カテゴリー「鉄道:西武」の1000件の記事

秩父鉄道 急行「開運号」と「SL秩父錦号」を撮影する

引き続き、1月3日の撮影記です。

秩父鉄道は、毎年、元日から3日間(今年は1月10日まで)、急行列車に使用される6000系電車に、「開運号」のヘッドマークを掲出し、一部の急行列車を、「開運号」として運転している。これは、先代の急行用車両である3000系、更にその前の300系が現役だった頃から行われている恒例行事であり、私も、15年以上、「開運号」の撮影を兼ねて、秩父を訪れ、初詣も秩父神社へ行くようにしている。

2年続けてコロナ禍で迎えた新しい年。今年も、例年同様、秩父へ向かうことにした。前の記事で触れたように、今年は、電気機関車の三重単を撮るために、例年よりも更に早い時間に出発。7時50分頃には、三重単の撮影場所である大野原No2踏切に到着していた。

踏切で待つことおよそ25分。8時15分頃になるが、上りの急行列車がやって来た。

Img_6d31251s
熊谷行き急行「秩父路4号」

三重単よりも後に来ると思っていた急行「秩父路4号」。この日、この列車に充当されていたのは、「開運号」のヘッドマークを掲出した6002F。秩父鉄道の公式サイトによると、6000系車両2編成に「開運号」のヘッドマークを掲出しているとのこと。昨年は、新型コロナウイルスの影響により、正月も急行列車が一部運休となっており、「開運号」のヘッドマークを掲出した6000系は1編成しか撮影出来なかったが、今年は、急行列車の運休もないため、車両故障などがない限りは、2編成分撮影できることになる。三重単を撮るための待機中ではあるが、まず、1本目の「開運号」ヘッドマーク付きの6000系を撮影することができた。

そして、この急行列車に遅れること15分後、三重単を撮影したのは、前の記事で触れた通りである。

続きを読む "秩父鉄道 急行「開運号」と「SL秩父錦号」を撮影する"

| | コメント (0)

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。

旧年中は、TOMOの鉄日誌をご愛顧いただきましてありがとうございました。今年も昨年同様、鉄道を中心に様々な話題を取り上げていきたいと思います。

Img_6d25016s
西武多摩湖線の運行を支える9000系車両。

昨年、私の地元路線でもあります、西武鉄道多摩湖線は、国分寺駅へのホームドア設置に伴い、20年以上、多摩湖線を支えてきた101系ワンマン車が撤退し、ワンマン化改造を受けた9000系へ置き換えられました。そして、多摩湖線以外では、旧2000系の置き換えの再開、そして、10000系レッドアロークラシックの廃車等、出会いよりも別れの多い1年だったように感じます。

Img_6d29674s
40000系の2021年度最終増備車40157F。この編成は、2021年11月7日から12月24日まで、新宿線系統で運行された。

コロナ禍で迎えた2022年。40000系が増備されれば、2000系の廃車が進んでいくという1年になっていくものと思われます。少しずつ姿を消していく2000系を、少しでも多く記録出来たら・・・そう考えております。

今年も、TOMOの鉄日誌を、どうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

西武6000系 6152Fが玉川上水車両基地へ回送される

12月4日、午後の撮影記です。

西武鉄道では、現在、列車無線のデジタル化を進めている。その中でも、池袋線で運行中の6000系に関しては、デジタル無線への改造工事を、玉川上水車両基地で実施し、送り込みの回送に関しては、主に土曜日の午後に運転されているため、弊ブログでも、これまでに何度か、玉川上水車両基地へ向かう、6000系の回送列車の撮影記をお伝えしている。ここ最近では、タイミングが合わず、取り上げていなかったが、11月20日に、6107Fが玉川上水車両基地へ送り込まれ、11月29日に出場したことをTwitterで確認。という事は・・・

