カテゴリー「鉄道:西武」の906件の記事

西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その2

では、前回に引き続きまして、およそ2か月前に開催された、西武鉄道、武蔵丘検修場のイベントの模様をお送りして行きます。

会場到着後、早速40000系撮影会の列に並び、早々に40000系の撮影を終えた私。この後は、ステージ付近の物販コーナー等を覗きながら、休憩室を兼ねて解放されている、検修場の社員食堂へ直行する。相変わらず、普段の社員食堂時のメニューとは異なり、カレーライスやラーメン、焼きそばと言った、イベント開催時お馴染みのメニューが並んでいるが、今年は流行に乗ってなのか、今まで見なかった「ローストビーフ丼」がメニューに加わっていた。もちろん、それを注文。それでも、普段は入れない社員食堂での食事は、検修場の職員になれた気分が味わえる。

社員食堂では、会場で遭遇した人達と食事をしていると、あっという間に時刻は12時50分になっていた。そろそろ、会場から帰る人の臨時列車の運転が始まる時刻。第一便は、臨時改札口13時00分締切の為、私も臨時改札口付近へ向かい、飯能行き臨時列車(飯能から急行池袋行き)の撮影を優先する事に。

Simg_7d52578

検修場発飯能行き(飯能から急行池袋行き)臨時列車。いったん停止したところを撮影。

臨時改札口13時締切。1本目の飯能行き臨時列車(飯能から急行池袋行き)に使用されたのは、電車撮影会時から、この場所で待機していた、30000系30104Fだった。この編成は、立川真司さんが乗務した、所沢発の快速急行検修場行に充当されていた編成である。今回も、後から到着した車両が、先に検修場を出ていくと言うパターンだった。

続きを読む "西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その1

個人的なお話で恐縮ですが、5月以降、本業が多忙になったり、町内会の活動に参加したり、ちょっと疲れ気味だったりで、弊ブログの更新頻度が落ちています。今回取り上げるお話は、本来であれば、6月中に、お伝えしなくてはいけない話題なのですが、前年に引き続き、今年も、このタイミングでの執筆となってしまいました。1か月以上前のお話ではありますが、6月3日に開催された、西武鉄道の恒例のイベント、西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場について書いていきたいと思います。今更ではありますが、備忘録として、お付き合いいただければ幸いです。

当日、まずは、会場へ向かう臨時列車の撮影からスタートする。臨時列車は、池袋発快速急行飯能行き(飯能から検修場行き)が1本、元町・中華街発快速急行Fライナー飯能行き(飯能から検修場行き)が1本、所沢発快速急行飯能行き(飯能から検修場行き)が1本、計3本の快速急行と、飯能~高麗間の臨時列車が10本運転される。

まずは、池袋から出発する、快速急行飯能行きの撮影からスタートする。池袋線の快速急行は、Fライナーなどの地下鉄線からの直通列車が主流となり、西武線池袋発の4ドア車による快速急行は、昨年の武蔵丘検修場のイベントに合わせた臨時列車以来と言う事になるのだろうか。この快速急行をどこで撮ろうかと時刻表を眺めていると、どうも、ひばりヶ丘で特急列車の通過待ちをするのではないかと言う事を発見。快速急行が特急に抜かれる瞬間を撮るのも悪くないなと思い、ひばりヶ丘駅へ向かう事にした。

自宅から、まずは久米川駅へ。そこから所沢経由でひばりヶ丘へ。到着後、早速、ひばりヶ丘駅に隣接する、ひばりヶ丘1号踏切へ。この踏切から続く、線路沿いの道からカメラを構える事にした。ちょうど、同じような事をお考えの方がお一人いらっしゃったので、ご挨拶の後、立ち位置を決める。そして、8時41分、1番ホームに、池袋からの快速急行飯能行き(飯能から検修場行き)が到着。更に2分後、3番ホームに急行池袋行きが到着。

Simg_7d52499

ひばりヶ丘駅に到着した快速急行飯能行きと、急行池袋行き。

この日、武蔵丘検修場へ直通する1本目の臨時列車となる、池袋からの快速急行飯能行きには、30000系30103Fが充当された。御覧のように、ひばりヶ丘駅では、2代目L-train、9108Fによる急行池袋行きとの並びが見られた。

