カテゴリー「鉄道:しなの」の30件の記事

お知らせ しなの鉄道115系を使用した貸切列車の運転は2021年4月中旬以降に

いつもTOMOの鉄日誌をご覧いただきまして、ありがとうございます。

弊ブログ15周年記念企画として、しなの鉄道の115系を使用した貸切列車の運転を計画しておりましたが、2019年10月12日未明に上陸した台風19号による運野宿橋の崩落、更には新型コロナウイルスの影響により、貸切列車の運転を見合わせておりました。10月以降、しなの鉄道線でも貸切列車の運転が再開されたこともあり、これまで見合わせておりました、弊ブログの15周年を記念した貸切列車運転に向けた調整を再開することとしました。

とりあえず、しなの鉄道さんの担当者の方と連絡を取ったところ、貸切列車についての問い合わせが多いとの事。順番待ちで、来年4月中旬以降の実施という事で調整を始めることとなりました。湘南色の115系が好きな私としましては、湘南色の車両で運転したいと思っておりまして、特に2両編成のS25編成は、車内のシートモケットが国鉄時代のままなので、是非とも、この車両を使用したいと思っているのですが・・・

Simg_6d3820
湘南色2両編成のS25編成。

新型コロナウイルスの状況次第では、車内の密集を防ぐため、3両編成での運転も検討することになるかと思います。

Simg_7d60862
湘南色3両編成のS3編成。

15周年記念の貸切列車につきましては、詳細が決まり次第、随時、弊ブログ内でご案内をしてまいります。楽しみにしてくださっている皆様、もう暫くの間、お待ちいただけましたら幸いです。

| | コメント (0)

しなの鉄道 新型車両SR1系(ライナー用車両)を撮影する

シルバーウイーク3日目、9月21日のお話です。

日帰りで上田・長野へ出かけることになった。上田電鉄の城下駅に展示されている5251号車を見学するのが目的だったが、115系が大好きな私には、上田電鉄と合わせて、しなの鉄道も気になる。そこで、朝一番の北陸新幹線「かがやき501号」で長野入りし、午前中はしなの鉄道をメインに撮影し、午後は上田電鉄をメインに撮影することにした。

7時38分、長野駅に到着。ホームに降りた瞬間、ひんやりとした空気を感じる。長野駅で軽く115系を撮影した後、しなの鉄道線の上り列車で、お隣の安茂里駅へ。駅から5分ほど歩いた踏切で、暫くの間、撮影をすることにしたのだが、現地到着後、最初にやって来たのは、こんな車両だった。

Simg_6d6617_1
2020年7月4日より営業運転を開始した、しなの鉄道の新型車両SR1系。

まだ見慣れない青い車両は、しなの鉄道が、既存の115系を更新するために導入を開始した新型車両SR1系。JR東日本の新潟支社管内で活躍しているE129系電車 がベースとなっている。しなの鉄道では、この車両を52両投入し、既存の115系を置き換える予定となっており、まずは先行して、西武鉄道40000系や京王電鉄5000系等でお馴染みのデュアルシート(ロングシートとクロスシーとの両方に転換が可能なシート)を採用した有料ライナー列車用の2両編成3本が導入された。この列車は、小諸駅を7時05分に出発する普通列車長野行きで、ライナー列車の間合い運用である。

そして、この場所で1時間ほど撮影していると、SR1系によるライナー列車が通過する時刻となった。私は、踏切の反対側に移動し、SR1系を撮影することにした。

Simg_6d6664
「軽井沢リゾート2号」として軽井沢へ向かうSR1系。

9時14分、SR1系による「軽井沢リゾート2号」がやって来た。正面の行先表示を写すために、シャッター速度を125分の1にして撮影に臨んだが、文字はどうにか読める程度。よく見てみると、種別は「特別快速 ワンマン」と表示しているようである。Twitterなどで調べてみると、座席指定となっていることから、一応、客室乗務員が乗務しているようだが、ワンマン運転扱いとなっているようである。

続きを読む "しなの鉄道 新型車両SR1系(ライナー用車両)を撮影する"

| | コメント (0)

