« 防災の日 正午の中井駅 | トップページ | キヤE193系「East i-D」武蔵野線を行く »

代走運用継続中 西武国分寺線 2000系2455F+2513Fを撮影する

さて、防災の日の訓練の様子を撮影した後は、小川駅へ移動する。

弊ブログ、8月23日付記事 でも触れているように、西武国分寺線では、2000系6両固定編成の2031Fが、武蔵丘検修場へ入場したことにより、8月11日から、2455F+2513Fと言う2+4の編成が運用に就いている。この組み合わせを、8月20日に撮影し、弊ブログでも取り上げているのだが、その後も、2455F+2513Fが運用に就いているのを見かける日もあり、どうやら2031Fの出場まで、代走運用が続く模様。

この日も、西武線アプリの列車位置情報で、国分寺線を走行している2000系の車両情報を見てみると、1本だけ、弱冷房車を連結していない編成があり、2455F+2513Fが走っていることを見付けた。

中井駅から各駅停車で鷺ノ宮駅へ。ここでタイミング良く拝島行きの急行に乗り継ぐことができた。そのまま小川駅まで乗車。雨が降り出してきたこともあり、そのままホーム上で、2455F+2513Fが来るのを待つことにした。3番ホームの国分寺方で待つことおよそ15分。2455F+2513Fの東村山行きがやって来た。

Img_6d26285s
小川駅に進入する2455F+2513Fによる東村山行き。

小雨降り続く小川駅に進入する2455F+2513F。前パン、しかも菱形パンタグラフ搭載という事で、その姿は、とても勇ましく見える。

Img_6d26287s
国分寺行きと交換。

振り向いて、国分寺行きとの交換シーンを撮影。入線してきた国分寺行きは2033F。旧2000系のデザインを受け継いでいるが、現在武蔵丘検修場に入場中の2031F、そして、2両編成の2417Fと2419Fの4編成は、1986年3月23日に発生した、西武新宿線田無駅での列車衝突事故で被災した車両の代替として、1986年から1987年にかけて製造された。車内も、新101系ワンマン車や、東急車輛(現:総合車両製作所)で更新工事を実施した新2000系の更新車と同等の更新工事を施されていることから、今後も暫くは活躍が見られそうである。

この後、反対側のホームへ移動し、東村山駅から折り返してくる2455F+2513Fを撮影することに。

Img_6d26291s
2513Fを先頭に、小川駅に進入する国分寺行き。

本来であれば、ホームの先端で撮影したかったのだが、実は、この国分寺行きと交換する東村山行きに乗り込んで、次の目的地へ移動することになっていたため、6両編成の最前部位置より20メートルほど離れた場所から撮影に臨んだ。

20210901_134021s
2047Fの東村山行きと並ぶ。

スマホのカメラで、2455Fと2047Fの並びを収めた後、停車中の東村山行きに乗り込み、次の目的地へと向かった。

お天気の良い日に、もう一度、2455F+2513Fが撮れるといいなあ・・・

|

« 防災の日 正午の中井駅 | トップページ | キヤE193系「East i-D」武蔵野線を行く »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 防災の日 正午の中井駅 | トップページ | キヤE193系「East i-D」武蔵野線を行く »