カテゴリー「スポーツ」の11件の記事

プロ野球セパ交流試合 西武×中日戦を見に行く

プロ野球は、今年もセパ交流線の季節となった。

今年も、熱狂的ライオンズファンであるミッチーの気分はさくらいろの管理人、ミッチーさんとの恒例の交流戦観戦を、6月1日に実施。今回は土日のデーゲームと言うことで、いつもの2人だけではなく、特別ゲストとして、ライオンズファンのあしがら&さがみさんとドラゴンズファンのふずりなさんを迎え、合計4人で賑やかに観戦となりました。

当日、私は上北台からの西武バスで西武ドームに到着したのは、12時ごろの事。既に他の皆さんは球場内へ。日曜日のデーゲームと言うことで、観客数も多く、これまでに観戦した交流戦とは比較にならないほど。とりあえず3塁側の内野自由席に腰を下ろす。

2008_06_01_0180001

今年もセパ交流戦、西武×中日戦を観戦しに西武ドームへ。

試合前、ドラゴンズのマスコットキャラクターであるドアラと、ライオンズのマスコットキャラクター、レオとライナによるショウも行われ、この時点では終始和やかなムード。

続きを読む "プロ野球セパ交流試合 西武×中日戦を見に行く"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中日ドラゴンズ アジア王座に

中日ファンとしては、この話題も触れておかなくてはならない。

53年ぶりの日本一になった中日ドラゴンズ。次のハードルとして、アジアシリーズ2007の日本代表として出場したが、本日の決勝戦、6-5で韓国代表を破り、アジア王座に就いた。

決勝戦の模様は、テレビの中継で見ていたのだが、8回裏、中日の2番手、岡本投手が同点ホームランを打たれ、「またかよ」と一瞬思ったのだが、同点止まりだった事が、まだ中日に分があった。9回表、頼れる2番打者の井端選手がしっかりと勝ち越しタイムリーを打ち、最後は守護神、岩瀬投手が抑えた。

53年ぶりの日本一、そしてアジア王座達成と、最高のシーズンだった。選手の皆さん、感動をありがとう。そしてお疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

53年ぶり悲願達成!中日ドラゴンズ日本一に!

今日は何と言ってもこの話題から。

日本シリーズ第5戦、我が中日ドラゴンズが、北海道日本ハムを1-0で破り、53年ぶり、悲願の日本一を達成した。中日ドラゴンズファンになって、約20年。どれだけこの日を待ち望んだ事か。

試合の方は、8回表まで、先発の山井投手がパーフェクトに抑え、日本シリーズ初の完全試合も期待されたが、最後は、ストッパーの岩瀬投手に交代。山井投手の完全試合も見たかったが、先発とストッパーの2人でパーフェクトに抑えたというのも、恐らく日本シリーズ初だろうし、中日ドラゴンズファンとしては、日本一の瞬間を見られた事が嬉しかった。(本当は生で見たかったけどね)MVPを取った、中村紀洋選手のインタビューは、見ていたこちらも泣けてしまった。

さあ、今日はこれから祝杯だ。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

中日ドラゴンズ 日本シリーズ進出決定!

今日は、何と言ってもこの話題から。

我が中日ドラゴンズが、見事にクライマックスシリーズで巨人を3タテ。2年続けて日本シリーズ進出が決まった。

いやあ、思えば今シーズンは、優勝マジックを点灯させておきながら、最終的に力尽き、リーグ優勝は巨人に譲ってしまった。それでも、巨人と中日との力の差は殆ど無かったと私は思う。一度死んだ中日ドラゴンズは、クライマックスシリーズに入ってからが強かった。これまで、短期決戦に弱いと言うイメージが強かった中日らしからぬ闘いぶりに、何となく期待してしまう。そして今日、1点差に迫られるも、谷繁選手のホームランで勝利を確信。あとはテレビの前で感動の瞬間を待った。

でも、今日の地上波の中継は、日本テレビ。最後の落合監督のインタビューは、もう少し見せてもらいたかったのだが、あっさりと終了。まあ仕方ないか。

さて、パリーグの相手は、こちらも2年続けて北海道日本ハム。昨年は悔しい思いをしているだけに、是非とも、このままの勢いで勝ち続けて日本一になってもらいたい。頑張れ、中日ドラゴンズ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロ野球セパ交流試合 西武×中日戦を見に行く

今年もプロ野球は、セパ交流戦に突入。今年もミッチーの気分はさくらいろの管理人、ミッチーさんのご好意で、25日のグッドウィルドームで開催された西武×中日戦を観戦してきました。

25日夕方、私は仕事が片付かず、西武球場前駅に到着したのは、19時を過ぎていた。当然の事ながら、既にミッチーさんは到着済み。昨年同様、まず先に西武球場前駅に停車していた車両の撮影からスタート。

Img_149300001

この日は、東京メトロ10000系が西武球場前まで入線していた。10000系の西武球場前駅での撮影は、この日が初めてであった。

Img_149330002

交流戦期間中は、平日でも運転される特急列車。折り返し21時30分までの間、この場所で過ごす。

続きを読む "プロ野球セパ交流試合 西武×中日戦を見に行く"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中日ドラゴンズ優勝!

