カテゴリー「貨物:米タン」の20件の記事

米タンを撮る

では、ここで3週間ほど遡りまして、9月1日のお話です。

防災の日。小川駅で防災訓練の様子を観察した後は、西武拝島線の電車に乗り込み、一路拝島へ。

この日は木曜日。毎週、火曜日と木曜日は、米軍横田基地への燃料輸送列車(通称:米タン)が運転される可能性の高い日。となれば、当然の事ながら、米タンは撮影対象となる。

小川駅から乗車した拝島線の電車は、途中駅を12分ほど遅れて運転していており、冷や冷やしたが、10時42分頃、拝島駅に到着すると、構内には、まだ米タンの姿は無かった。とりあえず、改札を出て、駅前の横田1号踏切へ向かう。このところ、火曜日と木曜日が祝日に重なると、米タンを撮ろうとする人が多く見られるようになったが、この日は平日と言う事も有り、横田基地専用線でカメラを構えている人の姿は無く、逆に、米タンそのものが有るのかどうかも不安になる。しかし、横田1号踏切には、列車を見に来たと思われる、一組の親子の姿が有り、希望を持って待つ事にした。

横田1号踏切で待つ事およそ5分。踏切が鳴りだし、前方にDE10を確認、近付いてきたところで撮影を開始する。

Simg_7d45788

横田基地専用線を行く、米タン返空列車。

この日、横田基地専用線の牽引を担当したのは、DE10 1576号機。あとで調べてみると、なんと1年前の9月1日も、このDE10 1576号機が、横田基地専用線の牽引を担当していた。まあ、DE10自体も、数を減らしているだけに、どうしても同じ顔ぶれが続いてしまうのだろう。

Simg_7d45799

後追い。横田1号踏切で米タンを見送る親子。

振り向いて後追い。走り去る米タンを見送る親子を入れて撮影してみた。

続きを読む "米タンを撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化の日 米タンを撮る

文化の日。11月3日のお話。

毎年、11月3日は、航空自衛隊入間基地にて、入間航空祭が開催される。今年の文化の日も、好天に恵まれ、朝から、航空祭関連の臨時列車の撮影に出かけていたが、この日は、祝日とは言え火曜日。火曜日と言えば、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称「米タン」が運転される可能性の高い日でもある。航空祭臨時列車観察、そして米タン。どちらも、弊ブログにとっては、これまで継続してやって来た大事なネタでもある。しかし、ここは、年に一度しかない、航空祭関連の臨時列車観察を優先する事にした。

しかし、臨時列車観察も一区切りがついた昼過ぎの事。同行者が、携帯で情報を調べていると、米タンが運転され、しかも拝島~安善間の牽引機が、JR貨物のEF65 2121号機である事が判明。EF65 2121号機と言えば、10月17日、都営地下鉄大江戸線の新型車両の甲種輸送の牽引も担当した国鉄色の機関車。このところ、EF210牽引が多かった米タンだが、EF65牽引、しかも貴重な国鉄色車両となれば、是非とも撮影しておきたい。航空祭関連の臨時列車観察を、いったん中断し、午後の安善から戻ってくる便を、府中本町駅で撮影する事にした。米タンが府中本町駅を通過するのは15時30分頃。通過30分ぐらい前に府中本町駅に到着したが、既に武蔵野線のホーム上には、多くの鉄道ファンが集まっていた。さすがに、これだけ集まっているとなると、理想的な場所は確保できない。それでも、何とか撮れそうな場所を確保。列車の通過を待つ事にした。

15時30分、EF65 2121号機を先頭にした米タンが接近。撮影を開始した。

Simg_7d40114

府中本町駅を通過する米タン。

国鉄色のEF65が牽引する米タン。光線状態等、決して綺麗な画像で無いが、どんな形であれ、2015年の文化の日の米タンを記録できたことは嬉しかった。

この後、武蔵野線の電車に乗り込み新秋津へ。再び、航空祭関連の臨時列車の撮影に向かった。

おまけ

Simg_7d40103

府中本町駅を通過するE491系「East i-E」

米タン通過のおよそ20分前。武蔵野線を検測中のE491系「East i-E」が府中本町駅を通過して行きました。影が目立ちますが、こちらも記録と言う事でご紹介させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民の休日 米タンを撮る

