カテゴリー「鉄道:JR東日本」の868件の記事

高崎車両センター107系 R3編成・R4編成・R5編成・R9編成が廃車回送される

4月1日、墓参りで高崎を訪れた時、両毛線・上越線・信越線・吾妻線の普通列車の運用の半数以上が、211系に置き換わっており、107系と115系の運用数が激減した事を実感した。特に107系は、運用を離脱した編成が多く、19編成あった107系も、今や動いているあのは4編成程度とか。昨年、既に4編成が廃車となっているが、今後は、疎開留置中の編成から、徐々に廃車回送されるものと思われる。

4月19日、Twitterを眺めていたところ、運用を離脱していた107系のうち、R3編成・R4編成・R5編成・R9編成の4本が、EF64 1032号機に牽引され、長野総合車両センターへ、帰らぬ旅に旅立ってしまったとのこと。

高崎の107系と115系は、そろそろ置き換えがありそうだと思い、ここ2年ほどは、機会があれば撮影しており、今回、廃車回送された3編成も、R9編成を除いた3編成に関しては、2年以内に一度は撮影していた。

そこで、今回は、惜別企画として、廃車回送された4編成のうち、R3編成・R4編成・R5編成の写真を取り上げたいと思います。まずはR3編成から。

Simg_7d48471

両毛線駒形~伊勢崎間を行く、107系R3編成(前)+R13編成。(2016年12月10日撮影)

R3編成を最後に撮影したのは、昨年の12月10日。この日の夜に参加する事になっていた、下仁田ネギを食べる会と、翌日の法事に出席するために、1泊2日の行程で高崎市を訪れた際、カメラを持参して、両毛線などで107系や115系を撮影していた。この時点で、クモハ107-103の正面の方向幕に不具合が生じているのか、御覧のように、行先が表示されていない。ある意味、レアな姿を記録したのかも。

Simg_7d41802_1

107系最長の6両編成による両毛線436M。(2016年1月1日撮影:再掲)

これは再掲となるが、昨年1月1日に撮影した両毛線の436M。小山~新前橋間は、107系では最長となる6両編成での運転だったが、この時の後ろ2両、改めて見直すとR3編成だった。

続きを読む "高崎車両センター107系 R3編成・R4編成・R5編成・R9編成が廃車回送される"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する

では、ここで写真編集の都合により、掲載順序を入れ替えさせていただきます。4月1日のお話です。

朝から母と二人で群馬県高崎市へ墓参りに出かけた。墓参り後、母の従姉妹と合流し昼食会を開き、15時30分頃、高崎駅へ戻って来た。ここで、母と別れた後、私は一人、撮影に出かける事に。

この日、上越線の高崎~水上間では、D51 498号機+旧型客車5両による臨時快速列車「SLレトロみなかみ号」が運転されていた。上越線を走るSL列車は、これまでに何度も撮影しているが、ここ最近は、C61 20号機牽引の列車に遭遇する事が多く、D51 498号機単独牽引の列車は、私自身、暫く撮影していなかった。そこで、墓参り終了後に、この列車を撮影出来ればと、デジイチは持参していた。

母が乗車した高崎線の列車を見送った後、上越線沿線へ。既に群馬総社以遠へは行けない時刻となっており、今回も、井野~新前橋間の有名撮影ポイントである、第二江田踏切へ向かう事にした。

新前橋駅から15分ほど歩いて、現地に到着したのは16時40分頃。D51 498号機が旧型客車を牽引と言う事で、有名撮影ポイントだし、それなりに人が集まっているかと思ったのだが、現地で待機されていた先客は、僅か2名。これなら、まだキャパも有り、撮影に支障はない。早速、撮影準備に取り掛かり、先行列車を撮りながら、SL列車を待つ。

現地到着からおよそ20分。17時03分頃になるが、「SLレトロみなかみ号」がやって来た。

Simg_7d50693

D51 498号機+旧客5両による「SLレトロみなかみ号」

力強く煙を吐きながら、旧型客車を牽引するD51 498号機。お天気は曇りで、あまり良い条件ではなかったが、煙も多く、個人的には満足できた。最後尾には、小窓が並ぶスハフ32が連結されており、良い感じ。出来れば、後追いも撮りたかったが、背後に障害物があり、後追いが撮れなかったのは残念だった。