前回の回送から二週間が経過。また新たな編成の送込みがあるのではないか。14時過ぎに、ちょうど所沢駅を通りかかったので、2番ホームの発車案内機を確認してみると、14時11分発の各駅停車西武新宿行きの次が「回送」と表示されていた。6000系の玉川上水車両基地への送込みがあることは間違いない。私は、14時11分発の各駅停車西武新宿行きに乗車。6000系の回送列車に先行する形で移動を開始した。とりあえず、以前、6000系の回送列車を撮影した、とある撮影地へ行ってみると、以前は問題なく取れた場所が、季節の経過に伴い、影だらけとなってしまっていた。そこで、この場所での撮影は諦め、拝島線内へ先行することに。考えた末に撮影地として選んだのは、小川駅。4番ホームの萩山方で待つことにした。

Img_6d30077s
小川駅5番線に進入する6152Fの回送列車。

15時00分、6000系の回送列車がやって来た。この日、玉川上水車両基地へ回送されてきたのは、アルミ車体の6152F。アルミ車体の6000系は、6151Fのみ新宿線での営業運転の実績があるものの、それ以外の車両は、池袋線系統一筋で運行されてきているため、このように、拝島線の線内で見かけると、とても珍しく感じてしまう。

20211204_150013s
国分寺線の2000系と一瞬の出会い。

進入シーンを撮り終えた後、振り向いて、国分寺線の2000系との並びを撮影。この日は、数少なくなった旧2000系、グローブベンチレーターを搭載した2027Fが、国分寺線の運用に就いており、6152Fとの並びを狙ったが、残念ながら、2027Fによる東村山行きの発車の方が早く、残念ながら、ご覧のような感じでしか撮ることが出来なかった。

20211204_150054s
停車してから6152Fのみ撮影してみる。

そして、6152Fが完全に停車してから撮影してみたが、信号機の設置場所の関係で、かなり広角で撮らないといけないような状況であった。

続きを読む "西武6000系 6152Fが玉川上水車両基地へ回送される"

| | コメント (3)

西武球場前駅 ライオンズファン感謝イベントに合わせて復活した18番ホームを訪ねる

12月4日の撮影記です。

「平成の怪物」と呼ばれた、埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手が、今シーズン限りで現役を引退。10月19日、メットライフドームで開催された引退試合に合わせて、西武球場前駅の5番ホームを、一夜限りの18番ホームとした上で、同ホームに、三代目L-TRAINを展示するなどのイベントを開催したのは、弊ブログ、2021年10月31日付記事でお伝えしたとおりである。

引退試合から1か月半。日本シリーズも終了し、プロ野球も全日程が終了。シーズンオフに突入し、埼玉西武ライオンズも、12月4日に、本拠地のメットライフドームでファン感謝イベントを開催した。当日は、松坂大輔選手の引退セレモニーも行われることになり、西武球場前駅には、再び18番ホームが出現。三代目LーTRAINを同ホームに展示するほか、松坂大輔選手引退記念乗車券の先行販売も行われた。

およそ1か月半ぶりに一日限り復活となる18番ホーム。土曜日だったこともあり、私も、昼頃に西武球場前駅へ。18番ホームを見物することにした。

20211204_124514_1s
12月4日 埼玉西武ライオンズのファン感謝祭に合わせて、再び18番ホームが出現。

まずは18番ホームの標識を入れて撮影してみる。そして、今度は車両を中心に撮影することに。

Img_6d30029s
18番ホームに停車中の20104Fと、4番ホームの6107F。

三代目LーTRAINは、池袋線と新宿線に1編成ずつ配属されているが、松坂選手の引退試合となった10月19日の時点では、池袋線で三代目L-TRAINとして運行されている20104Fが、武蔵丘検修場に入場中だったため、新宿線に所属する20105Fを、わざわざ送り込んで展示されたが、今回は、池袋線で運行中の20104Fをそのまま西武球場前駅に送り込み展示された。