お知らせ 15周年記念貸切列車の運転を更に延期します

いつもTOMOの鉄日誌をご覧いただきまして、ありがとうございます。

過日、ブログ15周年記念の貸切列車の運転時期を延期する旨をお伝えいたしました。皆様ご存知の通り、しなの鉄道線の沿線は、10月12日未明に上陸した台風19号により、千曲川が氾濫し、甚大な被害が出ております。10月18日より、不通となっていた豊野~妙高高原間が運転を再開し、北しなの線は全線で運転を再開しましたが、しなの鉄道線は、田中~大屋間、しなの鉄道線の線路の上を通る海野宿橋の一部が崩落しているため、田中~上田間で不通となっています。

Simg_7d67732

海野宿橋の下を通過する、しなの鉄道線の列車。

現在、海野宿橋は、鉄道の線路上の部分だけが残っている状態で、しなの鉄道線の線路を越えてから千曲川側が、崩落してしまっています。鉄道の線路上に残された橋も、線路上に落下する可能性があることから、橋の安全確認が取れるまで、列車の運転が出来ないと言う状況です。

しなの鉄道線の115系を使用した、弊ブログ15周年記念列車ですが、台風19号による被害が大きいことから、過日お伝えしました、1月中旬ごろの運転も難しい状況となってしまいました。しなの鉄道との仲介役を買って出てくれた方からも、中止を提案されましたが、不通区間の解消後に、改めて実施することで、被災地の復興に、多少なりともお手伝いができるのではないかと言う結論になりました。

不通区間の解消が、1カ月後になるのか、あるいは半年先になるのか、現時点では何とも言えません。貸切列車についての調整も、不通区間の解消を待ってからとなりますので、2020年1月中旬の実施は不可能と思われます。更に1か月遅れになるのか、半年遅れになるのか、あるいは1年遅れとなってしまうかもしれませんが、このような状況ですので、ご理解のほど、お願いいたします。

さて、今回、橋の一部が崩落してしまった海野宿橋は、私自身、これまで何度か訪れ、この橋の上から、しなの鉄道線の列車を撮影しています。現地の復興を祈願して、海野宿橋から撮影した、しなの鉄道線の列車の写真を紹介して、この記事を締めたいと思います。

Simg_7d65141_1

115系9両編成で運転された、しなてつパートナーズクラブ1周年記念列車。

2018年9月23日、しなてつパートナーズクラブ1周年記念の特別企画として、115系9両編成(一部区間は6両編成)による臨時列車が運転されました。この日は、朝から、しなの鉄道線沿線を回っていましたが、この海野宿橋には、列車の通過ギリギリの到着となりましたが、橋の上と言う事で、キャパも多く、なんとか撮影する事が出来ました。

7d53197_1

観光列車「ろくもん」

いつかは乗車してみたい、観光列車「ろくもん」も、海野宿橋で撮影していました。御覧頂いています画像の中ほどに、少しではありますが、千曲川が写っています。

最後になりましたが、台風19号により被害を受けた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の1日も早い復興・復旧を、心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

お知らせ 15周年記念貸切列車の運転を延期します

いつもTOMOの鉄日誌をご覧いただきまして、ありがとうございます。

過日、弊ブログ15周年記念として、しなの鉄道線で貸切列車を運転する事をお伝えいたしました。当初、12月中の運転を前提として、交渉を進めてまいりましたが、車両運用の都合により、貸切列車の運転を延期することといたしました。

Simg_6d3804_2

スカ色と湘南色、このどちらかが借りられると良いのですが・・・

今のところ、1月中旬頃の運転を目指して調整をしております。詳細が決まり次第、弊ブログにてお知らせいたします。

| | コメント (0)

お知らせ 15周年記念貸切列車を計画しています

いつも「TOMOの鉄日誌」をご覧頂きまして有難うございます。

お陰様で弊ブログは、先日、開設15周年を迎える事が出来ました。いつもブログを御覧頂いている皆様へ、感謝の気持ちを込めまして、15周年記念貸切列車「TOMOの鉄日誌15周年記念号」を、しなの鉄道線で運転する事を計画しており、ただいま、12月中の運転を目指し、調整中です。

開設15周年記念記事で、「もしかして・・・」と思われた方も多いかと思います。10周年の次は20周年と言う思いも有りましたが、私が大好きな115系が、あと5年走っているか、正直不安だった事も有り、今回、15周年記念列車として、115系を貸切ることとしました。

