カテゴリー「鉄道:西武」の1000件の記事

西武多摩湖線 9000系9108Fのハンドル訓練を撮影する その1

9月12日と13日、15日から17日までの間、西武多摩湖線、萩山~西武遊園地間で、9000系ワンマン対応車、9108Fを使用したハンドル訓練が実施されました。今回のハンドル訓練は、運良く、土日にも運転されたので、撮影することが出来ました。弊ブログでは、土日と重なりました、9月12日と13日のハンドル訓練の様子を2回に分けてお送りしたいと思います。

9月12日、私は9時40分頃から萩山駅の3番ホームで観察をしていた。9時54分発の国分寺行きが発車すると、3番ホームの発車案内器の二段目に「回送」の二文字が・・・ これが9108Fという事だろうか。

9時59分、その回送列車がやって来た。

Simg_6d6282
萩山駅3番ホームに進入する9108F。

入線してきたのは、多摩湖線の新顔となる9000系9108Fの回送列車。9108Fは、国分寺行きの4両編成停車位置目標よりも手前、萩山駅留置線へ入庫する際の停止位置目標に停車した。ここで、多摩湖線管理署の乗務員さんにハンドルが託される。

S20200912_100224
一旦留置線へ向かう。

10時02分、9108Fは、3番ホームから下り方へ向けて発車。留置線へ向かった。

Simg_6d6291
クネクネ曲がりながら留置線へ向かう9108F。

私は留置線へ向かう9108Fを撮影しながら、この後の予定を考える。時間的に見て、萩山~西武遊園地間の不定期スジを使ってハンドル訓練が実施されることは間違いない。西武遊園地方面へ先回りすることも考えたが、とりあえず、留置線からの出庫。そして西武遊園地方面へ向かう9108Fを撮影してから移動することにした。

続きを読む "西武多摩湖線 9000系9108Fのハンドル訓練を撮影する その1"

| | コメント (0)

横瀬車両基地へ向かう 西武101系263Fの回送列車を撮影する

8月23日に到着した、西武40000系40153Fの牽引を担当した101系263F。

多摩湖線と牽引業務を兼任している263Fは、通常であれば、牽引業務が終われば、すぐにでも多摩湖線へ復帰となるのだが、40153Fが入線する5日前に、9000系9102Fが横瀬車両基地へ回送されているので、多摩湖線へ戻らずに、4連化された9102Fを牽引するために、横瀬へ向かうのではないか。6月9日に中間車6両を廃車にするために、横瀬車両基地へ回送された9105Fは、一週間後の6月16日に263Fが送り込まれ、その2日後の6月18日に、263Fが4連化された9105Fを牽引して武蔵丘に向かった。前回と同じパターンであれば、40153Fの甲種輸送終了後、火曜日に263Fを横瀬に送り込み、木曜日に4連化した9102Fを牽引して武蔵丘へ・・・と言う可能性が高い。そこで、8月25日は、夏休みとして休暇を申請。横瀬方面へ向かうことにした。

もし、263Fが回送されるとすれば、9102Fの横瀬車両基地への回送時と同じスジではないか。Twitterの目撃情報から、小手指はお昼前の出発と断定。飯能駅を12時13分に出発する西武秩父行きに乗り込み、まずは吾野へ。9102Fの回送は、ここで暫く停車していたのだが果たして・・・

13時03分頃のこと。吾野駅の3番線(ホームのない側線)に263Fの回送列車がやって来た。

Simg_7d79289
吾野駅の3番線(側線)に入線してきた263Fの回送列車。

263Fの回送列車は、この吾野駅で、上り各停飯能行きと、下り各停西武秩父行きと交換する。列車3本並びが見られると、一気に私のテンションも上がって来たのだが・・・

Simg_7d79291
出発信号機の位置により、263Fの最後部はこの場所に。

3番線の停止位置目標は、出発信号機の位置の都合上、4両編成でも10両編成でも同じ位置。また、ここで交換する飯能行きと西武秩父行きは、ともに4両編成と言う事で、列車が3本並んでも、頭位置が揃わないという事を、お恥ずかしい話、263Fが停車するまで忘れていた。

続きを読む "横瀬車両基地へ向かう 西武101系263Fの回送列車を撮影する"

| | コメント (0)

