« 秩父鉄道の貨物列車を撮影する 2021新春 | トップページ | しなの鉄道 新型車両SR1系(一般仕様車)の甲種輸送を撮影する »

西武多摩湖線 9000系9102Fが営業運転を開始

国分寺駅へのホームドア設置に伴い、9000系ワンマン運転対応車両の投入が進む西武多摩湖線。1月8日、多摩湖線用の9000系としては3本目となる9102Fが武蔵丘検修場を出場。その日のうちに、玉川上水車両基地へ回送された。9000系の多摩湖線での運用が始まって既に3か月が経過。昨年10月10日から営業運転を開始した9105Fは、出場3日後に営業運転入りをしていたので、今回の9102Fも3日以内には営業運転に入るのでは・・・と予想していたところ、本日、1月11日より多摩湖線での営業運転が開始された。

9時30分頃より多摩湖線の営業運転を開始した9102F。今日は、16時頃までは、国分寺~西武遊園地間、全線通し運転となる。どこで撮影しようか迷いながら、向かった先は一橋学園。駅の国分寺方、旧一橋大学駅跡地(国分寺8号踏切)で、9102Fを出迎えることにした。

Img_6d10537_1s
一橋学園駅を発車。国分寺へ向かう9102F。

池袋線から多摩湖線へ。同編成の特徴の一つでもあった、新2000系と同タイプのスカートは、転用改造後も健在。今日は営業運転に就いていない9105Fとは、幾つか相違点があるので、早い段階で、9105Fとの並びの写真が撮りたくなった。

Img_6d10541s
折り返しの西武遊園地行き。

そして折り返しの西武遊園地行きも、国分寺8号踏切で撮影する。西武遊園地駅は、多摩湖駅に駅名改称が予定されているため、9000系の西武遊園地行きは期間限定の姿。9102Fに関しても、西武遊園地行きを早速撮影しておいた。



この後、昼食休憩を挟んだ後、撮影地点を、一橋学園~青梅街道間に移動する。まずは、小平市中央図書館前の歩道で、9102Fを待つことに。

Img_6d10621s
一橋学園~青梅街道間を行く9102F。

そして、この後、一橋学園駅方向に移動し、折り返しの西武遊園地行きを待つことに。

Img_6d10632s
一橋学園~青梅街道間のS字カーブ区間を行く9102F。

S字カーブ区間の撮影後、一橋学園駅へ。ここから9102Fに国分寺まで乗車。国分寺駅でも9102Fを撮影してみた。

Img_6d10663s
クハ9002の運転台。

国分寺駅到着後、まずは乗車したクハ9002の運転台を撮影してみる。先に営業運転を開始した9105Fと同様、営業初日の時点では、マスコンの右隣に鍵を入れる小箱(マグネット固定式)が設置されていなかった。これは後日設置されることと思われる。

20210111_154412s
ホームドア設置工事が進む国分寺駅7番ホームに停車中の9102F。

西武遊園地幕、そしてホームドアが設置される前の国分寺駅に停車中の光景も、期間限定の姿。このシーンを撮影した後、9102Fに乗車し帰宅した。

|

« 秩父鉄道の貨物列車を撮影する 2021新春 | トップページ | しなの鉄道 新型車両SR1系(一般仕様車)の甲種輸送を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秩父鉄道の貨物列車を撮影する 2021新春 | トップページ | しなの鉄道 新型車両SR1系(一般仕様車)の甲種輸送を撮影する »