続きを読む "快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜別 烏山線のキハ40

では、引き続き2月26日のお話です。

西武新宿線の南大塚駅で、4000系の「ハッピートレイン号」を撮影した後は、本川越駅へと戻り、徒歩で川越駅へ。そこから川越線で大宮へ。更に東北新幹線に乗り換えて、向かった先は宇都宮。

春は出会いと別れの季節。今年も、3月4日に行われるJRのダイヤ改正を機に、デビューする車両。そして、入れ替わりに去りゆく車両がある。

宇都宮駅から東北本線で2駅。宝積寺駅から分岐し、那須烏山市の烏山までを結ぶ烏山線。非電化路線ではあるが、ダイヤ改正を機に、全列車、蓄電池駆動電車、EV-301系に置き換えられる事になり、30年以上、同線の主力として活躍して来た、キハ40が引退する事になった。これまでに、烏山線には、何度か乗車もし、撮影もした事はあるのだが、首都圏唯一のキハ40を、もう一度撮っておきたくなり、この日、沿線に出向く事にした。

大宮から東北新幹線で約25分。宇都宮駅に到着したのは、12時50分頃の事であった。到着後、駅構内の蕎麦店で昼食を摂った後、宇都宮線の黒磯行きに乗り込んで、烏山線との分岐駅である宝積寺へと向かう。次の烏山線は、宇都宮からの直通だが、今回は、撮影が主体。宝積寺まで先行し、駅から徒歩で移動できる場所で、キハ40を待つ事にした。宝積寺駅から向かったのは、2013年8月、烏山線を撮影したポイント。当時の記憶を思い出しながら歩くこと、およそ20分。撮影地に到着した。

現地到着から、およそ5分後のこと。宇都宮からの烏山行きがやって来た。

Simg_7d50060

宇都宮線(東北本線)から別れ、一路、烏山を目指すキハ40。

林の中から現れたのは、烏山線色のキハ40 1002と一般型気動車標準色風カラーを纏うキハ40 1003の2両編成。時刻表上の列車番号を見ると、1333Mとなっており、本来ならば、1編成だけ先行デビューしている、蓄電池駆動電車EV-301系充当の列車だが、ダイヤ改正に備えて、EV-301系は運用から外れており、キハ40による代走が行われていた。その為、キハ40の撮り納めとして訪れている私には好都合だが、新旧車両の顔合わせを撮る事が出来ないと言うのは、ちょっと残念である。

続きを読む "惜別 烏山線のキハ40"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い鉄道写真12 165系最後の営業列車 快速「こころ」

昨年8月の引っ越し時に、荷作りで苦労したものの一つに、デジカメ導入前に撮っていた鉄道写真がある。

それらの古い写真を箱詰めしたもの中には、未だに開封していないものがあるが、良い機会なので、これらの写真をデジタル化しようと決意。先日、たまっていたヨドバシカメラのポイントを利用し、新たにフィルムもスキャンできるスキャナーを購入した。これまでに、名刺などをスキャンする事が出来る、簡易的なスキャナーは所持していたが、本格的なスキャナーの導入は、これが初めて。早速、気になった写真を数枚、スキャンしてみた。

今回は、その中から、私の大好きな直流急行形電車、165系のお話。

今から14年前。2003年4月1日早朝、新潟駅に到着した快速「ムーンライトえちご」を以て、165系の定期運用は消滅した。しかし、定期運用終了後、9月末までの約半年間、臨時快速列車「こころ」が運転された。この列車は、当時、NHKで放送されていた、朝の連続テレビ小説「こころ」の舞台となる一つである、中越地方の越後湯沢と長岡を結ぶもので、当然、このドラマを意識した列車名である。

この165系の快速「こころ」を、私は2回、乗りに行った記憶がある。

Simg_20170219_0025

越後湯沢駅に停車中の165系快速「こころ」

当時の撮影データが見当たらないので、はっきり断言できないが、前後の撮影した画像から判断すると、運転開始直後の4月中に、まず一度乗りに行っていた模様。この快速「こころ」には、M6編成が充当されていた。当時、165系で運用に就いていたのは、この他にM1編成しかなく、M6編成は、最後まで、快速「こころ」専属で運用されていたと記憶している。