Simg_6d3737_1

湘南色2両編成のS25編成。

Simg_6d3839_1


スカ色2両編成のS26編成。

使用車両は、2両編成の115系。湘南色のS25編成またはスカ色のS26編成がお借り出来ないか交渉しておりますが、都合により、変更となる場合があります。

年末のお忙しい時期ではありますが、しなの鉄道線の115系の旅に、お付き合いいただけたら幸いです。詳細が決まりましたら、随時、お知らせいたします。




| | コメント (0)

ブログ開設15周年

いつも「TOMOの鉄日誌」をご覧頂きまして有難うございます。

2004年9月6日に誕生した「TOMOの鉄日誌」は、おがげさまで、本日9月6日で、開設15周年を迎える事になりました。

15周年にちなみまして、「15」の付く車両と言う事で、今回は、この車両のお話をしたいと思います。

Simg_7d65114

しなの鉄道線テクノさかき駅付近を行く、115系S15編成。

私が大好きな車両の一つである、115系近郊型電車。かつては、JR東日本、JR東海、JR西日本に在籍し、各地でその活躍ぶりを見る事が出来ましたが、老朽化も進み、JR東日本エリアでは、新潟支社管内に残るのみ。そんな中、北陸新幹線開業に伴う、並行在来線として、長野県内の信越本線のうち、軽井沢~篠ノ井間と、長野~妙高高原間を引き継いだ、第三セクターのしなの鉄道では、JR東日本からの転換時に移籍した115系電車が、現在でも主力車両として活躍しています。近年では、懐かしいカラーの車両を、登場させており、その中でも、このS15編成は、長野オリンピック開催に合わせて登場した、長野色と呼ばれるカラーとなって活躍しています。

しかし、しなの鉄道でも、今年度から、後継車種であるSR1系の投入が開始される事になっており、いよいよ115系の置き換えが始まる事になってしまいました。置き換えは、毎年少しずつ行われ、2026年度には、置き換えが完了する予定との事。まだまだ115系の活躍は見られますが、今年度末からは、少しずつ、数を減らしていく事になります。

そこで、今回は、15周年企画として、しなの鉄道で見られる、様々な115系をご紹介していきたいと思います。

Simg_7d60908

初代長野色となっている、S7編成。

しなの鉄道115系の懐かしのカラー化の第1弾となったのが、このS7編成。こちらは、S15編成が纏う、長野色の前に、JR東日本長野支社管内の115系が纏っていたカラーで、初代長野色と呼ばれるカラー。信州らしい爽やかなカラーディングで、お気に入りのカラーの一つです。

続きを読む "ブログ開設15周年"

| | コメント (2)

田中駅開業130周年 しなの鉄道の115系を撮影する その2

では、引き続き12月1日のお話です。

田中駅で台鉄カラーのS9編成を撮影した後、タイミング良く入線してきた、小諸行きの普通列車で小諸へ。駅近くの蕎麦屋さん、草笛に立ち寄って、美味しいお蕎麦で昼飯・・・と言うのが狙いだった。

約10分で小諸駅2番線に到着。お隣3番線には、小諸始発の軽井沢行きが停車中。海野宿付近の撮影ポイントでも撮影した湘南色のS3編成なのだが、先頭のクモハ115の正面を見てみると・・・

Simg_7d67674

小諸駅3番線に停車中の115系S3編成。何やら大きなヘッドマークが掲出されている。

御覧のように、「スノートレイン信州」と言うヘッドマークが掲出されていた。これはビックリ。かつて国鉄時代に、新前橋電車区に所属する、165系で運転されていた、「シュプール上越」を彷彿させるようなデザインのヘッドマークだが、しなの鉄道の公式ホームページでも、こんな話は出ていなかったような。

とりあえず、反対側、小海線が発着する4・5番線ホームへ行けば、編成写真が撮れるので急いで移動するが、私が、田中駅から乗車してきた小諸行きが、若干遅れていた為、軽井沢行きとの接続時間が、その分カットされてしまい、4・5番線ホームへ移動しても、クモハ115側まで行く事は出来なかった。

Simg_7d67678

小諸駅を発車した115系S3編成。

仕方なく、動き出したS3編成を撮影したが、クハ115には、御覧のように、ヘッドマークは掲出されていない。どうやら、先頭に立つクモハ115側のみの掲出だった模様。

S3編成は、約1時間後、763Mで軽井沢から戻って来るが、小諸到着後は、もう一度、766Mとして軽井沢へ向かうと言うので、ここでは、予定通り、草笛さんへ向かい、美味しいお蕎麦を食べてから、S3編成を出迎える事にした。