では、ここで、話は遡りまして、シルバーウィーク、9月22日のお話です。

国立駅で、臨時特急「かいじ186号」を撮影したあとは、立川へ。更に立川から青梅線に乗り換えて、向かった先は拝島。

連休中とは言え、この日は火曜日。火曜日は、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称「米タン」が運転される可能性の高い日。これまで、チャンスがあれば撮影してきた私は、当然のように拝島へと足が向く。10時31分、拝島駅に到着。早速専用線へ。すると、横田2号踏切には、既に撮り鉄さんの姿が…米タンか運転されることは間違いない。私も早速撮影準備に取り掛かるが、既に、横田2号踏切付近のキャパは不足していそうなので、手前の横田1号踏切からカメラを構える事に。

10時49分頃の事。踏切が鳴りだし、前方よりDE10の姿が確認できた。近付いてきたところで撮影を開始する。

Simg_7d38630

横田基地専用線を行く米タン返空列車。

この日、専用線の牽引を担当したのは、DE10 1189号機。これまでに、何度か米タンを撮影しているが、今まで遭遇した事のない機関車だった。調べてみると、以前から新鶴見機関区にいた車両のようなので、撮影チャンスは、いくらでも有った筈なのだが、たまたま私とのご縁が無かったと言う事なのかもしれない。

続きを読む "国民の休日 米タンを撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米タンを撮る

西武柳沢駅で防災訓練の観察を行った9月1日。訓練観察後、向かったのは拝島である。

この日は火曜日。毎週、火曜日と木曜日は、米軍横田基地への燃料輸送列車(通称:米タン)が運転される日。となれば、当然の事ながら、米タンは撮影対象となる。早速、拝島へと向かうと、既に専用線からの引き出しは終了しており、DE10に押される形で、タキ1000が拝島駅へ入って行くところであった。

拝島駅到着後、JRの構内へと入り撮影を開始する。

Simg_x2313

横田基地からの貨車の引き出しを終えて、拝島駅の留置線へ引き上げたDE10 1576号機。

この日、拝島駅と横田基地との間の専用線区間の牽引を担当したDE10 1576号機。このところ、米タンを撮りに来ると、専用線区間の担当は、DE11の2000番台車ばかりだったので、DE10が担当したのを見たのは、私自身、本当に久しぶり。これは、夕方の横田基地へ向かう便も撮らなくては・・・

Simg_x2314

EF210が連結され準備完了。

そして、鶴見線の安善までの牽引を担当するのは、EF210-155号機。既にタキ1000との連結を終えて、いつでも出発が出来る体制となっていた。現在、米タンの牽引機は、新鶴見機関区のEF65とEF210が担当のようで、私が撮影するときは、EF65が中心だったが、今回はEF210。このところ、EF210の出番が多いのだろうか。

Simg_x2315

EF210と連結したタキ1000の米タン専用車。

タキ1000に付けられた「JP-8」の印。JP-8とは、JP-4ジェット燃料の代わりとして使用する為に、アメリカ合衆国で1990年に制定されたジェット燃料のことである。この印が、まさに米タン専用車の証と言う事になる。

続きを読む "米タンを撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝日恒例 米タンを撮る

今日、12月23日は天皇誕生日。

2014年最後の祝日。しかも火曜日。弊ブログでは、火曜日と木曜日が祝日と重なった場合、祝日恒例企画として、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称米タンの観察が有る。日頃はなかなか撮るチャンスがないこの列車。今回はうまくいくだろうか。

地元、萩山から西武拝島線に乗り込み拝島へと向かう。いつものように北口側に出ると、駅前の横田1号踏切に、既に鉄道ファンがお1人。そして、玉川上水にかかる鉄橋付近にお1人、更に横田2号踏切にお2人と、計5人の先客が。最近、祝日に重なると、米タンを撮影する方を多く見かけるが、今回もなかなかの人数である。貨車はタキ1000になってしまったから、それほど面白くはない筈。となると、機関車の方に注目が集まっているのだろうか。

と言う訳で、今回は、横田2号踏切付近の僅かな隙間から、縦アングルでカメラを構える事にした。10時50分、踏切が鳴りだし、前方よりDE11の姿が確認できた。近付いてきたところで撮影を開始する。

Simg_7d32797

横田基地専用線を行く米タン返空列車。

この日、横田基地専用線の牽引を担当したのは、DE11 2001号機。私自身、米タンの撮影は、祝日の火曜日または木曜日にしか撮影に行けていないが、どうもDE11に当たる機会が多くなっているように感じられる。

続きを読む "祝日恒例 米タンを撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋分の日 米タンを撮る

