« 営業運転を開始した西武40000系40155Fを撮影する | トップページ | 西武40000系 40155Fが新宿線の運用に就く »

海の日 米タンを撮る

7月22日、海の日の撮影記です。

東京オリンピック開催に伴い、今年の海の日は、7月19日から22日へ変更。木曜日が祝日となった。

弊ブログでは、火曜日と木曜日が祝日と重なった場合、祝日の恒例企画として、米軍横田基地への燃料輸送列車(通称:米タン)の観察を行っている。日頃は、なかなか撮影出来ないこの列車。果たして、今回は、上手くいくだろうか。

自宅から徒歩で萩山駅へ。ここから西武拝島線の列車に乗り込み、拝島に到着したのは10時08分のこと。早速、駅前の横田1号踏切へ向かう。玉川上水を渡った先にある横田2号踏切付近に、カメラを持った方が数名待機しており、米タンが運転されることは間違いなさそう。早速、撮影場所を確保し待機する。

待つことおよそ15分。踏切が鳴り出した。

Img_6d25256s
横田基地専用線を行く、米タン返空列車。 

10時25分、DE11 2004号機が牽引する米タンの返空列車がやって来た。DE10及びDE11については、JR貨物の新型ディーゼル機関車、DD200形への置き換えが決定しており、米タンも、鶴見線の安善駅から先の区間については、新型のDD200形が入線しており、いずれは、この区間にも・・・ 最近は、そんな事を考えながら撮影するようにしている。

Img_6d25259s
後追い。

振り向いて、走り去るタキ1000を撮影してみる。この日は、最後部車両にも、入替を担当する職員さんが乗っていた。

専用線での撮影を終えた私は、拝島駅へ戻り、青梅線のホームへ。ここで、暫くの間、機関車の入替シーンを撮影することに。

Img_6d25263s
役目を終えて、留置線へ向かうDE11 2004号機。

10時34分、役目を終えたDE11 2004号機が、留置線に向かった走り出した。

Img_6d25268s
後追い。

住宅地に近い横浜羽沢駅周辺への騒音対策として、防音対策が施されているDE11の2000番台車。特徴ある足回りを撮るには、やはり拝島駅のホームが一番。

そして、DE11が留置線に向かってから約20分後。10時57分頃になるが、安善までの牽引を担当する機関車が拝島駅にやって来た。

 Img_6d25282s
拝島駅に到着したEF210-119号機。

この日、米タンを牽引するために、拝島駅に送り込まれてきたのは、新鶴見機関区に所属するEF210-119号機。祝日にしては、撮影している人が少ないと感じていたのだが、EF210の100番台車も、少しずつではあるが、塗装変更が進んでいるので、牽引機に関係なく、しっかり記録しておきたい。

と言う事で、早めに撮影地に行かなくても大丈夫そうと判断した私は、EF210の入替シーンも記録することにした。

Img_6d25286s
拝島駅で八高線の209系3100番台車と並ぶ。

拝島駅に到着したEF210-119号機は、米タンのタキが入線している線の左隣の線に入線。その後、一旦引き上げた後、タキ1000に連結するのだが、ここで八高線の209系3100番台車と並んでくれた。りんかい線の70-000形からの編入で生まれた209系3100番台車は、209系3500番台車及びE231系3000番台車のワンマン運転対応工事が済めば、おそらく運用を離脱することになると思われるので、こんな並びが見納めとなる時が、すぐそこまで迫っているのかもしれない。

Img_6d25290s_20210725202601
一旦、留置線に引き上げるEF210-119号機。

11時01分、EF210-119号機が、入替のため、留置線に向かった。

Img_6d25294s
DE11 2004号機に見送られ、タキ1000が待機する中線へ向かう。

留置線で、横田基地専用線内の牽引を担当した、DE11 2004号機と一瞬の出会いを果たした後、EF210-119号機は、待機しているタキ1000の元へ向かう。

Img_6d25301s
連結作業に臨むEF210-119号機。

11時05分、EF210-119号機は、タキ1000との連結作業が完了した。

この後、私は、米タンに先行する青梅線の上り列車に乗り込み、西立川へ移動する。乗車中の青梅線の電車内から、西立川~東中神間の線路沿いの道を見てみると、この時点で待機していた撮影者は2名と少なめ。私も、西立川駅到着後、東中神方面へ5分ほど歩き、線路沿いの道へ向かった。

Img_6d25313s
EF210-119号機が牽引する米タン返空列車。

11時35分、EF210-119号機が牽引する米タン返空列車がやって来た。手短に撮影を済ませた後、急いで西立川駅へと戻り、後続の青梅線の上り列車で立川へ。更に南武線に乗り換えて西府駅へ向かうことに。急いで行っても、米タンを追い越すことはないのだが、前回、米タンを西府駅で撮影した際に、川崎貨物駅行きの8460列車を撮影していることから、今回も、この列車を撮ろうと考えたのだが・・・

Img_6d25322s
EF210-132号機が牽引する川崎貨物行き8460列車。

西府駅到着からおよそ4分後。川崎貨物行き8460列車はやって来たが、運悪く、この日は背後から南武線の下り立川行きが迫って来ていたため、被りを避けるにはこれが精一杯であった。

この直後、下りの貨物列車が来ることは、以前目撃していたので、急いで上りホームへ移動。

Img_6d25328s
EH200-3号機が牽引する八王子行き85列車。

12時16分、EH200-3号機が牽引する貨物列車がやって来た。この列車は、根岸発八王子行き85列車。EH200がタキ1000かt画を牽引する姿は、すっかり見慣れた光景だが、数日前、愛地機関区へEH200-12号機が送り込まれている。また、それ以前には、EH200の運行路線の一つである上越線に、EH500が入線試験を行っている。どうやら、中央西線に残るEF64の1000番台の置き換え用に、EH200を捻出するための動きが始まっているようで、EH200も近い将来、転機を迎えることになりそう。中央西線も撮影に行きたいなあ・・・

85列車の撮影を以て、この日の撮影は終了。西府駅より撤収した。

|

« 営業運転を開始した西武40000系40155Fを撮影する | トップページ | 西武40000系 40155Fが新宿線の運用に就く »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

貨物:米タン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 営業運転を開始した西武40000系40155Fを撮影する | トップページ | 西武40000系 40155Fが新宿線の運用に就く »