西武40000系40153Fの甲種輸送を撮影する

およそ三週間前。8月22日から23日にかけてのお話です。

新型コロナウイルスの影響か、西武鉄道からは、未だに2020年度の鉄道事業投資設備計画が発表されていないが、今年度の新製車両第1弾となる40000系ロングシート車、40153Fが製造メーカーである川崎重工業の兵庫工場で落成し、8月20日から23日にかけて甲種輸送が実施された。

今年度最初の新製車両という事で、8月22日と23日の2日間、40153Fの甲種輸送の撮影に臨むことに。まずは22日であるが、この日は横浜羽沢駅までの輸送という事で、午前中が勝負となる。

8月22日朝、6時40分頃に自宅を出発。萩山駅から国分寺・新宿・戸塚と経由し茅ケ崎へ。ここから平塚駅行きのバスに乗り込み、目指したのは、これまでに40000系の甲種輸送の撮影では何度か訪れている馬入橋。出来るだけ密を避ける場所は、ここしか思い付かなかった。9時15分頃、馬入橋に到着。この時点で撮り鉄さんの姿はそれほど多くなく、安心して撮影場所を確保することが出来た。

現地到着から約25分。9時40分頃になるが、40153Fの甲種輸送列車が、相模川の鉄橋に差し掛かった。

Simg_7d78915
相模川を渡るEF210-105号機+40153F。

この日、40153Fの甲種輸送の牽引を担当したのは、吹田機関区に所属するEF210-105号機。EF210の100番台車は、新鶴見機関区にも配属されており、首都圏でもよく目にする機関車であるが、100番台車のうち、初期に製造された108号機までは、パンタグラフが下枠交差型を採用しており、この106号機も、御覧のように下枠交差型のパンタグラフが搭載されている。

Simg_7d78922
近付いてきたところで、更にもう一度。

下枠交差型パンタグラフ搭載の100番台車という事で、若干気をよくした私は、更に近付いてきたところで、もう1枚撮影してみた。

続きを読む "西武40000系40153Fの甲種輸送を撮影する"

| | コメント (0)

ブログ開設16周年

いつも「TOMOの鉄日誌」をご覧頂きまして有難うございます。

2004年9月6日に誕生した「TOMOの鉄日誌」は、おがげさまで、本日9月6日で、開設16周年を迎える事になりました。

そこで、今回は、16周年にちなみまして、この車両のお話をしたいと思います。

Sx9889s_1
横瀬車両基地内の入替に使われているD16号ディーゼル機関車。

年に一度、横瀬車両基地のイベントでその姿をご覧になられたという方も多いかと思いますが、D16号ディーゼル機関車です。この車両は、D15形と言う形式であり、元々は、西武拝島線小川駅から伸びていた、ブリヂストン東京工場の専用線で使われていました。1983年に同専用線の廃止に伴い西武鉄道へ譲渡され、東横瀬駅・横瀬駅・横瀬車両基地構内の入替に活躍しましたが、1996年、西武鉄道の定期貨物列車の廃止に伴い除籍。除籍後の現在でも、横瀬車両基地内の入替業務に使用されています。

なお、このD15形機関車には、もう1両、D15号車があり、西武鉄道での貨物列車廃止後に秩父鉄道へ譲渡されています。

Simg_6d2873
西武鉄道の貨物列車廃止後に秩父鉄道へ譲渡されたD15号車。

弊ブログは、本日より17年目に突入いたしました。引き続き、多くの皆様に楽しんでいただけるよう、精進してまいります。今後とも、TOMOの鉄日誌を、どうぞ宜しくお願いいたします。

なお、ブログ開設15周年の記念企画として計画をしておりました、しなの鉄道115系の貸切列車についてですが、台風、そして新型コロナウイルスの影響により、現在、企画そのものが一旦保留状態となっております。企画そのものにつきましては、コロナの状況を見ながら、密を避ける形で実現できればと考えております。いつの日か、貸切列車のご案内が出来る日まで、気長にお待ちいただければ幸いです。

| | コメント (0)