Simg_20170219_0024

クモハ165側も撮影したが、こちらは残念ながら発車直前まで「回送」幕だった。

そして、二度目の乗車は最終日となった2003年9月28日。この日は、早朝、中央線三鷹~国分寺間の高架化工事に向けた、第1回目の線路切り替え工事が、大失敗に終わった日でもあった。

Simg_20170219_0015_1

越後湯沢駅に停車中の団体列車「急行さよならこころ号」

この日も、1回目の時と同じように、越後湯沢~長岡間の快速「こころ」に乗車して、165系の乗り収めをした。そして、夕方、越後湯沢へ向かう、上りの「こころ」を撮影後、越後湯沢駅へ。営業終了後の回送列車を、団体列車扱いの急行列車として、新潟まで運転する事になり、この列車を越後湯沢駅で見送った。残念ながら、発車するまで、115系が停車しており、このような並びの写真しか撮れなかったが、これも今となっては、良い思い出。

と言う訳で、今後も、古い写真ネタを、定期的にお送りしていきたいと思っています。お付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い鉄道写真11 青梅線「せせらぎパノラマ号」

三連休最終日は、自宅で写真の整理。

昨年8月に新居へ引っ越して以来、未だに開封していない段ボールがいくつかあり、この日も段ボールを1つ開封。この箱には、古い写真も入っていたのだが、懐かしい写真が出てきて、暫し手が止まってしまった。

2001年8月、当時、三鷹電車区(現:三鷹車両センター)に所属する、165系改造のジョイフルトレイン「パノラマエクスプレスアルプス」が、引退を間近に控えていた。そんな中、同年8月22日から26日までの5日間、「パノラマエクスプレスアルプス」を使用した、臨時快速列車「せせらぎパノラマ号」が、青梅線で運転された。みたけふるさと祭りに合わせて運転されたものだったが、「パノラマエクスプレスアルプス」を使用した最後の臨時列車であり、実質的に、同車のさよなら運転と言える。

165系大好き人間の私としては、当然、この列車の撮影に臨んだが、運転初日となる筈の8月22日は、台風により運休。23日からの4日間での運転となった。

S_20170109_183416_2

拝島駅に停車中の「パノラマエクスプレスアルプス」

撮影した日時の記録が残っていないので、4日間のうち、いつ撮影したのかは特定できないが、おそらく、まずは、拝島駅で、立川駅へ送り込まれる回送列車を撮影したものと思われる。そして、注目していただきたいのが、4両編成での運転と言う事。「パノラマエクスプレスアルプス」は、6両編成で運転されていたが、この列車は、青梅線奥多摩まで入線すると言う事から、5号車と6号車を編成から外し、変則的な4両編成での運転となった。

S_20170110_005407

青梅~宮ノ平間を行く「せせらぎパノラマ号」

そして、拝島駅で送り込みの回送列車を撮り終えた後は、沿線へ先回り。青梅~宮ノ平間、お馴染みの山根踏切で撮影していた。この山根踏切、当時は、青梅線の有名撮影地の一つとされていたが、今では、この地を走る車両も、普段はE233系ばかり。訪れる人も少なくなったのではないかと思う。

その後、「パノラマエクスプレスアルプス」は、6両全車が富士急行へ譲渡。3両編成ずつに分割され、翌2002年、「フジサン特急」として再デビュー。2016年2月7日を以て営業運転を終了するまで、14年間活躍を続けた。

雪が降る河口湖駅で「フジサン特急」を見送ってから、もうすぐ1年かぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する

では、ここで1ヶ月ほど前に遡ります。12月10日午後のお話です。

115系と107系の撮影の為、高崎周辺を回っていた私。この日は、上越線の高崎~水上間で、SL列車「SLレトロみなかみ号」も運転されていた。列車名に「レトロ」が加わっているように、この日の客車は旧型客車。SLと旧型客車の組み合わせは、やっぱり撮っておきたい。季節柄、暗くなるのが早いから、撮るとなれば、出来るだけ水上に近いほうが良い。でも、水上は雪が降っていると言うし・・・

と言う事で、思い付いたのが沼田駅。2008年11月、EF55の試運転を撮影した、沼田駅近くの踏切付近なら、煙も期待できるだろう。高崎駅14時35分発の水上行きに乗り込む。列車は、115系の6両編成。前3両は混み合っていたが、後3両は、発車直前でも空いており、沼田までボックス席を独り占めする事が出来た。

