のため、白久へ。時間に余裕を持たせて、「ちちてつ秋まつり号」から撮影できるように移動したのだが、白久駅付近のカーブには、既に多くの鉄道ファンが集まっていた。

Img_6d8539s 
白久付近を行く「ちちてつ秋まつり号」

まずは「ちちてつ秋まつり号」の撮影から。下り列車と同じく、上り列車でもデキ302が先頭に立ったが、よく見ると2両目は黒のデキ201になっていた。組み合わせを変えるなら、デキ201が先頭に立ってほしいと思ったのは、私だけだろうか。

そして、「ちちてつ秋まつり号」通過から1時間20分後のこと。

Img_6d8593s
三峰口駅での展示を終えて秩父へ向かうデキ108。

「ちちてつ秋まつり号」通過から1時間20分後のこと。デキ108の回送列車が白久付近を通過した。かつて国鉄の貨物輸送に活躍したEF15を小さくしたような感じの車体のデキ108は、現存する秩父鉄道の電気機関車の中では。一番好きな車両でした。撮影を終えて、これが最後か・・・と思ったら、とても寂しく感じてしまった。デキ108、ありがとう。お疲れ様!と、この時は思ったのだが・・・

後日、秩父鉄道より、12月12日に、デキ108の本当のラストラン列車(事前申込制)「快速秩父路デキ108号」を、12月12日に運転されることが発表された。もう一度、デキ108が撮れる。12月12日、私は、再び、デキ108を撮影するため、秩父鉄道沿線へ出かけた。私は、撮影地の混雑を考慮し、出来るだけキャパの多い場所を目指すことに。まず最初に選んだ撮影地は、明戸駅から大麻生駅方向へ10分ほど歩いた場所。予想通り、多くの鉄道ファンが集まっていたが、撮影場所を確保することができた。

Img_6d9952s
大麻生~明戸間を行く「快速秩父路デキ108号」

10時25分ごろのこと。「快速秩父路デキ108号」がやってきた。4両の12系客車を、デキ108が単独で牽引する姿は、まさに最後の晴れ姿。ヘッドマークもよく似合っている。

撮影後、私は明戸駅へ戻り、後続の普通電車に乗車し、和銅黒谷へ先回り。

Img_6d9974s
和銅黒谷を通過する「快速秩父路デキ108号」

和銅黒谷も人が多かったが、ここも何とか撮影場所を確保。無事に撮影することができた。

この後、急いで和銅黒谷駅へ戻り、後続の普通電車で秩父へ。「快速秩父路デキ108号」は秩父駅止まりのため、秩父駅に到着すると、同駅の2番線に停車していた。

Img_6d9983s
秩父駅2番線に停車中の「快速秩父路デキ108号」

秩父駅では、「快速秩父路デキ108号」の乗客向けの撮影会が側線で行われるため、この後、入替が行われることになっていた。

Img_6d9981s
12系客車には、専用の方向幕が用意されていた。

デキ108と12系は。側線へ移動するため、この後、駅の羽生方にある引き上げ線へ引き上げた後、撮影会参加者が待つ側線へ入線してきた。

Img_6d9991s
いったん引き上げた後、参加者が待つ側線へ移動。

秩父駅構内の入替シーンを見届けた後、改札口を出て、駅前の居酒屋さんへ移動し、ここで昼食。お腹も満たされた後、上り列車の撮影に向けて移動を開始するが、その前に、もう一度、秩父駅構内でデキ108を撮影することに。

Img_6d10020s
ホーム上から、デキ108を形式写真風に。

乗車する上り列車が来るまでの僅かな時間を利用し、まずはデキ108のみを撮影してみる。

Img_6d10025s
編成写真風に。

続いて、12系客車も入れて編成写真風に。まさにデキ108、最後の晴れ姿である。

この直後、入線してきた上りの普通列車に乗車。撮影地へ移動する。どこで撮影しようか悩みながら降り立ったのは、桜沢駅。ここから10分ほど寄居駅方向に歩いた桜沢陸橋で撮影することにしたのだが、ここも既に人がいっぱい。それでも、何とか撮影場所を確保。この日は鉱石列車も運転されており、普通列車や鉱石列車を撮影しながら、デキ108を待つことにした。