防災の日 正午の西武柳沢駅

本日、9月1日は、防災の日。

西武鉄道は、毎年防災の日の正午に、強い地震があったことを想定して、全線で列車を一旦停止させ、3分間の徐行運転を行う。優等列車も運転されているだけに、正午には、駅を通過している場合もある。その場合は、駅間で停止した後、3分間の徐行運転を行い、最寄りの駅で一旦停車をするので、日頃は優等列車が通過する駅に、優等列車が停車すると言うシーンを見る事も出来る。

私は、毎年、この模様を記録している。平日に重なった場合は、休暇を取って観察をしている。今年の9月1日は火曜日。と言う事で、夏季休暇として与えられる3日のうち、1日を、この9月1日に充てた。

さて、今年はどこへ行くか。火曜日と言う事は、あの列車も気になる。色々と計画を立てていると、前後のスケジュールの都合上、新宿線での観察がベストと言う判断になった。そこで、出かける前に、新宿線の車両運用を調べてみると、6000系のトップナンバー、6101Fが西武新宿駅を11時41分に発車する急行拝島行き2319列車に充当されることが解った。この列車、田無駅には12時02分に到着することになっており、東伏見駅または西武柳沢駅で正午を迎え停車するのではないかと予想。そこで、11時30分頃から西武柳沢駅で、通過する下り列車を観察すると、お目当ての列車の20分前で、田無駅11時42分着の急行拝島行き2317列車は、11時40分に西武柳沢駅を通過したことから、西武柳沢駅で観察することに決めた。

防災の日企画で、西武柳沢駅を訪れたのは、2015年以来5年ぶりのこと。観察場所は、2015年の時と同じく西武柳沢2号踏切。狭い踏切なので、通行人の邪魔にならないように、11時55分頃から待機する。

Simg_6d6080
西武柳沢駅に停車中の各停本川越行き5629列車。

11時59分、2000系による各停本川越行き5629列車が、1分遅れで西武柳沢駅に到着。もしかしたら、このまま、この列車が正午を迎えてしまうのではないかと、一瞬心配したが、そのまま西武柳沢駅を発車していった。

続きを読む "防災の日 正午の西武柳沢駅"

| | コメント (0)

西武9000系 9102Fが横瀬車両基地へ回送される

TwitterやFacebookからの情報となりますが、本日8月18日、池袋線の優等列車で活躍を続けてきた、9000系の9102Fが横瀬車両基地へ回送されたとのことです。横瀬車両基地到着後は、9108F、9105F同様、この編成も、多摩湖線への転用に向けて、3~8号車の6両を抜き取って、4両編成化されるものと思われます。

9102Fは、現存する9000系の中では、レッドラッキートレインとして、京急カラーで運行中の9103F同様、ベンチレーターが残されているのと、スカートの形状が、新2000系と同タイプであることが特徴の編成でした。

実は、8月15日に、池袋線を10両編成で運行中の9000系を撮影しておこうと、酷暑の中、出かけておりまして、その際に、9102Fも撮影しておりました。本日は、8月15日に撮影した、9102Fの画像を取り上げたいと思います。


Simg_7d78816
元加治駅に進入する9102F。(準急池袋行き4122列車)

この日の9102Fは、運用サイトによると、私が撮影した4122列車として池袋へ向かった後、折り返し急行飯能行き2135列車で入庫してしまう事から、残された撮影チャンスは多くない状況。しかし、西武線アプリなどを見ていくと、撮影後に4122列車に乗車し、所沢へ向かうと、準急飯能行き4123列車として運転中の9104Fと並ぶことが判明。元加治駅から9102Fによる4122列車に乗車後、小手指で快速急行に乗り換えて所沢へ先回り。池袋方にある乗り換え専用跨線橋上から、9102Fと9104Fとの並びを撮影することに。

S20200815_120356
所沢駅で並んだ9104F(左)と9102F(右)

8月15日現在で、10両編成の9000系は残り3編成。10両編成で残る2編成の黄色い9000系が見事に並んでくれました。

この後、急行飯能行き2135列車となる9102Fを撮影するため、保谷へ移動。駅から5分ほど歩いたところにある歩道橋付近で、9102Fを待つことに。

Simg_7d78862
保谷を通過する9102F。(急行飯能行き2135列車)