9月23日のお話です。

祝日の火曜日。弊ブログでは、火曜日と木曜日が祝日と重なった場合、祝日恒例企画として、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称米タンの観察が有る。日頃はなかなか撮るチャンスがないこの列車。今回はうまくいくだろうか。

地元、萩山から西武拝島線の電車で拝島へと向かう。いつものように北口側へ出て、駅前の専用線の横田1号踏切を渡り、専用線の線路沿いの道を歩く。基地方向へ向かって2つ目の踏切となる、横田2号踏切に差し掛かかると、カメラ片手に待機している人が、なんと3名もいらっしゃる。間違いなく米タンはやってくる。それどころか、このままでは、いつもの横田2号踏切では撮影できそうにない。そこで、今までは撮影した事が無かった、拝島駅前の横田1号踏切で待機する事にした。

10時50分頃、踏切が鳴りだし、前方よりDE11の姿を確認。ゆっくりと近付いてきたところで撮影を開始する。

Simg_7d29778

横田基地専用線を行く米タン返空列車。

この日、専用線の牽引を担当したのは、DE11 2004号機。DE11の2000番台車は、1979年より製造されたグループで、住宅地にある横浜羽沢駅周辺の騒音対策として、足回りの防音スカートの装着など、通常のDE11とは、異なるタイプの車両である。最近では、DE11の2000番台車が、横田基地の専用線に投入される事も多いようで、後ろに連なるタキ1000形と言い、弊ブログで米タンを初めて取り上げた頃と比較すると、その姿も随分変わったなあと、牽引機を見て実感した。

この後、拝島駅のホーム上で、タキ1000を観察した後、米タンに先行する形で立川方面へ移動する。当初、絶対に被られる心配のない、西立川~東中神間の側道から撮ろうかと思ったが、被らないと言う条件からか、既に先客が多数いらっしゃる事が車内から見えたので、そのまま素通りして、立川から南武線に乗り換えて西府駅へ。ここも、祝日と言う事もあって人も多く、私が到着した時には、ホームの端には、既に先客がズラリと並んでいると言う状況だったが、背後からの撮影には支障がなさそうだったので、この駅で待機する事にした。

西府駅到着からおよそ15分後の事。EF65に牽引された米タンがゆっくりとやって来た。

Simg_7d29794

西府駅を通過する米タン。

この日、拝島から先、安善までの牽引を担当したのは、EF65 2083号機だった。際どいタイミングで立川行きがあったが、被られることなく、無事撮影する事が出来た。

この撮影を以て、米タンの撮影を終了。南武線で分倍河原へ移動し、京王線で八王子へ。野暮用を済ませた後、西武池袋線の高麗臨を撮影するため、八高線で東飯能へと向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米タンを撮る

さて、武蔵関駅での防災訓練の様子を撮り終えた後は、西武線で拝島へと急行した。

この日は木曜日。毎週、火曜日と木曜日は、米軍横田基地への燃料輸送列車(通称:米タン)が運転される日。となれば、当然の事ながら、米タンは撮影対象となる。早速、拝島へと向かうと、既に専用線からの引き出しは終了しており、原色のDE10に押される形で、タキ38000が拝島駅へ入っていくところであった。

到着後、早速、JRの拝島駅構内へと入り、米タンの観察をスタートさせる事に。暫くすると、安善までの牽引を担当するEF65が入線してきた。その車両を見て、私のテンションも一気に上がっていった。

Img_7d5926s

拝島駅構内で顔を合わせたDE10 1566号機とEF65 1077号機。

この日、安善までの牽引を担当する為に回送されて来たのは、原色のEF65 1077号機。タイミング的には間に合わなかったが、専用線区間の牽引を担当したのも、原色のDE10 1566号機。そして、更に貨車に関しても、タキ38000と言う事で、渋い組み合わせとなった。

続きを読む "米タンを撮る"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祝日恒例 米タンを撮る

5月5日のお話。

祝日の木曜日。弊ブログでは、火曜日と木曜日が祝日と重なった場合、祝日恒例企画として、米軍横田基地への燃料輸送列車、通称米タンの観察が有る。日頃はなかなか撮るチャンスがないこの列車。今回はうまくいくだろうか。

