カテゴリー「鉄道:近鉄」の5件の記事

千頭駅構内に留置中の旧西武車他を撮影

大井川鐵道の撮影記も、この記事が最後となります。もう少しだけお付き合いください。

第二大井川橋梁での撮影を終えた私は、崎平駅より下り列車に乗り込んで、大井川本線の終点である千頭駅へと向かった。千頭駅は、井川線の始発駅でもある。ここから更に大井川沿いを進む人達は、井川線へと乗り換えて行くが、今回の撮影記では、それ程の余裕は無い。実は、千頭駅にいられるのも約30分程度。この間にどうしても撮影しておきたいものがあったのだ。それは、千頭駅構内に留置されている引退した車両たちである。

Img_sx9388s

井川線のホームから見れる位置に留置されている312系。

井川線に対応した小さな貨車の後ろに見える車両は、既に引退した312系車両。ご存知の方も多いと思うが、この車両は、旧西武鉄道の351系電車である。弊ブログでは、先日、351系さよなら運転の模様を撮影した、古い写真を取り上げているので、お若い方にも、351系電車の圧倒的な存在感はお解りいただけたかと思う。大井川に入線した車両は、ドアを3ドアから2ドアに改造し、更に、初代レッドアローで使用していた転換クロスシートを設置。通勤形電車から観光に適した車両に生まれ変わった。大井川鐵道には、1977年と1980年に1編成ずつ、計2編成入線したのだが、現在では1編成だけが、千頭駅構内に留置された状態となっている。

続きを読む "千頭駅構内に留置中の旧西武車他を撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元京阪特急と元近鉄特急が夢の共演 大井川鐵道大井川本線

さて、タイ国鉄仕様のC56を撮影するために訪れた大井川鐵道大井川本線。撮影の行程上、同線の普通列車には何度かお世話になった。

今現在、大井川鐵道大井川本線を走る普通列車には、関西の大手私鉄である近鉄・南海・京阪の中古車が活躍をしている。近鉄からは、南大阪線・吉野線の特急列車用として活躍をしてきた16000系が、南海からは高野線の急行列車用として活躍してきたズームカー21000系が、そして京阪からは、テレビカーの愛称で親しまれた特急列車用の3000系が、それぞれ入線している。このうち、元近鉄車である16000系が3編成あり、現在の大井川本線の最大勢力となっている。

今回、私が訪れた8月14日現在、元南海の21000系に関しては、在籍している2編成共に、新金谷車両区に検査入場をしており、運用に就いていたのは、元近鉄の16000系3編成と、元京阪の3000系1編成であった。まず、この日の朝、最初に乗車したのは、前の記事でも触れたように、元京阪特急の3000系であった。

Img_sx9381s

金谷駅で出発を待つ3000系電車。

京阪電鉄で「テレビカー」として親しまれた3000系電車は、この大井川鐵道の他、富山県の富山地方鉄道でも活躍をしている。しかし、富山地鉄では、京阪カラーは消滅しており、この大井川鐵道では、両数は短くなってしまったものの、京阪電鉄で特急として活躍していた頃に近い形で使用されている。とは言うものの、今でも、京阪電鉄には、8000系と改番された上で、この車両が1編成残っているのだが・・・

ところで、この3000系が大井川入りするには1つ問題点があった。それは京阪と大井川鐵道ではレールの幅が異なると言う事。そこで、大井川鐵道では車体のみを譲り受け、台車は、営団地下鉄(現:東京メトロ)の5000系で使用されていたものを組み合わせて対応した。そのせいか、いざ走り始めると、何か走りに違和感を感じる。まあ、大井川鐵道の線路の状態も良くないのかもしれないが、何か浮いたような揺れを感じた。

続きを読む "元京阪特急と元近鉄特急が夢の共演 大井川鐵道大井川本線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ近鉄名古屋線を撮影してみる