Simg_7d52507

快速急行飯能行きを追い越す特急「ちちぶ7号」

そして8時45分、特急「ちちぶ7号」が、ひばりヶ丘駅を通過。既に快速急行飯能行きの発車時刻となっており、特急がやや遅れていたようだ。


Simg_7d52513

ひばりヶ丘駅を発車し、一路、武蔵丘検修場へ向かう30103F。

特急が通過からおよそ2分後のこと。30103Fによる、快速急行飯能行きが、約2分遅れで、ひばりヶ丘駅を発車。武蔵丘検修場へ向かった。

続きを読む "西武・電車フェスタ2017in武蔵丘検修場 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する

では、ここで順番を入れ替えまして、7月8日のお話です。

約3ヶ月に一度の割合で実施されている、西武多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送。今年3回目となる甲種輸送が、7月8日から9日にかけて実施された。

今回の甲種輸送は、多摩川線へ245Fが送り込まれ、逆に、多摩川線からは、251Fが戻ってくる事になっていた。多摩川線へ送り込む245Fは、6月8日頃より、中間車2両に武蔵境自動車教習所の広告が貼られ、そのままの姿で、多摩湖線の運用に就いていた。この時点で、甲種輸送まで1ヶ月近くあるが、この編成が、多摩川線へ送り込まれる事が一目で解った。

Simg_7d52816_1

武蔵境自動車教習所の広告を貼ったまま、多摩湖線の運用に就く245F。(2017年6月17日撮影)

そこで、245Fが、武蔵境自動車教習所の広告を貼った状態で、多摩湖線を走る姿を記録しておこうと思い、6月17日に撮影してみた。まずは、萩山駅近くの萩山1号踏切から、萩山駅に進入する245Fを撮影してみた。直前になって、拝島線の下り列車が通過する事をすっかり忘れていて、一瞬焦ってしまったが、被られることなく、撮影する事が出来た。

Simg_7d52827

武蔵大和駅に進入する245F。(2017年6月17日撮影)

結局、この日は、その後の予定もあり、撮影したのは、萩山1号踏切と武蔵大和駅の2か所のみではあったが、ラッピング車が多摩湖線を走ると言う記録は出来たと、個人的には満足している。

続きを読む "西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武4000系 「長瀞・皆野リレー号」を撮影する

5月27日のお話を続けます。

西武鉄道及び秩父鉄道は、5月13日から28日までの土曜・休日、横瀬駅で、池袋駅からの特急列車に接続し、秩父鉄道の秩父・皆野方面へ直通する臨時列車「長瀞・皆野リレー号」を運転する事になった。

この「長瀞・皆野リレー号」は、5月13日から6月4日まで、埼玉県皆野町の「彩の国ふれあい牧場」で、「天空のポピー2017」が開催される事に合わせて運転されるもので、横瀬駅で池袋からの特急列車からの接続を受けた後、秩父鉄道へ入り、秩父駅まで運転し、同駅で秩父鉄道の上り列車に接続する列車が2本、更に、秩父駅を通り越して、長瀞まで運転される列車が1本の合計3本が運転される。

前の記事で触れているように、当日、私は、まず、武州原谷駅付近で、臨時「パレオエクスプレス」の送り込み回送の撮影をしていた。送り込み回送を撮影した後、秩父方面へ戻る為、徒歩で大野原駅へ。駅へ着くと、ちょうど、下り列車が接近してきた。乗車予定の列車までは、まだ時間に余裕が有った筈なのに、何だろうと、ホーム上からカメラを構えてみると・・・

Simg_7d52288

大野原駅構内に進入する西武4000系の回送列車。

御覧のように、接近して来たのは、西武4000系4003Fの回送列車。土曜・休日ダイヤで、池袋から秩父鉄道へ直通する列車のうち、長瀞行きの列車は、長瀞駅到着後、折り返し、秩父駅まで回送され、夕方の長瀞発の列車までの間、秩父駅構内で過ごす事になっている。

Simg_7d52291

後追い。

今回、横瀬~秩父・長瀞間に臨時列車を運転するに際して、池袋からの長瀞行き1001列車に使用された車両を、いったん芦ヶ久保まで回送させた上で充当する事は、西武鉄道の話題を取り上げている、複数のブログ等で確認していた。その為、大野原駅で4000系の回送列車が撮れた事は、その検証に使えるので有り難かった。とは言え、直前まで、この回送列車の事を忘れていたのは、何ともお恥ずかしい話である。