15時22分、沼田駅に到着する。晴れていた高崎市内とは異なり、曇り気味の天気。しかも、時々、小雪が舞う状況。「SLレトロみなかみ号」が来るまで、まだ時間が30分も有る事から、駅の待合室で15分ほど休憩してから、撮影地へ行く事にした。

15時37分、待合室を出て撮影地へ。歩いて3分ほどで到達できたが、当初想定していた場所は、8年の歳月がたった今、近寄れなくなっていた。そこで、踏切を渡って上り線側の側道へ。ここでSL列車を待つ事にする。

15時52分、汽笛と共に、「SLレトロみなかみ号」が沼田駅を発車。近付いていたところで撮影開始。

Simg_7d48528

小雪舞う沼田駅を発車。高崎へ向かう「SLレトロみなかみ号」

C61 20号機が旧型客車4両を牽引する、「SLレトロみなかみ号」。C61には、今回も特製のヘッドマークが掲出されたが、冬場の運転と言う事で、冬の谷川岳をモチーフにしているようだが、かつて、JR東海に在籍したジョイフルトレイン「ユーロライナー」のヘッドマークにも似ていると思ったのは、私だけだろうか。そして、後ろに連なる旧型客車の屋根に雪が積もっているのが確認できる。水上駅停車中に降り積もったのだろう。

続きを読む "快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝練 吾妻線霜取り運用に就くクモヤ145を撮影する

2016年も、残すところ、あと数時間となりました。2016年の弊ブログは、年頭のあいさつの後、吾妻線の霜取り運用に就く、クモヤ145の話題からスタートしました。そこで、2016年最後の記事も、クモヤ145の話題にしたいと思います。

12月11日早朝のお話。

12月10日から11日にかけて、群馬県の高崎市周辺を訪問した。10日は、昼間、115系等の撮影を実施し、夜は、弊ブログ10周年記念の貸切列車の際、お弁当の手配でお世話になった、志村さんが主催する、下仁田ネギを食べる会に参加。そして、翌11日は、親戚の法事に参列。2日連続で高崎周辺を回る事から、高崎駅に隣接するアパホテルに宿泊した。

ここで、ある事を思いついた。朝食抜き素泊まりのプランで宿泊したので、朝食を食べる為に外出する事になる。であれば、少し早起きして、吾妻線の霜取り列車として活躍中のクモヤ145を撮影しよう。10日夜、ホテルに戻ってから、駅周辺で、気軽に、クモヤ145を撮れる場所が無いかをチェック。すると、群馬総社駅から、徒歩10分程度の所に、順光でクモヤ145が撮れる場所が有る事を発見。法事に参列する前、まさに朝飯前の撮影で、群馬総社へ向かう事にした。

ホテルから高崎駅へ。外は、一気に目が覚めるほどの寒さだった。7時10分発、上越線の普通列車水上行きに乗車する。列車は、107系の4両編成。日曜日の早朝と言う事も有り、4両編成の車内は空いていた。7時25分、群馬総社駅に到着。撮影地に向けて歩く。およそ10分ほどで撮影地に到着した。

Simg_7d48573

115系T1036編成による、吾妻線長野原草津口行き。

現地到着から、およそ5分後のこと。背後から、吾妻線の長野原草津口行き普通列車がやって来た。115系T1036編成が充当されており、後追いではあるが、順光で撮れたのは嬉しかった。

続きを読む "朝練 吾妻線霜取り運用に就くクモヤ145を撮影する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎車両センター115系 T1146編成とT1159編成が廃車回送される

毎月、月末が近付くと、2編成ずつ廃車回送が行われている、高崎車両センターの115系。

12月19日午後、Twitterを眺めていたら、T1146編成とT1159編成が、EF64 1031号機に牽引されて、長野総合車両センターへ、帰らぬ旅に旅立ってしまったとのこと。これにより、高崎車両センターに残る115系の4両編成は、T1044編成のみとなるが、今回、更に、T1044編成に連結されていた、サハ115-1007も一緒に廃車回送されたとのことで、これにより、T1044編成は3両編成となり、この結果、同センターの115系の4両編成は、消滅してしまった。

Simg_7d48480

両毛線、駒形~伊勢崎間を行く115系T1146編成。(2016年12月10日撮影)

