« 西武多摩湖線 2000系の代走運転を振り返る 2021春 その1 | トップページ | 多摩湖線から狭山線へ 転機を迎えた西武101系ワンマン車 »

西武多摩湖線 2000系の代走運転を振り返る 2021春 その2

では、引き続き、西武多摩湖線の2000系代走運転を振り返っていきたいと思います。

西武遊園地駅から多摩湖駅へ。駅名改称を3日後に控えた3月10日の水曜日。昼過ぎから、新たな2000系が多摩湖線に送り込まれた。駅名改称、そしてホームドア稼働開始と言う、まさに歴史的瞬間を多摩湖線で迎えることになった2000系は2531F。

Img_20210312_082630_480s
国分寺駅7番ホームに停車中の2531F。(2021年3月12日撮影)

2533Fと合わせて、一時期、池袋線で運行されていたため、行先表示がフルカラーLEDになっているのが特徴。8両編成ではお馴染みのフルカラーLED式行先表示だが、4両編成では、2531Fと2533Fの2編成のみである。

20210312_185404s
一橋学園駅で9108Fの西武遊園地行きと交換する2531F。(2021年3月12日撮影)

20210312_190711s

9105Fの国分寺行きと交換する2531Fの西武遊園地行き。(2021年3月12日撮影)

ちょうど仕事が忙しい時期と重なり、この頃になると、あまり撮影できず、ただ自宅と職場との往復の手段の一つとして、多摩湖線に乗るだけの日々が続いていたが、駅名改称前日である3月12日は、朝と帰宅時に少しだけ、多摩湖線の撮影をした。

そして駅名改称当日の3月13日は、雨の1日となり、この日は萩山駅へ多摩湖線の駅名改称記念乗車券を買いに行っただけで、多摩湖行きの本格的な撮影は、お天気が回復した翌日の14日にした。

Img_6d19893s
萩山駅に進入する2531Fの多摩湖行き。(2021年3月14日撮影)

42年ぶりに見る多摩湖行き。1979年の駅名改称時、私は当時5歳だった。保育園へ通う際、萩山1号踏切を毎日通過し、朝の通勤時間帯、連結作業のため、この踏切付近でいったん停車する、拝島発の急行電車の車掌さんに向かって手を振ることが日課だった。その時に、多摩湖行きの電車も見ている筈なのだが、当時の多摩湖行きの印象はあまり残っていない。令和の時代に復活した多摩湖行き。国分寺と同じく漢字3文字の行先なので、西武遊園地よりもすっきりした印象に見える。

歴史的瞬間を多摩湖線で迎えた2531Fも、予定通り、3月17日の昼頃までで終了。同日より、新たに2539Fが送り込まれた。

Img_6d19925s
八坂~武蔵大和間を行く2539F。(2021年3月20日撮影)

2539Fの入線後、最初の土曜日となった3月20日、自転車で外出し、八坂~武蔵大和間で2539Fを撮影してみた。まず、多摩湖行きを東村山中央公園で撮影。

Img_6d19936s
折り返し国分寺へ向かう2539F。(2021年3月20日撮影)

そして、多摩湖駅から戻ってくる2539Fを、新青梅街道の美住陸橋から撮影してみた。

2539Fも、これまでの編成と同様、1週間で終了。3月24日の昼過ぎからは、2517Fが送り込まれた。2517Fは、2月24日から3月3日まで多摩湖線の代走運用に就いており、この春の代走としては2度目の入線となる。

20210325_192902s
萩山駅で9103Fの多摩湖行きと交換する2517Fの国分寺行き。(2021年3月25日撮影)

2517Fが多摩湖線に送り込まれた3月24日は、9000系の多摩湖線ワンマン運転用としては4本目となる9103Fが、武蔵丘検修場を出場。既に4本目と言うこともあってか、翌日の3月25日夕方には、早くも多摩湖線での営業運転を開始。早速、萩山駅で9103Fと2517Fの並びを撮影することができた。

Img_6d20206_1s
菜の花が咲く青梅街道~萩山間を行く2517F。(2021年3月27日撮影)

桜、そして菜の花が咲き、多摩湖線もすっかり春らしくなってきた。真っ赤な9103Fの加入により、多摩湖線の運用を回すための最低必要本数である4本が揃ったのだが、2000系による代走は、まだしばらく続くことに。3月31日の昼過ぎからは、2537Fが送り込まれた。

