« 西武多摩川線へ向かう筈だった101系245Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | がんばれ受験生! 関東バスの東京女子大学受験生輸送 »

東京メトロ17000系 西武池袋線での試運転を撮影する

東京メトロ有楽町線・副都心線で運行している7000系を置き換えのために誕生した、新型車両17000系。デビューに向けて、相互乗り入れ先各線でも試運転が始まり、西武鉄道でも17102Fを使用した試運転が、1月20日から所沢~飯能間で始まった。試運転は、平日だけでなく、休日にも実施されており、1月23日から24日に実施された、西武多摩川線の甲種輸送の撮影の合間に、17000系の試運転も撮影することができた。

1月23日、私は、新秋津駅及びその周辺で、多摩川線に向かう筈の245Fを撮影した後、一旦、甲種輸送の撮影を中断し、17000系の試運転の撮影に向かった。秋津駅から飯能行きの電車に乗車し、向かったのは狭山ヶ丘駅。お隣の武蔵藤沢駅へ向かうつもりだったが、狭山ヶ丘駅上りホームの発車案内機に「回送」の文字を発見し、ここで待ち構えることにした。

ホーム上で待つこと、およそ5分。13時49分頃になるが、17102Fの試運転列車がやって来た。

Img_6d10873s
狭山ヶ丘駅に進入する、東京メトロ17000系17102Fによる試運転列車。

試運転列車は、狭山ヶ丘駅でいったん停車した後、所沢方面へ向けて走り去っていった。

この後、私は、後続の準急列車に乗り小手指へ。ここで、折り返してくる17102Fを待つつもりだったが、まだ時間がありそうだったので、更に後続の急行列車に乗り込み西所沢へ。3番ホームの中ほどに待機して、17102Fが戻ってくるのを待った。

Img_6d10905_1s
西所沢駅に進入する17102Fの試運転列車。

14時13分頃のこと、17102Fの試運転列車が、西所沢駅にやって来た。狭山ヶ丘駅と同様に、ここでも少々停車した後、飯能方面へ走り去っていった。

この日の試運転列車の撮影は、ここで終了。この後は、245Fの甲種輸送を撮影するため、所沢・国分寺と経由して、日野へ向かった。

そして翌日。多摩川線へ向かう筈だった245Fの出戻り甲種輸送を撮影に出かけた。その際、西所沢駅では、263F+245Fと17102Fの試運転列車が奇跡的に並んだのは、前の記事で触れたとおりである。245Fの甲種輸送撮影終了後、17102Fの試運転列車を撮影するため、飯能方面へ移動。どこで撮影しようか悩みながら降り立ったのは仏子駅。上りホームの池袋方先端で、17102Fがやってくるのを待った。

15時45分頃のこと。17102Fの試運転列車がやって来た。

Img_6d11028s
仏子駅に進入する17102F。

17102Fの試運転列車は、他の駅と同様、仏子駅でもいったん停車。進入シーンを撮り終えた後、振り向いて、走り去る17102Fを撮影した。

Img_6d11033s
仏子駅を発車する17102F。

この日は、仏子駅での撮影を以て、試運転の撮影も終了。そのまま所沢経由で帰宅した。

そして、6日後の1月30日。ある車両を撮影するため、午後から飯能方面へ向かっていた。その際、乗車していた飯能行きが、途中の入間市駅で17102Fとすれ違った。そこで、17102Fの試運転列車もターゲットに加え、撮影地を検討。新車特有の綺麗な床下機器を強調できる場所として選択したのが入間川橋梁。足場は悪いが、河原へ下りて、下から見上げるような形で17102Fを撮影してみた。

Img_6d11085_1s
入間川橋梁を渡る17102F。

15時48分頃のこと。17102Fの試運転列車が入間川橋梁を通過した。ご覧のように、この日は快晴。青空の下、入間川橋梁を渡る新型車両は、とても輝いて見えた。

この後、駅に戻ると、飯能から折り返してきた17102Fの試運転列車がやって来た。私は後続の上り列車で狭山ヶ丘へ。そこから徒歩で小手指車両基地へ向かうと、17102Fが車両基地内に入庫していた。

Img_6d11104s
小手指車両基地に入庫した17102F。

車両基地で2000系と並んだ17102F。黄色い電車と並んでくれたことに感謝しながら撮影した。

さて、小手指車両基地では、ちょっと気になる車両が・・・最後に、気になる2編成の様子をご紹介して、この記事を締めたいと思います。

Img_6d11102s
甲種輸送仕様のまま、小手指車両基地の17番線に留置中の245F。

1週間前、多摩川線に向かうために小手指を旅立ったものの、甲種輸送打ち切りで再び小手指に戻ってきた245Fは、小手指車両基地の17番線に留置されていた。ここは、以前、富山地鉄向け10000系NRAが留置されていた場所。甲種輸送の再施行に向けた調整は進んでいると思うが、ここに留置されているということは、再施行まで、まだまだ時間がかかるということなのかもしれない。隣の線には、263Fの姿が見えるが、連結器は通常のものに戻されている。

Img_6d11107s
使用休止中の2063F。

池袋線の8両編成の2000系では、唯一の幕車である2063Fは、使用休止中となっていた。この車両の使用休止はいつまで続くのだろうか。

|

« 西武多摩川線へ向かう筈だった101系245Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | がんばれ受験生! 関東バスの東京女子大学受験生輸送 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:東京メトロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武多摩川線へ向かう筈だった101系245Fの甲種輸送を撮影する | トップページ | がんばれ受験生! 関東バスの東京女子大学受験生輸送 »