今回、廃車回送された車両のうち、T1146編成は、モハユニットをクハ115が挟む形の4両編成では、最後まで残った編成であり、12月10日、両毛線の駒形~伊勢崎間の撮影ポイントを訪れた際に、撮影する事が出来た。この撮影から、一週間ほどで運用を離脱。最後に撮影出来て本当に良かった。

続きを読む "高崎車両センター115系 T1146編成とT1159編成が廃車回送される"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

54年ぶりの珍事 11月なのに東京で積雪

11月24日、関東地方は、朝から季節外れの雪が降った。11月に、東京で積雪を観測するのは、54年ぶり。まさに珍事である。

54年ぶりの珍事も、平日の朝だと、出勤時の交通機関の乱れも気になる。私は、いつもよりも40分早く起床。場合によっては、出勤前に、自宅前の行動の雪かきをしなくてはと思っていたが、降り始めが遅かった事も有り、雪かきはしなくても済んだ。しかし、交通機関の乱れは気になる為、いつもよりも20分ほど早く出発。萩山駅ではなく、自宅から一番近い八坂駅から乗り込む事にした。

Simg_x6303

八坂駅に進入する各駅停車西武新宿行き。

八坂駅から乗車したのは、同駅7時32分発の各駅停車西武新宿行き。平日朝、3本設定されている西武新宿までの直通列車の最終便となる列車で、今年度増備車で、30000系のラストナンバーとなる38118Fが充当されていた。到着前に、駅員さんより、西武新宿線は15分程度、西武多摩湖線は3分程度の遅れが出ているとの案内が有ったが、この西武新宿行きは、八坂駅時点で、ほぼ定刻通りの到着だった。八坂駅から30000系に乗るのは、今日が初めてかもしれない。

Simg_x6305

留置線から出庫して来た259F。

38118Fの西武新宿行きは、一駅だけ乗車。萩山からは、いつも通り、国分寺へ向かう。西武遊園地からの西武新宿行きから接続を受ける為、次の国分寺行きは萩山始発。留置線から出庫して来たのは259Fだった。

国分寺からは、いつも通り中央線の快速電車に乗り換え。中央線の快速電車は、概ね、平常通りの運転だったが、青梅線からの直通電車が、青梅線内、線路内落し物拾得の影響により、20分ほど遅れが出ており、たまたま私が乗車したのが、青梅線からの電車だった為、西荻窪には、24分ほど遅れての到着であったが、電車の運転間隔については、発着順の変更等を行った事もあってか、普段とあまり変わらない間隔での運転が維持されていた事も有り、普段の出勤時よりも10分程度早く到着する事が出来た。とは言え、20分早く出ても、10分程度しか早く到着できなかった事から、早めに出勤して正解だった。

Simg_x6316

西荻窪駅に進入する、中央・総武線各駅停車。

少し早く着いた事も有り、西荻窪駅のホームに少し留まり撮影。たまたまやって来た、中央・総武線各駅停車の千葉行き。前照灯が、片側しか点いていないが、鉄道運転規則によると、列車の前照灯は、白色灯を一個以上点けるようにと定められている為、片側のみでも問題なく走る事が出来る。

この撮影を以て、西荻窪駅を出場。職場へと向かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高崎車両センター115系 T1133編成とT1142編成が廃車回送される

8月以降、毎月、月末が近付くと、2編成ずつ、廃車回送が行われている、高崎車両センター所属の115系。

本日,11月17日午後、何気なくTwitterを眺めていたら。T1133編成とT1142編成が、EF64 1031号機に牽引され、長野総合車両センターへ帰らぬ旅に旅立ってしまったとのこと。今月も、また2編成離脱するだろうとは思っていたが、これまでの月よりも1週間ほど早い旅立ちで、廃車回送の事実を知った時は、正直言ってショックだった。

Simg_7d46537

新前橋駅に停車中の115系T1133編成。(2016年10月1日撮影)

今回、廃車回送されたT1133編成とT1142編成は、今年10月1日、上越線で運転されたSL重連運転を撮影に出かけた際に、運良く2編成とも遭遇しており、それぞれ撮影していた。まず、T1133編成に関しては、同日夕方、八木原付近での撮影を終えて、新前橋まで移動する際に、乗車する事が出来た。

続きを読む "高崎車両センター115系 T1133編成とT1142編成が廃車回送される"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