ここ数日、ADSLモデムが不調で更新が遅れていまして、明日まではダイヤルアップでの接続を余儀なくされていますが、中日ドラゴンズファンの一人として、この話題だけはどうしても上げておきます。

昨日、我が中日ドラゴンズが2年ぶりのリーグ優勝を決めた。東京ドームでの巨人戦。巨人の優勝の可能性もないせいか、地上波のテレビでの中継は無かったので、ニュース番組のスポーツコーナーが待ち遠しかった。試合は延長戦にもつれ込み、12回表、福留選手のタイムリーヒットで勝ち越し。さらに、その直後、ウッズ選手の満塁アーチで優勝を決定付けた。そして12回裏を岩瀬投手が押さえて、2年ぶりの優勝を決めた。

各局のスポーツニュースや今朝の朝刊を見ると、指揮官の落合監督が試合中から泣いていたという。おそらく12回表のウッズ選手の満塁ホームランが出た後だろう。落合監督は、現役時代、FAで中日から巨人に移籍したが、後に巨人にFAで清原が移籍してくる事が決まると、巨人を追い出されるように退団して日本ハムに移籍した。落合監督の脳裏に、その頃の事が蘇って来たのだろうか。

さあ、残す目標はただ一つ。それは日本一になる事。もし、日本シリーズで優勝すれば52年ぶりの日本一となる。中日ファンは52年間、日本一を待ち望んでいるのだ。今年こそ、日本一に。そして、今度はナゴヤドームで落合監督の胴上げが見られる事を信じて、中日ドラゴンズに声援を送る事にしよう。頑張れ、中日ドラゴンズ!

この記事から下記ブログへトラックバックを送信しています。
Simplex's Memoさん
ドラマティック・ドランク・ドラゴンズさん

| | コメント (7) | トラックバック (2)

セパ交流試合 西武×中日戦を見に行く

セパ交流戦もいよいよ終盤に差し掛かったプロ野球。我が中日ドラゴンズは、昨年、この交流戦を大きく負け越してしまったが、今年は今のところまずまずの成績を維持している。今日は、弊ブログと相互リンクを貼っているミッチーの気分はさくらいろの管理人、ミッチーさんとインボイス西武ドームで開催された西武ライオンズ×中日ドラゴンズ戦を観戦してきた。

私が西武球場前駅に到着したのは、18時30分頃のこと。既にミッチーさんは到着していた。とりあえず、駅を出る前に6番ホームに停車していたスタジアムエクスプレスを撮影した。

Imgp62760001

西武球場前駅6番ホームで21時過ぎまで留置されている「スタジアムエクスプレス」号。今日は10104Fが使用された。

撮影後、改札を出る。改札口で待機していた駅員さんは、全員、西武ライオンズのユニホームを着用していた。

Imgp62770002

改札口で待機している駅員さんは全員このスタイル。駅全体が野球ムードに。

ここでミッチーさんと合流し球場内へ。ライオンズ後援会にも入られているミッチーさんのご好意により、内野指定席の引換券をいただき3塁側へ。ミッチーさん、ライオンズファンでもあるが、セリーグは中日をご贔屓にしているとの事で、実にありがたいことです。

で、指定された席に行ってみると・・・

Imgp62780003

指定された席からの眺め

続きを読む "セパ交流試合 西武×中日戦を見に行く"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

プロ野球 セパ交流試合を見に行く

5月10日(火)の出来事。

今年からプロ野球の改革の一環で設けれれたセパ交流試合。文字通り、セリーグのチームとパリーグがチームが対決をする。実は、この日より、私の自宅から30分以内で行けると言う立地条件であるインボイス西武ドームで、西武ライオンズ×中日ドラゴンズの3連戦が開催されている。中日ドラゴンズファンの私としては、自宅から近い場所でもあるし、去年の日本シリーズの雪辱を晴らすためにも選手たちを激励したくなり、仕事帰りに、そのままインボイス西武ドームへと向かったのだ。

私がインボイス西武ドームに着いたのは19時20分近くのこと。早速、外野の自由席券(1600円)を購入し、3塁側へ入場する。既に外野の自由席は、大勢の中日ファンで埋め尽くされていた。よって立ち見。私も中日ファンの皆さんに混じって、選手たちへ声援を送った。

IMGP2359

西武先発帆足、中日先発山本昌、どちらも好投で試合は投手戦。山本昌のワイルドピッチが残念だったが、外野席で見守っていても本当に白熱した投手戦といった感じだった。

IMGP2361

試合は、9回裏。西武ライオンズ先頭打者のカブレラが、中日2番手ピッチャー、岡本から見事なサヨナラホームランを放ち、西武ファンにとってはたまらない劇的な幕切れであったが、中日ファンの私にとっては大変残念な結果であった。足早に西武球場前駅へと戻ることにした。