続きを読む "西武4000系 「長瀞・皆野リレー号」を撮影する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江鉄道822F 赤電撮影会に参加する 後編

では、引き続き、赤電撮影会の模様をお伝えしていきます。

Simg_7d52144

準急池袋行き。

種別板が大きくなり、緑の準急札による準急池袋行き。物心がついた頃には、この大きさの種別札になっていたので、私にとっては、この組み合わせの方がしっくりする。

Simg_7d52151

急行拝島・西武遊園地行き。

長年、萩山に住んでいる者として、子供の頃から見慣れていた拝島・西武遊園地行き。赤電でと言う事になると、急行より準急の方が良かったかなあと言う気もする。

続きを読む "近江鉄道822F 赤電撮影会に参加する 後編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江鉄道822F 赤電撮影会に参加する 前編

お待たせいたしました。それでは、5月21日に彦根で開催された、近江鉄道822F赤電撮影会の模様をお伝えしたいと思います。

前の記事で触れたように、撮影会前に、旧西武3000系を見に、高宮まで往復して来た私。彦根に戻って来た後、早めの昼食を摂ってから、駅近くの線路沿いの道で、列車2本を撮影。そして、撮影会の集合場所である、近江鉄道ミュージアムへと向かった。ミュージアムの前には、既に参加者が集まっており、見覚えのあるお顔が多数集まっていた。早速、参加費用を支払い受付を済ませる。そして、準備が整い、撮影会の会場へ。撮影会は、15名ずつ2班に分かれて行われ、私は運よく、1班に入れていただき、早速822Fの前に立つ事が出来た。

Simg_7d52091

820系822Fを限りなく西武鉄道時代に再現した姿で、撮影会開始。

この日の主役である822Fは、西武鉄道401系の更に前身である411系としてデビューした時の姿に、限りなく近い姿に復元した状態で、私達の前に現れた。隣には、同じく元401系であり、現在は主にビール列車等に使用されている、800系807Fが留置されているが、前面の形状が変更されている事もあり、とても同じ形式だったとは思えない並びである。

続きを読む "近江鉄道822F 赤電撮影会に参加する 前編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上信電鉄100形(旧西武451系) 解体作業始まる

もう一つ、高崎ネタで、我々、西武鉄道沿線在住の鉄道ファンには残念な知らせが入ってきましたので、この話題も触れておきたいと思います。

西武鉄道の旧451系と旧601系を、1980年から81年にかけて3編成、そして事故で1編成廃車になった車両の代替として、1985年に1編成譲受て、上信電鉄の近代化に大きく貢献した上信電鉄100形。1996年に引退し、最後まで残った103Fが、廃車後、高崎駅構内で倉庫として活用されてきたが、5月下旬、上信電鉄本社前の車両区へ移動。31日より解体作業が始まってしまった。

Simg_7d31155

高崎駅構内で倉庫として使われて来た、上信電鉄100形103F。(2014年11月8日撮影)

103Fは、20年以上に亘り、この場所に置かれ、倉庫として活用されて来た。長らく、野ざらし状態が続いた為、荒廃が著しかったが、2012年に再塗装が行われ、上信電鉄での現役時代には纏った事が無い、コーラルレッドに紺色の帯と言う、上信電鉄の旧標準色塗装となった。しかし、動かない鉄道車両を、屋外に置いたままでは、いくら再塗装をしても、荒廃は進むばかり。これ以上の維持は困難と判断されてしまったのだろう。

Img_7d27515_1

上信電鉄さんのご厚意で、普段は入れない場所からも撮影させていただきました。

2014年6月、高崎車両区で実施された、KUSUさん主催の赤電撮影会の際には、上信電鉄さんのご厚意により、103Fの近くまで、我々参加者を連れて行っていただき、普段は立ち入る事が出来ない場所から、同編成を撮らせていただきた事は、とても良い思い出。

西武鉄道451系最後の2両となった、上信電鉄100形103F。西武鉄道の一時代を担った貴重な車両を、1両も残す事が出来なかったと言う点では、正直、とても残念です。しかし、廃車になった車両を、20年以上に亘り、屋外に置いておくと言う事は、維持費が大変だと言う事も事実。これは、私が住む東村山市内にある、くめがわ電車図書館のクハ1150を見れば、良く解ります。それだけに、ここまで、同車両を残してくれた、上信電鉄さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。103Fは、まもなく、その姿を消す事になりますが、私達の心の中では、いつまでも走り続けていくことと思います。