続きを読む "西武球場前駅 ライオンズファン感謝イベントに合わせて復活した18番ホームを訪ねる"

| | コメント (0)

西武2000系 2007Fが新宿線の快速急行に充当される

2001Fの廃車に伴い、旧2000系最後の8両固定編成となってしまった2007F。

新宿線には、土曜・休日ダイヤに、西武新宿~本川越間を走る快速急行が、下りのみ2本運転されており、2021年3月13日のダイヤ改正以後は、1本目が20000系及び30000系の8両編成。2本目が20000系又は30000系の10両編成の他、6000系や40000系ロングシート車が充当されており、基本的に2000系が入る可能性は少ない列車である。

土日の朝は、この快速急行と、多摩湖行きの急行に何が入るのか、それを調べることから始まるのだが、今朝は、西武線アプリの列車位置情報を見て、快速急行1601列車の送込みとなる、各停西武新宿行き5812列車に、旧2000系の8両編成が入っているのを発見。これは間違いなく2007Fでの運転である。9時40分頃自宅を出発し、自転車で、小平~久米川間、東萩山小学校前へ。既に待機していた方にご挨拶をした後、1本目の快速急行を待つことにした。

Img_6d29608s
小平~久米川間を行く快速急行本川越行き1601列車。

9時56分、2007Fによる快速急行本川越行き1601列車がやって来た。完全な逆光での撮影ではあるが、今や西武鉄道の現役最古参車両となってしまった、2007Fによる快速急行を撮影できたことは有り難かった。

続きを読む "西武2000系 2007Fが新宿線の快速急行に充当される"

| | コメント (0)

廃車回送から11日 横瀬車両基地に佇む2411Fと2063F

11月13日の撮影記を続けます。

「DORAEMON-GO!」の特別運行に合わせて、秩父を訪れた私。横瀬駅周辺では、「DORAEMON-GO!」を都合4回撮影しているのだが、横瀬で忘れてはいけないのが、11月2日に廃車回送された、2411Fと2063Fの記録。廃車回送から11日が経過。何か変化が表れているだろうか。

「DORAEMON-GO!」による西武秩父行き5023列車、飯能行き5032列車を撮り終えた後、横瀬車両基地全体を見渡すことが出来る道路の歩道へ。まずは、車両基地全体が写るように撮影してみる。

Img_6d29463s
黄色い電車が目立つ横瀬車両基地周辺。

「DORAEMON-GO!」の記事でも触れたように、この日は、午前中の5015列車、そして夕方の快速急行1002列車が、2000系での運転だったこともあり、この場所から見ても、黄色い電車の姿が目立つ。とは言え、現役なのは、右端に写る2091Fのみ。10両編成に組まれたまま解体線に入った2411Fと2063Fは、切り離されているのが、この場所からでも確認できる。

続いて、車両基地の搬入口へ移動。ここから、解体線に佇む2411Fと2063Fを撮影する。

Img_6d29464s
解体線で搬出を待つ2411Fと2063F。

廃車回送当日は、草が伸び放題で、ライブビュー機能を使っても、車両の足回りまで綺麗に撮れなかったが、この11日間の間に除草作業が行われており、この場所からでも、綺麗に撮ることができた。

続きを読む "廃車回送から11日 横瀬車両基地に佇む2411Fと2063F"

| | コメント (0)

西武30000系 「DORAEMON-GO!」が埼玉県民の日に合わせて飯能~西武秩父間で特別運行

11月14日は、埼玉県民の日。

西武鉄道は、埼玉県民の日に合わせて、11月13日と14日の2日間、38101F「DORAEMON-GO!」を、飯能~西武秩父間を各駅停車として、各日4往復運行することになった。38101F「DORAEMON-GO!」は、10月19日から、約2か月間の期間限定で、池袋線・狭山線などを運行しており、期間中、いつかは西武秩父まで乗り入れることもあるだろうと思っていたのだが、思わぬ形で、飯能~西武秩父間での撮影チャンスが回って来た。これはしっかり撮っておきたい。