Img_6d10053s
デキ501が牽引する鉱石列車。

現地到着から約15分。14時25分頃、上りの貨物列車がやってきた。牽引していたのは、デキ500形のトップナンバー、デキ501。この車両が、秩父鉄道で松尾鉱業鉄道カラーを採用した最初の車両。デキ108のラストランの撮影前に、良い車両が来てくれた。

Img_6d10094s
デキ102が牽引する鉱石列車。

そして1時間後には、デキ102が牽引する鉱石列車がやってきた。デキ102は1954年製で、デキ108引退後は、この車両が最古の機関車となる。

Img_6d10127s
西日を浴びて、一路熊谷を目指す「快速秩父路デキ108号」

デキ102牽引の鉱石列車通過から18分後。「快速秩父路デキ108号」がやってきた。午後は曇り気味の天気だったが、この列車の通過前に、一気に晴れてきた。逆光になってしまうので、曇り気味でも良かったのだが、太陽の光が、引退していくデキ108へのスポットライトのように見えた。

この後、私は桜沢駅へ。後続の普通電車に乗って、ひろせ野鳥の森駅へ移動すれば、熊谷駅から戻ってくるデキ108と12系の回送列車を撮ることができるのだが、ギリギリのタイミングでは、人も多く、まともな撮影ができないと思い、追跡は諦め、秩父方面へ戻った。

最後に、これまでに撮影したデキ108の画像を4枚ご紹介して、この記事を締めたいと思います。

Img_207270004_1
秩父神社への初詣の後に・・・(2008年1月3日撮影)

ここ数年、初詣は秩父神社へ。そして、秩父鉄道の急行「開運号」を撮影することにしているのだが、2008年の初詣は、デキ108牽引の鉱石列車を、秩父神社近くの踏切で撮影することができた。

Img_215530008_1 
1000系関西線色撮影の合間に波久礼駅にて。(2008年4月5日撮影)

午後の上り列車を順光で撮れる波久礼駅で撮影できたことは、とても嬉しかった。

Img_7d9824_1s
鉱石列車運転再開に向けた重単。(2012年5月13日撮影)

鉱石列車運転再開前に見られる機関車の送込み。これまでに一度だけ撮影する機会に恵まれたが、この時、後追いではあるが、デキ108を撮影することができた。

Img_7d67531s
「ELパレオエクスプレス」を牽引するデキ108。(2018年11月24日撮影)

2018年はC58が故障により、早々と「パレオエクスプレス」の運用を離脱してしまった。秩父鉄道は、SLの代役として、電気機関車牽引による「ELパレオエクスプレス」の運行を開始。11月24日運転分は、デキ108が牽引機に抜擢された。

デキ108、69年間もの長きに渡る活躍、お疲れさまでした。

2020年も、残すところ、あと数時間となりました。今年も1年間、TOMOの鉄日誌をご覧いただき、ありがとうございました。オリンピックイヤーとなる筈だった2020年。今年は、新型コロナウイルスの影響で、今までに経験したことがない、目に見えない敵に気を付けながら生活する1年となってしまいました。そして、今年も秋から、本業が多忙だったり、疲労がたまったりと、更新頻度がかなり落ちてしまい、記事に反映できていないものが、昨年以上に残ってしまいました。来る2021年も、新型コロナウイルスに気を付けながら生活しなくてはならない年となってしまいそうです。趣味活動にも、影響が出てしまうかもしれませんが、マイペースに執筆を続けていきたいと思います。引き続き、TOMOの鉄日誌を、どうぞ宜しくお願いいたします。

|

« お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います | トップページ | 謹賀新年 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います | トップページ | 謹賀新年 »