Img_6d20342s_20210601000201
桜と2537F。(2021年4月3日撮影)

今年は桜の開花が早く、更に桜の見ごろのシーズンに、桜と多摩湖線の組み合わせを撮ることが出来ず、2537Fを撮影した4月3日時点では、既に桜も散り始めており、少しでも多く花が残っていた木を背景にして撮影してみた。散りゆく桜と共に、2000系の代走も、そろそろ終わりが近付いてきているのか。そんな事を考えていたのだが、翌週、4月7日の午後からは、新たに2527Fが送り込まれた。

Img_sx9371_01
八坂駅に進入する2527F。(2021年4月12日撮影)

4月に入ると、レッドアロークラシックの運行終了が発表されたため、土日はレッドアロークラシックの撮影がメインとなり、自然と、多摩湖線を撮影する回数が、更に減ってしまった。2527Fに関しては、代走終了2日前にようやく撮影するという状況になってしまった。

そして2日後の水曜日。いつも通り車両交換が行われ、2537Fが送り込まれた。

Img_6d20849s
八坂~武蔵大和間を行く2537F。(2021年4月17日撮影)

4月17日から18日にかけて、西武多摩川線の甲種輸送が実施された。2527Fのように、殆ど撮影できなかったという事にならないように、この2日間は、甲種輸送の撮影の合間に、多摩湖線もしっかり撮影。

Img_6d21272s
萩山駅を発車。一路、多摩湖へ向かう2537F。(2021年4月18日撮影)

2537Fも、これまでの車両と同様に、あと3日は走るだろうと思っていたのだが、翌朝、多摩湖線の線内運用から2000系が消えて、9000系が4編成、全ての編成が運用に就いているのを確認。2か月以上に亘って実施された2000系による代走運転は、完全に終了。4月19日以降、多摩湖線は、新宿線からの直通運用を除き、全ての列車が9000系での運転となった。

参考:2020年以降の多摩湖線ワンマン運転非対応車による代走運転の記録 
 
2020年 3月30日から 4月 1日の6433列車まで・・・2517F 2020年 5月11日付記事参照
2020年 4月 1日の6436列車から 4月 8日の6433列車まで・・・2543F 2020年 5月15日付記事参照
2020年 4月 8日の6436列車から 4月15日の6433列車まで・・・2545F  2020年 5月17日付記事参照
2020年 4月15日の6436列車から 4月19日まで・・・2535F 2020年 6月 1日付記事参照
2020年 5月15日夜から 5月16日の6033列車まで・・・2515F 2020年 6月25日付記事参照
2020年 6月22日から 6月24日の6433列車まで・・・2529F 2020年 7月18日付記事参照
2020年 6月24日の6436列車から 7月 1日の6433列車まで・・・2517F 2020年 7月18日付記事参照
2020年 7月 1日の6436列車から 7月 8日の6433列車まで・・・2533F 2020年 7月26日付記事参照
2020年 7月 8日の6436列車から 7月12日まで・・・2539F 2020年 7月26日付記事参照
2021年 2月 8日から 2月10日の6433列車まで・・・2523F
2021年 2月10日の6436列車から 2月17日の6433列車まで・・・2511F
2021年 2月17日の6436列車から 2月24日の6433列車まで・・・2541F
2021年 2月24日の6436列車から 3月 3日の6433列車まで・・・2517F
2021年 3月 3日の6436列車から 3月10日の6433列車まで・・・2507F 
2021年 3月10日の6436列車から 3月17日の6433列車まで・・・2531F
2021年 3月17日の6436列車から 3月24日の6433列車まで・・・2539F
2021年 3月24日の6436列車から 3月31日の6433列車まで・・・2517F
2021年 3月31日の6436列車から 4月 7日の6433列車まで・・・2537F
2021年 4月 7日の6436列車から 4月14日の6433列車まで・・・2527F
2021年 4月14日の6436列車から 4月18日まで・・・2537F

(
2020年以前の記録は2020年7月26日付記事参照
(2021年2月8日から3月10日の6433列車までは2021年5月27日付記事参照

|

« 西武多摩湖線 2000系の代走運転を振り返る 2021春 その1 | トップページ | 多摩湖線から狭山線へ 転機を迎えた西武101系ワンマン車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武多摩湖線 2000系の代走運転を振り返る 2021春 その1 | トップページ | 多摩湖線から狭山線へ 転機を迎えた西武101系ワンマン車 »