11月13日。私は、「DORAEMON-GO!」を撮影するため、秩父方面へ向かう。途中、所沢駅で、一旦出場。埼玉県民の日に合わせて発売された、埼玉県内の西武線が乗り放題となる「埼玉県民の日きっぷ」を購入。480円で、埼玉県内の西武線が一日乗り放題となるのは、とても有り難い。

所沢駅で、朝食を食べた後、飯能行きに乗車。そして、飯能駅からは、8時54分発の秩父鉄道直通の長瀞・三峰口行きに乗車し、吾野へ。この日、最初に選んだ撮影地は、吾野駅手前のカーブ。午後が順光となるポイントであるが、空いている時間帯に訪れておこうと、あえて、この場所を選んだ。

撮影地に到着してから約15分。「DORAEMON-GO!」がやって来た。

Img_6d29400s
東吾野~吾野間を行く38101F「DORAEMON-GO!」

定番撮影地、吾野のカーブを行く38101F「DORAEMON-GO!」。まずは、「各停 西武秩父」と言う行先表示も読めるように撮影しようと思い、この時間帯を選んだのだが、とりあえず、行先表示は読めるように写ってくれて一安心である。

続きを読む "西武30000系 「DORAEMON-GO!」が埼玉県民の日に合わせて飯能~西武秩父間で特別運行"

| | コメント (0)

西武多摩川線 101系249Fの甲種輸送を撮影する

10月31日から11月2日にかけての撮影記です。

前の記事でも触れたように、赤電カラーの253Fが多摩川線へ向かった。そして、入れ替わりに、ツートンカラーの249Fが本線側に戻ってくることとなった。

10月31日、この日は衆議院選挙の投票日。出掛ける前に、自宅近くの投票所で投票を済ませた後、一路、八王子へ向かう。11時13分、八王子駅に到着。今回も、まずは八王子駅構内の撮影からスタートするのだが、次の撮影地に移動するため、八王子駅に滞在できるのは約10分しかない。撮影後、すぐに立川方面へ折り返すことが出来るように、まずは撮影前に、改札を出場し、ここまでの運賃を精算。すぐに再入場した上で、撮影を開始した。

Img_6d28858s
横浜線のE233系との並び。

再入場後、横浜線ホームへ。タイミング良く、横浜線の東神奈川行きが、まもなく発車するというタイミングだったため、まずは、横浜線のE233系と、ツートンカラーの249Fとの並びを撮影した。

Img_6d28862s
国鉄色EF65 2068号機が牽引を担当。

続いて、ホームの先端へ移動し、機関車側から編成全体を撮影してみる。この日、249Fの甲種輸送を担当するのは、国鉄色を纏うEF65 2068号機。晴れれば、この時間帯、この場所からは順光で撮影が出来るのだが、前日とは対照的に、曇り気味で、時々小雨が降るような天気だったため、光線を気にする必要がなく、手短に撮影を済ますことができた。

続きを読む "西武多摩川線 101系249Fの甲種輸送を撮影する"

| | コメント (0)

西武多摩川線へ向かう101系253Fの甲種輸送を撮影する

およそ1週間前、10月30日の撮影記です。

約3ヶ月に一度の割合で実施されている、西武多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送。10月30日から31日にかけて、甲種輸送が実施された。今年は、1回目の甲種輸送が、降雪予報のため、途中で打ち切りとなり、仕切り直しの甲種輸送が2月27日から28日にかけて実施されているため、今回が5回目の甲種輸送となった。