続いては、弊ブログ久々の近鉄ネタです。

今回、JR東海のキヤ97を撮影する際に、1駅だけ近鉄名古屋線を利用した。下車駅である近鉄名古屋線の米野駅は、各駅停車しか停車しない小さな駅。名古屋駅新幹線ホームから、近鉄名古屋駅へ向かうと、ちょうど各駅停車が出たばかりで、次の列車までは15分ほどあった。そこで、待ち時間を利用して、近鉄名古屋線の車両を撮影してみる事にした。

まず、特急列車が発着するホームへ向かうと、ちょうど特急車が停車していた。ただ、残念な事に回送列車であるが、とりあえず、この車両から撮影する事にした。

2007_12_29_0020001

米野駅へ向かう際、近鉄名古屋駅で15分ほど足止め。待ち時間を利用して、近鉄の車両を撮影してみた。まず撮影したのは、スナックカー12200系。

12200系は、1969年から1976年までに製造された車両で、1967年に製造されたスナックカー、12000系の改良型。近鉄特急車の中では最大勢力を誇るまでになった車両である。スナックカーとは、1964年に東海道新幹線が開業してから、利用客が低迷した名阪特急の利用率回復を図るために、車内にスナックコーナーを設置した事から付けられた愛称らしい。当時は、カレーライスやサンドイッチなどの軽食を提供していた。

続きを読む "ちょっとだけ近鉄名古屋線を撮影してみる"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

近鉄名古屋線のローカル列車

では、再び名古屋ネタ。

名古屋車両区を見に行った後は、近鉄名古屋線の米野駅へ向かい、名古屋駅へと戻った。乗車券を買って入場すると、いきなり構内踏切。ここが本当に名古屋駅から一駅目なのかと疑いたくなる。

この米野駅周辺には近鉄も車両基地があり、そのために米野駅の線路配置はなかなか複雑だ。誰もいない上りホームのベンチに座りながら構内を観察。暫くして通過電車接近のアナウンスが入った。やってきたのは名古屋行きの準急だったが、なんと2両!近鉄名古屋線って急行は長い編成だと言うイメージがあるのだが、準急は2~3両が主流のようだ。

準急の通過後、各駅停車がやって来た。2800系と言う名古屋線では古めの車両である。あっと言う間に名古屋駅に到着した。せっかくなのでホームで撮影する事にした。折り返しは準急になるらしい。

IMGP5623

米野駅から乗車してきた2800系。

菱形パンタグラフが前に付いていて、なかなかいい感じである。よく見ると前面には昔使っていたと思われるサボ差しも残っている。

さて、隣のホームには、2両編成の各駅停車が停まっていた。どうやら、先程通過して行った2両編成の準急の折り返しらしい。

IMGP5625

よく見ると、この車両は9000系である。9000系と言えば、元々、京都・奈良線用の通勤車8000系の後継車種として登場した車両だと私は記憶しているのだが、いつの間にか名古屋線に移ってきたようだ。

近鉄の通勤車は、どうもデザインが殆ど同じわりに形式が数多くあるので、どうも関東在住のファンには解り辛い。それだけに研究すると逆に面白いのかなと言う気もする。今度、時間があるときに、一度近鉄通勤車についてじっくり研究してみても良いかなと思ったりもする。何か踏み入れてはいけない、危険な地域に入ってしまったかな?

| | コメント (6) | トラックバック (1)

伊勢鉄道の旧型車両を追う

JR名古屋駅から、快速「みえ」に乗車すると、四日市を過ぎた辺りで必ずと言っていいほど検札がある。その理由は、四日市の2駅先である河原田駅から、三重県の県庁所在地の津までの間、伊勢鉄道という第3セクターの路線を通過するためである。この伊勢鉄道、もともと国鉄伊勢線として運転されていたのだが、路線別で見ると採算が取れないということで、廃止対象路線になってしまった。全区間、立体化されていて、非電化ながら高速運転対応の路線であり、津・松阪や紀伊半島方面への短絡ルートになっている。そんな事から、この伊勢線は第3セクターの伊勢鉄道として残されることとなったのだ。