暑い1日でしたが、10両編成で走る最後の姿を、良好な光線状態で撮影することができました。

これにより、池袋線に残る10両編成の9000系は、残り2編成。最新の鉄道ダイヤ情報によると、8月23日の朝には、今年度の40000系増備車第1弾となる40153Fが、新秋津に到着する予定となっています。引き続き、10両編成で優等列車運用に就く姿を、出来る限り、記録していきたいと思います。

| | コメント (0)

西武10000系 10108Fの疎開回送に遭遇する

7月28日に、武蔵丘検修場を出場した9000系ワンマン改造車9108F。

暫くの間、小手指車両基地に留置されていたが、8月5日、小手指車両基地から南入曽車両基地へ回送された。どう見ても多摩湖線用車両であることから、いずれ玉川上水車両基地へ回送されるだろう。多摩湖線用の101系ワンマン車が、南入曽車両基地から上石神井経由で玉川上水車両基地へ回送される場合、平日の夕方に回送されることが多く、上石神井には18時16分頃の到着の筈。季節柄、まだまだ明るい時間帯なので、上石神井付近なら撮影出来そう。

5日夕方から、帰宅ルートを上石神井経由に。そして6日からは一眼レフカメラ持参で出勤。5日・6日と2日続けて空振りに終わったが、ルート変更3日目となった8月7日の夕方、西荻窪駅から大泉学園駅行きの西武バスで、上石神井駅の北口に到着すると、上石神井駅4番ホームの発車案内器に「回送」の文字を発見。ギリギリのタイミングだったので、踏切付近で待機。約1分後、踏切が鳴り出し、背後から回送列車が近付いてきた、早速撮影を開始するが・・・

S20200807_181701
上石神井駅4番ホームに到着した、10000系10108Fの回送列車。

入線してきたのは、9000系ワンマン車ではなく、御覧のように10000系。今年3月のダイヤ改正で、池袋線・西武秩父線の定期特急列車が、001系ラビューに置き換えられ、状態の悪い初期車両を置き換えた。その際、新宿線には、レッドアロークラシックこと10105Fも転属されてきた事から、改正前より1編成多くなってしまった。その為、増えた1編成分が、定期的に玉川上水車両基地へ疎開するようになり、1か月ほど前から、10105Fが玉川上水車両基地へ疎開されており、この10108Fを玉川上水へ向かわせて、10105Fを復帰させると言う動きと見て間違いなさそうである。

残念ながら9000系には遭遇できなかったが、10000系の疎開回送を撮るのも悪くない。ここから先は、この10108Fの回送列車を撮りながら帰宅することにした。

続きを読む "西武10000系 10108Fの疎開回送に遭遇する"

| | コメント (0)

西武多摩湖線 休日ダイヤの入庫回送を見る

7月の4連休初日、7月23日のお話です。

新型コロナウイルスが感染拡大した中で迎えた四連休の初日。生憎の空模様ではあるが、出かける予定があり、その際に、前から気になっていた、西武多摩湖線の101系ワンマン車の入庫回送を見ようと思い、一眼レフカメラ持参で外出することに。

101系ワンマン車は、平日・休日ともに、不定期列車運転時や甲種輸送実施時等を除き、朝の運用を終えると、1編成が玉川上水車両基地へ回送される。以前は、この入庫のタイミングで、101系ワンマン車が、引き続き多摩湖線で運用中の車両と合わせて、萩山駅で3本並んだのだが、Twitterの書き込みでは、現在、平日ダイヤでは3本並びは見られないらしい。では、休日ダイヤではどうなのか。これを検証するのが目的だった。少し余裕をもって、9時20分頃、自宅を出発。徒歩で萩山駅へ。3番ホームの拝島・西武遊園地方から観察することにした。

Simg_7d78310
萩山駅留置線に待機する263F。

9時40分、留置線には263Fが待機中。この日、263Fは、9時23分に、国分寺発萩山行き6405列車として萩山駅に到着したところで、多摩湖線での運用が終了。玉川上水車両基地へ回送されるため、留置線へ引き上げていた。タイミング良くやってきた拝島行きは、2000系のトップナンバー2001F。LEDの行先表示が綺麗に写るように、シャッター速度を125分の1にして、拝島行きの2001Fと留置線の263F、そして西武遊園地からの国分寺行き241Fを入れて撮影してみた。ちなみに、この国分寺行きは萩山駅で5分間停車する。