続きを読む "田中駅開業130周年 しなの鉄道の115系を撮影する その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中駅開業130周年 しなの鉄道の115系を撮影する その1

12月1日のお話です。

しなの鉄道では、信越本線軽井沢~上田間が開業130周年を迎えることとなり、記念イベントを行う事になった。この区間には、日本で唯一、田中駅があり、2018年3月、しなの鉄道と台湾鉄路管理局との友好協定、さらに台湾鉄路管理局の田中駅と、しなの鉄道の田中駅との友好協定も締結された事から、記念イベントは、田中駅を中心に展開されることとなった。また、このイベントを前に、しなの鉄道の115系S9編成を、台湾鉄路管理局のEMU100型電車に合わせた塗装に変更。このS9編成を使用した臨時列車が、軽井沢~田中~上田間に運転されると言うので、台鉄カラーの115系の撮影を兼ねて出掛ける事にした。

当日。自宅を6時30分頃出発。大宮から北陸新幹線「あさま603号」に乗り込み軽井沢へ。ここから、しなの鉄道に乗り換える。接続時間は7分。予め、しなの鉄道も乗車できる「週末パス」を購入していた為、乗り換えも実にスムーズ。しなの鉄道線のホームへ向かうと、2両編成の115系が停車していた。

Simg_7d67616

軽井沢駅で出発を待つ、115系の快速電車。

軽井沢駅を8時51分に発車する快速長野行きは、2両編成での運転。最後部車両のクモハ115-1075に乗車する。2両ともクモハと言う事もあり、走り出すと加速も良い。列車は、御代田まで各駅に停車するが、それ以降は通過駅もあり、モーター音の唸りも田中までの乗車時間、約30分は、115系のモーター音を、たっぷり堪能する事が出来た。

続きを読む "田中駅開業130周年 しなの鉄道の115系を撮影する その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しなの鉄道 115フェスタ号を撮影する その3

ここ数日、風邪気味だったり、PCが不調だったりして、ブログの執筆が大幅に遅れてしまいました。申し訳ございません。体調の方も良くなってきましたので、更新を再開いたします。お待たせいたしました。それでは、11月5日のお話を続けます。

撮影地から黒姫駅へ戻って来た私。黒姫駅では、この日の主役、115系の展示のほか、保守用モーターカーの展示等が行われている。光線状態を考慮し、ホームから撮影する事にした。

Simg_7d55901

Simg_7d55904

黒姫駅構内で展示されていた、保守用モーターカー。

しなの鉄道の列車の運行を支える、保守用モーターカー。これからの季節は、このモーターカーで除雪作業も行う事になる。

そして、この黒姫駅構内には、転車台が残されている。

Simg_7d55903

黒姫駅構内の転車台。

かつて、黒姫駅には、1番線と2番線との間に、機関車を付け替える為の機回し線が存在した。現在では撤去されているが、黒姫駅で折り返す列車は、この転車台と機回し線を使って、機関車を付け替えていた事が解る。

続きを読む "しなの鉄道 115フェスタ号を撮影する その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しなの鉄道 115フェスタ号を撮影する その2

では、引き続き11月5日のお話です。

黒姫山をバックに、爽快な写真が撮れると言う、有名撮影地を訪れた私。「115フェスタ号」が過ぎ去った後も、暫くの間、この場に留まり、撮影を続ける事にした。

Simg_7d55829

115系S11編成による妙高高原行き327M。

湘南色+スカ色、そして初代長野色に続いて、この地にやって来たのは、115系S11編成による妙高高原行き327M。長野市役所近くの踏切で撮影した、「イイヅナのリンゴ」ラッピング編成である。このラッピング編成も、ラッピング掲出期間は、2018年1月31日までの予定とのことで、この撮影地で、しっかり撮る事が出来たのは、有り難かった。

そして、この後も下り列車が続く。

Simg_7d55838

115系S14編成による妙高高原行き329M。

327M通過から、およそ35分後。続けてやって来た下り329Mは、シングルアームパンタを搭載した、115系S14編成。北陸新幹線金沢開業に伴う、北しなの線転換時に、JR東日本から譲渡された編成である。この撮影地に来て、初めて、ラッピングも施されていない、しなの鉄道カラーの車両に遭遇した事になる。中間のモハ114の窓から顔を出している人は気にしない事にしよう。

続きを読む "しなの鉄道 115フェスタ号を撮影する その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