今回の甲種輸送では、多摩川線からツートンカラーの249Fが本線側に戻ることとなり、逆に、本線側からは、赤電カラーの253Fが送り込まれることになっていた。

10月30日、多摩川線に向かう253Fの甲種輸送を撮影するため外出する。253Fは、前日の池袋線上り終電後に、263Fに牽引され、所沢駅へ移動。ここで朝を迎えていた。11時30分頃、所沢駅に到着した私は、所沢陸橋ではなく、池袋線の電車に乗り換え秋津へ。40157Fの甲種輸送の際に、秋津神社裏側の公道から、連絡線を行く263Fを撮影したが、今回は、ここで多摩川線の甲種輸送を撮影するつもりだった。実は、5年前に、この場所で撮影したこともあり、当時の画像を見て、何とかなりそうと判断していた。しかし、実際に現地へ行くと、影がかなり目立っており、これでは、263Fには陽が当たるものの、後ろの253Fは影が掛かってしまうことが判明。更に、先客をよけるために、やや後ろから撮ろうとすると、5年前と比べて木が成長しており、撮影にはかなり支障が出ることとなってしまった。仕方なく、この場での撮影を諦め、甲種輸送時の入替作業を観察している陸橋へ移動することにした。しかし、新秋津駅前までたどり着いた時、連絡線を通過する列車の走行音が・・・ 今年3月のダイヤ改正以降、新秋津までの送込みの時刻が10分早くなっていたのを失念していた。

Img_6d28713s
263Fに牽引されて、新秋津へやって来た253F。

仕方なく、新秋津駅前の陸橋上から、253Fを後追いで撮影してみた。相変わらず、所沢駅12時ちょうど発だと思い込んでいる私。何ともお恥ずかしい話である。

このまま、入替作業を観察するため、いつもの陸橋へ。

Img_6d28723s
EF65 2084号機が既に待機していた。

時刻は12時05分。既にJR線内の牽引を担当する、EF65 2084号機が待機していた。私は、機関車の入替を見届けようと、陸橋上でそのまま待機することにした。

続きを読む "西武多摩川線へ向かう101系253Fの甲種輸送を撮影する"

| | コメント (0)

西武2000系 2063Fと2411Fが横瀬車両基地へ廃車回送される

11月2日、西武池袋線を中心に活躍してきた2063Fと、西武新宿線を中心に活躍してきた2両編成の2411Fが、横瀬車両基地へ廃車回送された。

既に40000系の今年度最終増備車である40157Fも入線しており、玉突きで、廃車となる車両がいつ出てもおかしくない状況。今回は、2016年に廃車となった2097F以来、5年ぶりとなる新2000系からの廃車発生となった。

Img_6d27212s
横瀬車両基地へ廃車回送された2063F。(2021年9月19日撮影)

2063Fは、1990年、東急車輛で製造された車両。東急車輛で作られた新2000系では、初の8両固定編成で、新宿線に投入されたものの、池袋線の4ドア化推進に伴い、2061Fと共に池袋線へ異動。以後、約30年に亘り、池袋線系統で活躍してきた。

Img_6d23359s
快速池袋行きとして、池袋線の複々線区間を行く。(2021年5月16日撮影)

しかし、30000系等の新型車両の投入により、新宿線から一緒に転じた2061Fや、その後に池袋線へ直接投入された所沢工場製の2065F、2067F、狭山線用に配属されていた4両編成の2531F、2533Fが新宿線へ異動すると、中期型と呼ばれるドアの窓が角ばった大型窓のタイプの車両は、池袋線では2063Fのみとなってしまった。

Img_6d23379s
急行飯能行きとして複々線区間を行く。(2021年5月16日撮影)

池袋線では、5年前に廃車となった2097Fと同様、異端車としての扱いだったのか、他の2000系で見られるような、パンタグラフの削減や座席へのスタンションポールの設置が行われておらず、車内は、扉付近へのつり革増設以外は、デビュー当時の面影を色濃く残している。撮影する側から見ても、パンタグラフが8両編成で6基上昇。そして、行先表示も幕式という事で、撮りがいのある車両であったが、この度、残念ながら廃車となってしまった。

続きを読む "西武2000系 2063Fと2411Fが横瀬車両基地へ廃車回送される"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