この伊勢鉄道も、他の第3セクター線と同じ様にレールバスが活躍している。開業当初から運用されていたイセI形は既に無く、富士重工製レールバスのイセII形1両と、新型のイセIII形3両で運用されている。

実は、2日夜に出席した名古屋でのオフ会の席で、この伊勢鉄道のイセII形がいよいよ無くなるらしいと言う話を聞き、是非記録しておきたいと思い、113系の「エキスポシャトル」撮影後に、関西線の普通列車で河原田へと向かった。伊勢鉄道の列車は、四日市から出発するのだが、青春18きっぷで乗っていることもあり、JR東海との分岐点である河原田から乗ることにしたのだ。

伊勢鉄道の河原田駅は、築堤上にあった。関西線の河原田駅は、その下にあるので、関西線ホームを降りて階段を上がり、築堤上の伊勢鉄道線ホームへ向かうと、誰も客はいなかった。無人の狭いホームで待っていると、すぐに快速「みえ」が物凄いスピードで通過。その後に、草取り作業をやっていた伊勢鉄道の職員さんがホームへとやってきたのだが、結局、私が乗車する普通列車が来るまで、客は私以外に現れなかった。

誰もいないホームで待つこと15分ほど、やって来た車両は新型車両イセIII形だった。

IMGP4070

後部ドアから整理券を引き抜き乗車。車内は数人の乗客が乗っている程度だった。前夜のオフ会の席で、車庫のある玉垣まで行けば、仮に運用に入っていなくても何とか撮影できるだろうと教わっていたので、とりあえず玉垣を目指した。新型車は乗り心地も快適。ボックス席に腰を落ち着かせ一息つく。さあまもなく玉垣に到着と言うところで、四日市行きとすれ違ったのだが、これがなんと目的のイセII形だ。運用に入っていたのは嬉しいのだが、このクソ暑い中、何も無い玉垣駅で1時間後の列車まで待たされるのかと思うとウンザリしてしまった。それならばと、予定を変更し、このまま伊勢鉄道を乗りとおして津へ移動。津ならば昼飯を食うことも可能だろうから、1時間の間に食事をして、1時間後のイセII形の到着を撮ることにしたのだ。

津駅周辺で食事を済ませて、私は線路に沿って歩き始めると、津駅近くの踏切付近に、順光で撮影できるポイントを発見。ここで待つ事にした。10分ほど待って、ようやくイセII形と対面を果たした。

IMGP4074

IMGP4075

この後、JR東海の気動車も撮影。この列車は亀山行きである。

IMGP4076

伊勢鉄道が無かったら、優等列車も亀山経由で運転しないといけない。この列車を見て、高速運転の出来る伊勢鉄道の存在が重要である事を改めて認識した。

さあ、撮影を終えて名古屋へと戻るのだが、JR・伊勢鉄道共に列車が来ない。そこで帰りは近鉄を利用する事にした。最初は急行を利用するつもりだったのだが、特急の方が先着すると聞き、奮発して近鉄特急に乗ることにした。私自身、初めての近鉄特急乗車である。やってきたのは22000系と言う車両だった。

IMGP4079

通称ACEと呼ばれており、近鉄の標準軌主要路線全域で活躍している車両。俗に言う汎用型というのだろうか。旧式の12200系などを置き換える形で新製された比較的新しい車両だ。いざ乗車してみると乗り心地はいいのだが、座席がやたらに硬く感じた。これなら地元の西武特急の方が良いなとさえ思ってしまった。まあ、この辺の感じ方は個人差もあるかもしれない。

名古屋に到着後、暫く観察していたら、特急車最古参の12200系が入ってきた。

IMGP4080

難波行きの特急にも入るようで、ベテランもまだまだ活躍の場があるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)