« 代走運用継続中 西武国分寺線 2000系2455F+2513Fを撮影する | トップページ | 西武新宿線 休日ダイヤの名物列車、快速急行が2本とも2000系で運転される »

キヤE193系「East i-D」武蔵野線を行く

引き続き、9月1日の撮影記です。

小川駅での撮影を終えた私は、所沢を経由し秋津へ。ここから徒歩連絡を経て、新秋津駅から武蔵野線に乗り込み東浦和へと向かった。

月刊誌「鉄道ダイヤ情報」の掲載締め切りに間に合わなかった新着情報などを取り上げる「DJ鉄道楽ナビ」に、JR東日本が所有する事業用車両、キヤE193系「East i-D」が、越中島貨物線の検測を終えた後、武蔵野線を経由して宇都宮へ向かうとの情報が掲載されていた。事業用車両が好きな私。これまでに、勝田車両センターに所属し、JR東日本の標準軌区間を除く電化区間をカバーするE491系「East i-E」は、何度も撮影しているのだが、気動車である「East i-D」は、あまり撮った事がない。こんな情報を目にしてしまっては、撮影するしかない。

キヤE193系「East i-D」のこの日の目的地が宇都宮と言う事で、武蔵野線を走るのは、馬橋(南流山)~武蔵浦和間。この区間内で撮影できる場所として思いついたのが、東浦和付近。通称「ヒガウラ」と呼ばれる有名撮影地である。私自身、この場所を訪れるのは久々。とりあえず、東浦和駅から次の東川口駅方向へ向けて、線路に沿って歩いていく。しかし、実際に線路に沿って歩いてみると、季節柄、草がかなり伸びており、なかなか撮影できる場所がない。15分ほど歩いて、ようやく撮れそうな場所を見つけて、キヤE193系「East i-D」の通過を待つことに。

15時20分、お目当てのキヤE193系「East i-D」がやって来た。

Img_6d26327s
武蔵野線東浦和~東川口間を行く、キヤE193系「East i-D」+マヤ50。

マヤ50を挟んだ4両編成で、武蔵野線を行くキヤE193系「East i-D」。気動車であるキヤE193系「East i-D」は、数年前まで、首都圏各線を走行する際、気動車を運転できる乗務員がいない路線では、機関車牽引での運転だったが、レール輸送用に使用されていた貨車や、事業用列車牽引用に残されてきた機関車の老朽化に伴い、レール輸送列車の気動車化や工事用車両の牽引用電車・気動車の導入を進めたことで、気動車を運転できる乗務員が増えたことから、かつては、機関車牽引での運転だった武蔵野線でも、自力走行する姿が見られるようになった。

Img_d14020_1s
EF65に牽引され、武蔵野線の馬橋支線を行く、キヤE193系「East i-D」(2009年12月5日撮影)

電気機関車が先頭に立つ姿も魅力的ではあるが、事業用車両好きの私としては、キヤE193系「East i-D」が単独で走る姿の方が魅力的。武蔵野線を自力で走行する姿は、あまり見慣れていないだけに、とても新鮮に見えた。

Img_d18054_1s
カシオペアカラーのEF81が牽引したこともあった。(2010年5月29日撮影)

平日の午後。お天気も悪く、機関車牽引でないと言うこともあってか、この場所で、キヤE193系「East i-D」を撮影していたのは、私一人だけだった。その分、撮影をのんびり楽しむことができた。

|

« 代走運用継続中 西武国分寺線 2000系2455F+2513Fを撮影する | トップページ | 西武新宿線 休日ダイヤの名物列車、快速急行が2本とも2000系で運転される »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 代走運用継続中 西武国分寺線 2000系2455F+2513Fを撮影する | トップページ | 西武新宿線 休日ダイヤの名物列車、快速急行が2本とも2000系で運転される »