西武球場前駅に戻ると、駅の発車案内機に面白い列車を見つけた。

IMGP2362

通常だと、21時16分発の清瀬行は設定されていない。また25分発も普段は西所沢行。交流試合で、普段の試合よりも観客が多いだろうと言う判断からか、とにかく、何が何でも所沢までは繋ごうと言う意図が読めるような列車設定であった。同行した友人も清瀬行が面白そうだと言うので、6番ホームへ移動した。

IMGP2364

この清瀬行、車両は301F充当。乗務員室内の列車番号表示機によると8054列車だそうだ。タイミングが良かったのか、車内はまだガラガラ。先頭車両から3両目の位置まで行っていた為、発車してからも、この位置はガラガラだった。8054列車の車内から確認できたのは、21時11分頃に旧2000系による西武球場前行きが西武球場前駅に到着。折り返し、21時18分発の西武新宿行きになったことと、21時25分発のひばりヶ丘行は3000系による運転だったと言うこと。交流試合期間中は、このダイヤでの運転になるだろうから、なかなか面白い列車も走るかもしれない。機会があれば、野球臨の観察もしてみたいと思う。

このあと、我々は所沢で下車し、駅近くの居酒屋で一杯やって帰宅した。中日ファンとしては、試合に負けてしまったことは残念だったが、久々に球場で観戦し、応援団と共に中日ドラゴンズの応援歌を唄ったりして、気分的にはすっきりしたので、その後のお酒も清清しい気持ちで飲むことができた。交流試合、中日ドラゴンズは苦戦している。そろそろ会心の勝利と言うのを見てみたい。頑張れ!中日ドラゴンズ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西武 潮崎哲也ノンストップトレイン運転

3月26日(土)、2005年のプロ野球もいよいよスタート。一足早くパ・リーグが開幕した。

この土日、開幕3連戦となったが、西武鉄道と文化放送では2005年のプロ野球公式戦開幕を記念して、池袋駅から西武球場前駅までの間、「潮崎哲也ノンストップトレイン」が運転された。車内では、元西武ライオンズOBの潮崎哲也氏と文化放送の斉藤一美アナとのトークショウを楽しんでもらいながら、西武球場前までノンストップで行く列車で、池袋~西武球場前間の乗車券を持っていれば誰でも乗れるというもの。西武ライオンズファンにとっては堪らない列車なのだろう。

27日の日曜日、ちょうど外出する予定があったので、池袋線経由で出かけることにして、このノンストップトレインを大泉学園駅で撮影することにした。実は、池袋で撮影する予定だったのだが、私の不注意で、列車の時刻を勘違いしていたことから、時間が間に合わなくなり、急遽、所沢経由で池袋線に乗ることにして、時間的にギリギリ間に合ったのが、この大泉学園だった。私が到着すると、先客が既に一人いたので、ご挨拶がてらお声を掛けると、特別列車が池袋線唯一の8連20000系である20151Fであることを教えてくれた。

待つこと約5分。下り急行の続行運転で20151Fの特別列車がやってきた。

IMGP1718

先日行われたダイヤ改正で、池袋線は土・休日ダイヤの優等列車が殆ど10両化されたようだ。他形式と併結が出来ない20151Fは各停主体の運用になった。この特別列車が20151Fにとっての晴れ姿と言ったところだろうか。この特別列車の運用終了後、27日の夕方は、早速各駅停車の運用に入っていた。豊島園19時55分発の池袋行に入っていたのを確認している。

豊島園駅で発車待ちの20151F↓

IMGP1738

さて、西武ライオンズだが、このノンストップトレインの効果的中なのか、開幕2連勝を飾ったようである。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

プロ野球オープン戦シーズン到来

2005年のプロ野球も、オープン戦が盛んに行われるシーズンとなった。

私は、中日ドラゴンズファンであるが、子供の頃から西武沿線に住んでいるため、昔は西武ライオンズを応援していた。沿線の各駅には、ライオンズの本拠地での試合経過が書き出されるホワイトボードがあったりして、鉄道の現場でもライオンズを応援している。

通勤で利用している国分寺駅の西武多摩湖線ホームには、ライオンズの試合日程が書かれた横断幕が張り出される。私の母親が、「今年のオープン戦は何か変だ」と先日言っていたので何のことかと思ったのだが、どうやら、この国分寺駅の幕を見て思ったようだ。

IMGP1301

東北楽天と福岡ソフトバンクが早速日程に組まれている。これは見慣れていない人が見たら変に思うかもしれない。さらに、左側の方をよく見ると、小さく「インボイスドーム」と書かれているではないか。そうだ、西武ドームは命名権をインボイス社に売却したんだった。今年はインボイスドームと言うのか。自分にはそう言い聞かした。

昨シーズン終了後、パリーグは色々と騒がれ、西武球団も身売りと言う噂も流れた。それでも2005年は何とか西武ライオンズは残ったが、来年以降はどうなるだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