上信電鉄103F、今まで本当にありがとう。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武鉄道2017年度鉄道事業設備投資計画

5月11日、西武鉄道は、2017年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。昨年は、5月12日に発表されたので、昨年よりも1日早い発表となった。

例年同様、車両面や設備面で主だったものを挙げてみた。

車両関係
「人にやさしい、みんなと共に進む電車」40000系を40両新製。

Simg_7d51220_1

今年度は40両が新製される事になった40000系。

2008年度から8年間に亘って増備されて来た30000系に代わり、進化したスマイルトレインとして、昨年度より登場した40000系。現在、2編成が、平日は有楽町線へ直通する有料座席指定列車「S-TRAIN」と、西武線池袋発着の優等列車に、土曜・休日は、横浜方面と西武秩父方面を結ぶ有料座席指定列車「S-TRAIN」に使用されているが、今年度も、昨年度に引き続き40000系が増備され、一気に4編成が投入される。

Simg_7d50754_1

土曜・休日は西武秩父まで入線する40000系。

今年度増備される4編成は、昨年度に登場した車両と同様、ロング・クロスシート転換車両」として製造される事になっており、来年度以降、「S-TRAIN」の増発もあるのかも注目される。

続きを読む "西武鉄道2017年度鉄道事業設備投資計画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武秩父発 臨時「パレオエクスプレス」を撮影する

では、引き続き3月25日のお話です。

西武鉄道と秩父鉄道は、3月25日と26日の2日間、共同イベントとして、SL列車「パレオエクスプレス」を、西武秩父~三峰口間で運転した。西武秩父駅への「パレオエクスプレス」の乗り入れは、昨年5月28日に初めて実施され、その後も7月20日、8月27日、そして、今年の1月7日と8日に実施されており、この日が通算6回目の入線となる。

これまでの実績通り、「パレオエクスプレス」は、早朝、広瀬川原車両基地を出発。9時20分頃秩父駅に到着し、ここで1時間半ほど停車。その後、いったん影森駅まで回送された後、11時30分頃、西武秩父駅に入線する。この日は、10時頃まで横瀬にいたため、「パレオエクスプレス」の回送列車を撮るのは、秩父~影森間に限定されてしまう。とりあえず、西武秩父駅から秩父駅方向に歩いて移動。秩父No4踏切付近で待機。「パレオエクスプレス」の回送列車の通過を待った。

Simg_7d50495

秩父~御花畑間を行く、「SLパレオエクスプレス」の回送列車。

手元の時計で11時01分頃のこと。「SLパレオエクスプレス」の回送列車が、ゆっくりと通過していった。西武秩父駅入線に際しては、機回しの関係から、最後尾に電気機関車を連結している。気になって後追いも狙ってみると・・・

Simg_7d50499

御供のデキは、客車と同じカラーのデキ201。

今年1月の運転時は、黄色と茶帯の旧秩父鉄道カラーを纏ったデキ502が、御供となっていたが、今回は、普段から広瀬川原車両基地~熊谷間の回送列車の牽引を担当している、デキ201が務める事となっていた。デキ201は、御覧のように、客車と同じカラーを纏っている為、編成としては、綺麗にまとまっている。

続きを読む "西武秩父発 臨時「パレオエクスプレス」を撮影する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横瀬車両基地へ廃車回送された2000系2015Fと2019F

3月25日に実施されたダイヤ改正を機にデビューした、西武鉄道の新型車両40000系。その40000系のデビューと引き換えに、長年、西武新宿線や拝島線等で活躍して来た2000系が置き換えられ、3月23日に2015Fが、3月28日に2019Fが、横瀬車両基地へ向けて、帰らぬ旅に旅立ってしまった。

Simg_7d50443

横瀬車両基地へ廃車回送された2015F。(2017年3月25日撮影)

ダイヤ改正当日、私は、40000系「S-TRAIN」を撮影する為、横瀬へ。撮影地へ向かう際、車両基地を見渡せる場所から、2015Fを撮影してみた。この時点で、廃車回送されてきてから2日が経過した2015F。よく見ると、既に一部の車両の方向幕が外されていた。

続きを読む "横瀬車両基地へ廃車回送された2000系2015Fと2019F"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