S20200723_094359
萩山駅で並んだ伊豆箱根鉄道色の101系。

そして2分後の9時42分、1番ホームには国分寺からの萩山止まり261Fが到着。2編成ある伊豆箱根鉄道とのコラボレーション色の101系が、萩山駅で並んでくれだ。

続きを読む "西武多摩湖線 休日ダイヤの入庫回送を見る"

| | コメント (0)

西武9000系ワンマン改造車 9108Fが武蔵丘検修場を出場し小手指車両基地へ

新たなステージへ向けて、ワンマン運転へ対応するための改造を行っていた9000系9108Fが、本日、7月28日、武蔵丘検修場を出場。小手指車両基地へ回送された。

二代目L-TRAINとして、池袋線系統で活躍していた9108Fは、昨年10月に、横瀬車両基地へ回送された後、4両編成に組み直され、武蔵丘検修場へ回送された。実際には、半年間、検修場の手前にある武蔵丘車両基地内に留置され、今年4月10日に武蔵丘検修場へ入場。以後、多摩湖線でのワンマン運転に対応した改造工事が行われた。

武蔵丘検修場を午前中に出場していることから、昼頃には、Twitterに9108Fの出場試運転の模様が、続々とアップされていた。L-TRAINを彷彿とさせる青一色で出場し、小手指車両基地へ入ったとなると、ここで、多摩湖線版L-TRAINにするためのラッピング作業を行うことになるのだろうか。いずれにしても、青一色の姿は、早急に撮っておく必要があると判断し、夕方仕事を終えてから、急遽、小手指車両基地へ様子を見に行くことにした。西荻窪を出たのが18時頃のこと。国分寺・東村山・所沢と経由し狭山ヶ丘へ。小手指車両基地を見渡すことが出来る線路沿いの公道に辿り着いた時には、19時を過ぎてしまった。

到着後、早速、スマートフォンのカメラをナイトモードにして、撮影に臨むことに。あまり良い画像ではございませんが、青一色で出場したという備忘記録として、お付き合いいただけましたら幸いです。

S20200728_190224
武蔵丘検修場を出場し、小手指車両基地へ回送された、9000系ワンマン改造車9108F。

パンタグラフを下ろした状態で留置されていた9108F。まずは、飯能・西武新宿・国分寺方から編成全体を撮影してみる。

S20200728_190455
クハ9008側から編成全体を眺める。

そして、側道を小手指方向へ歩き、クハ9008側からも編成全体を撮影してみた。

続きを読む "西武9000系ワンマン改造車 9108Fが武蔵丘検修場を出場し小手指車両基地へ"

| | コメント (0)

西武多摩湖線 新2000系の代走運転を追う2020梅雨 その2

引き続き、多摩湖線の新2000系代走運転の記録。7月1日から12日までのお話となります。

7月1日、週に一度の2000系車両交換の日の帰り道。この日から2533Fが入線した。この編成は、一時期、池袋線で運行されていたことがあり、2531Fと合わせて、転属時に行先表示器をLED化している。多摩湖線の代走運転では、2016年10月18日から24日まで入線実績があり、今回、国分寺口へは、およそ4年ぶりの入線となった。入線初日。この日は、多摩川線の白糸台車両基地に立ち寄った後、帰宅したが、国分寺から乗車した多摩湖線の列車が、萩山駅で2533Fによる国分寺行きと交換することになっていたので、萩山駅でホームに降りて、2533Fとの交換シーンを撮影してみた。

S20200701_200842
萩山駅で交換する2533Fと241F。(2020年7月1日撮影)

この日、私が帰宅時に乗車したのは、伊豆箱根鉄道色を纏う241Fだった。短い停車時間を利用して、2533Fと241Fとの並びを撮影してみた。

そして翌日。帰宅時に、少しだけ足を延ばして武蔵大和駅へ。

Simg_x9325_1
武蔵大和駅に進入する2533F。(2020年7月1日撮影)

日照時間が長い時期とは言え、日没まで残り約30分。薄暗くなってきていることもあり、LEDの行先表示が眩しく感じられた。

続きを読む "西武多摩湖線 新2000系の代走運転を追う2020梅雨 その2"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