地元、萩山から西武拝島線の電車で拝島へと向かう。いつものように北口側へ出て、駅前の専用線の踏切を渡る。すると、専用線の脇で、カメラ片手に待機している方を発見。間違いなく米タンはやってくるだろう。私は、駅近くの横田2号踏切付近で待機する事に。やがてDE10の汽笛が聞こえてきて、列車の通過が近い事を知る。それから数分後、踏切が鳴り出した。そして、前方よりDE10の姿を確認。ゆっくりと近付いて来たところで撮影を開始する。

Img_7d3349s

横田基地専用線を行く米タン返空列車

この日、専用線の牽引を担当したのは、DE10 1667号機。貨物更新機のDE10に当たる事は多いので、それ自体は珍しい事ではない。問題は、DE10の後ろに連なる貨車達だ。いつもの黒いタキではない。そう、この日の返空は、米タンとしては新顔となるタキ1000だったのだ。米タンで運用中のタキ38000の老朽化に伴い、米タン用のタキ1000が新製され、昨年中から使用されていると噂には聞いていたのだが、私が撮影に行く時は、いつもタキ38000だった。現在でも、タキ38000は使用されており、タキ1000は、タキ38000の一部を置き換えたに過ぎないようだが、今後は、タキ1000が運用されるケースが多くなっていく事と思う。

続きを読む "祝日恒例 米タンを撮る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

米タンを撮影

1月4日のお話。

正月休みもいよいよ最終日。この日からは平日ダイヤ、そして火曜日と言う事で、米タン(米軍横田基地燃料輸送列車)の撮影に出かける事にした。

現在、米タンは、週2回、火曜日と木曜日に運転される機会が多いと言う。しかし、どこか正月気分が抜けない1月4日に、運転されると言う保証は全くない。果たして、この行動は吉と出るか凶と出るか・・・

萩山から西武拝島線に乗車して拝島へ。ちょっと出遅れてしまった事もあり、拝島着は10時50分。さて、米タンは・・・と思って車内から様子を見てみると、DE10が、米タン用のタキ38000を、横田基地から引っ張り出して来たところで、これから拝島駅へ押し込むと言うところだった。良かった。早速、JR線の拝島駅構内に入場し、青梅線のホームへ向かうと、横田基地からの入れ替えを担当したDE10が、タキ38000から切り離され、引き上げて行くところであった。

Img_sx10635s

横田基地専用線の入換を担当したDE10 1669号機。

この日、横田基地~拝島駅間を担当したのは、国鉄色を維持するDE10 1669号機だった。後ろに連なる黒いタキ38000には、やはり、このカラーのDE10がお似合いだ。この車両が牽引したと言う事で有れば、もう少し早く出て、横田基地の専用線を走る姿を記録しておきたかった。と言う事で、この車両を見た瞬間、夕方の撮影も実施する事が自動的に決定した。

続きを読む "米タンを撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝日恒例 米タンを撮る

さて、前の記事で触れたように、2010年最後の祝日である12月23日、天皇誕生日は、朝から西武多摩川線の撮影をした後、京王線の電車で分倍河原へ移動していた。分倍河原へ移動した理由は一つ。弊ブログの祝日恒例企画である、米タン(米軍横田基地への燃料輸送列車)の撮影である。このところ、米タンは火曜日と木曜日に運転されるケースが多いと聞いていたのだが、都合良く12月23日は木曜日。そこで、この日の撮影行程の中に、どうしても米タンの撮影を入れておきたかったのである。

貨物時刻表から推測すると、分倍河原駅の通過は12時07分頃の事。京王線で分倍河原駅に到着したのは、通過予定時刻のおよそ3分前。早速、連絡改札を抜け、南武線のホームへと移動する。この時点で、目撃情報等も上がっていない事から、運転されているかどうか不安だったのだが、その直後、上りホームに列車接近放送が入る。旅客列車の時間には早すぎる事から、米タンであることは間違いない。早速カメラを構えて、米タンが近付いて来るのを待った。

Img_7d0834s

南武線分倍河原付近を行く米タン返空列車。

この日、牽引を担当したのは、EF65 1139号機。PF形とも呼ばれる1000番台としてはラストナンバーの車両である。一時期、この米タンにEF210が充当された事もあったらしいのだが、現在ではEF65牽引で定着しているようである。

Img_7d0835s

走り去るタキ38000を後追いで撮影。

米タンの運用に就くタキ38000。既に、置き換え用として米タン用のタキ1000が用意されていると聞くが、この日も御覧のように黒いタキ38000が、元気よく米タンの運用に就いていた。この姿もいつまで見る事が出来るだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)