« 西武40000系 40155Fが新宿線の快速急行に充当される | トップページ | 西武国分寺線の運用に就いた2000系2455F+2513F »

西武6000系 6115Fが玉川上水車両基地へ回送される

8月14日、午後の撮影記です。

西武鉄道では、列車無線のデジタル化を進めており、車両側の改造もだいぶ進んできた。廃車が進行している形式の場合、特定の編成でデジタル化が行われていないと、この車両は廃車が近いのかな。そんな事を考えてしまう。

先月辺りから、池袋線の6000系が玉川上水車両基地へ回送されたという目撃情報を、Twitterでも良く目にするようになった。玉川上水車両基地への回送は、二週間に一度、土曜日の午後に行われており、7月17日には6112F、7月31日には6113Fが回送されていた。これら2編成は、既に営業運転に復帰しており、前回の回送からピッタリ二週間が経過しており、6000系の玉川上水車両基地への回送があるのではないかと予想していた。

13時50分、私は、所沢駅の2番ホームへ行ってみた。ホームの発車案内機に「回送」の文字が出れば、間違いなく6000系だろう。そう思いながら、暫くホーム上で様子をうかがうことに。14時01分、急行西武新宿行きが発車すると、発車案内機の二段目に「回送」の文字が現れた。そこで、14時11分発の各駅停車西武新宿行きに乗車し先回りをすることに。所沢駅を発車し、池袋線の線路を潜った後、池袋線の線路上を見ると、6000系の上り回送列車が所沢駅へ向かっているのを目撃した。

池袋線の車両が玉川上水車両基地へ向かう場合、所沢から新宿線を西武新宿方面へ向かうが、拝島線との分岐点である小平駅では、西武新宿方の引き上げ線で折り返すことになるのだが、この引き上げ線は、拝島線の折り返し列車が、引き上げ線を頻繁に使うこと、そして、引き上げ線の有効長が、8両分しかないことから、小平駅より先、田無駅または上石神井駅までは回送することになる。以前、上石神井駅で折り返す池袋線の6000系を見たことがあるが、もう何年も前の話で、今はどうなっているのか確認していない。そんな事を考えている内に、列車は小平駅に到着。向かい側のホームには、拝島発の急行列車が待機しており、この列車に乗り換えて、先を目指すことにしたのだが・・・

乗り換える際に、小平駅の4番ホームの発車案内機を見ると、「通過」の文字がなく、急行西武新宿行きの案内しか出ていなかった。6000系の回送列車は、東村山駅で暫く停車し、後続の急行列車を先に通すようだ。またTwitterを検索してみると、玉川上水車両基地へ向かう回送列車の萩山駅通過は14時57分らしく、時間的に見て、上石神井駅ではなく、田無駅での折り返しの可能性が高い。

私は、花小金井駅で下車。ここで、6000系の回送列車を待つことにした。しかし、撮影後、すぐに玉川上水方面へ向かわないと、6000系の回送列車に先行できなくなるため、到着後、一旦、花小金井駅の改札口を出場。すぐに再入場をしておいた。これで、撮影後、すぐに折り返し乗車ができる。

ホームの下り方先端で待つことおよそ5分。14時37分頃になるが、6000系の回送列車がやって来た。近付いてきたところで撮影を開始するのだが、それと同時に、やや遅れて運転していた、下りの本川越行きが花小金井駅を発車した。

Img_6d25788s
花小金井駅を通過する6115Fの回送列車。

この日、玉川上水車両基地へ向かったのは6115Fだった。同編成が花小金井駅に差し掛かった際、8月10日から新宿線での営業運転を開始した40155Fによる急行本川越行きと、ピッタリ並んでしまった。新宿線らしいシーンを入れて撮りたいとは思っていたが、このタイミングで、40155Fと並ぶとは・・・

花小金井駅での撮影を終えた私は、後続の拝島行きで萩山へ。その際、小平駅を発車した後、ドラえもんラッピング車となっている、38101Fの小平行きとすれ違った。この日、38101Fの運用を把握していなかったが、小平駅で6115Fを迎撃すれば、もしかしたら、引き上げ線上の38101Fとの並びが撮れたのかもしれないが、気付いた時には遅かった。

14時50分、萩山駅に到着。改札口を出て、駅手前の通称「萩山カーブ」へ。

Img_6d25793s
小平~萩山間を行く6115Fの回送列車。

14時57分、6115Fの回送列車がやって来た。カーブに差し掛かる6115Fを撮り終えた後、歩いて、萩山駅方向へ。

Img_6d25802s
萩山駅を通過する6115Fの回送列車。

駅手前、多摩湖線青梅街道4号踏切付近からカメラを向けてみた。タイミング良く、3番ホームには、急行西武新宿行きが入線してきているが、3番ホームから国分寺方面へ向かう線路もしっかり写っており、萩山駅らしさを入れて撮ることができた。

6115Fの回送列車は、この先、小川駅で側線に入線し暫く停車するため、後続のドラえもんラッピング電車による拝島行きに乗り込めば、小川駅や東大和市駅でもう一度撮影が出来るのだが、ここで撮影を終了とし、徒歩で自宅へ向かった。

|

« 西武40000系 40155Fが新宿線の快速急行に充当される | トップページ | 西武国分寺線の運用に就いた2000系2455F+2513F »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武40000系 40155Fが新宿線の快速急行に充当される | トップページ | 西武国分寺線の運用に就いた2000系2455F+2513F »