カテゴリー「鉄道:東葉高速」の10件の記事

B修繕工事を実施した05系第14編成に乗車する

6月4日夕方のお話です。

仕事を終えて、帰りに吉祥寺のヨドバシカメラに寄ろうと思い、西荻窪駅では、快速線ではなく緩行線のホームへ。1番線で電車を待っていると、やって来たのは、東京メトロ東西線からの直通電車だった。05系のワイドドア車両なのだが、昨年、B修繕工事を実施した第14編成だった。

東西線の主力車両とも言える05系は、1988年に第1編成が登場。長期に渡り増備された為、時代と共に仕様が変わり、様々なタイプの車両が運用されているのは、皆さんもご存知の通り。その中で、第14編成から第18編成までの5編成は、混雑が著しい東西線の乗降時間短縮を目標に、扉の幅を2メートル幅に広げたワイドドア車両として登場している。更に、ワイドドア第1号編成となった第14編成は、GTO素子によるVVVFインバーター制御を採用しており、異端車とも言える車両であった。

そんな05系第14編成も、デビューから早いもので20年以上が経過。2010年には、東西線の次世代車両として、15000系が登場し、05系の第1編成から第13編成を完全に置き換えたが、第14編成は、新型の15000系同様、ワイドドア車体となっている事からか、B修繕工事が実施された。B修繕工事は、昨年中に実施され、今年の春頃からは営業運転に就いていたのだが、巡り合わせが悪いらしく、今回、ようやく初乗車となった次第である。

せっかくの初乗車なので、一駅だけでは勿体ない。と言う事で、予定を変更し、三鷹まで乗り通すことにして、同駅での折り返し時間を利用し、同編成を撮影する事にした。

Img_s5780s

三鷹駅2番線に停車中の05系第14編成。

B修繕工事が実施された05系第14編成。まず、外観上の変化は、スカートの取り付け、行先表示のフルカラーLED化、パンタグラフのシングルアームパンタ化、前面の車号表記の位置の変更、ラインカラーを第25編成以降と同様の配色に変更と言ったところが、目立った変化と言えそう。

Img_s5777s

ドア上には、ワイド液晶表示機を2個ずつ設置。

そして、車内の一番の変化は、各扉の上に2個ずつ設置されたワイド液晶表示機。これだけ見ると、新型の15000系と見間違うかも。また、足回りは、千代田線の16000系と同様のものになっており、走行音も16000系そのものと言った感じだった。

今後、残りの05系ワイドドア車も、同じような改造が実施される模様。05系ワイドドア車の更新前の姿もしっかりと記録しておかなくては・・・ 

撮っている筈なんだが、更新前の第14編成の画像が見つからない。(ノд・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿駅跨線橋架け替え工事に伴う中央線の特別ダイヤを観察する

昨日は、新宿駅跨線橋架け替え工事が行われ、中央線や湘南新宿ラインなど、新宿駅を経由する複数の路線で運休や運転区間の変更などが実施された。中央線も、快速電車・特別快速電車の運転を終日中止し、全列車各駅停車での運転となった。また、「あずさ」「かいじ」などの中央本線の特急列車は、中野駅発着となった。

中央線は、私にとっては通勤路線で、なじみのある路線。今回の特別ダイヤはしっかりと観察しておきたかったのだが、昨日は他にも予定があり、朝と夜の観察のみとなってしまった。

朝、7時半ごろに国分寺駅に到着する。まずは、この日の目的地までの乗車券・特急券を購入しホームへと入場する。下りホームの高尾方に向かうと、撮影している人は誰もいない。まずは、次々にやって来るE233系の各駅停車東京行きを撮影してみた。

Img_d2926s

11月15日、中央線は新宿駅の跨線橋架け替え工事のため、終日各駅停車での運転となった。

E233系による各駅停車は、普段でも早朝・深夜に運転されているが、この日は終日各駅停車で運転する特別ダイヤ。よく見ると、列車番号も9000番台を表示しているため、普段とは違う姿での運転と言うのが解る。

Img_sx4106s

下り列車は、国分寺駅時点で行き先表示のみ。

続けて撮影した下り列車。こちらは、国分寺駅での時点で行き先表示のみとなっているが、列車番号は9000番台となっているため、こちらも普段とは違う姿である事が解る。下りの各駅停車に関しては、夜の帰宅時に観察してみたところ、車内のLCDが、三鷹までは各駅停車と言う表示を出して運転していたことから、三鷹を境に表示を変えているようだ。

この後、西国分寺に移動して数枚撮影。

Img_d2936s

各駅停車表示での姿を撮影。

西国分寺到着後、1本目に来た東京行きは、東急車輛製のH50編成だったため、LED表示が上手く写らなかったが、2本目の東京行きは、新津車両製作所製のT31編成だったので、うまく写ってくれた。こう言う時は、新津車両製作所製の車両が有難い。

この後、目的地へ向かうため武蔵野線・埼京線と乗り継ぎ大宮へ。中央線の観察はいったん終了する。

続きを読む "新宿駅跨線橋架け替え工事に伴う中央線の特別ダイヤを観察する"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東葉高速鉄道 HM掲出編成運転中

前記事でお解かりの通り、西荻窪から快速中野行きで中野へやって来た後は、中野駅で車両観察。中野駅では、西荻窪駅で見られない、東葉高速鉄道の車両がやって来る。私が中野駅に到着すると、すぐに東葉高速鉄道の車両が3番線に入線して来た。最初は、何気なく見ていたのだが、正面を見るとヘッドマークが付いているではないか。早速近付いてみて撮影する事にした。

Imgp91260005

中野駅で遭遇した東葉高速鉄道の2109F。この編成は八千代市制40周年記念HMが掲出されていた。

沿線の八千代市の市制40周年を記念したHMが掲出されていた。停車時間があったので、車内も観察してみたが、車内は普通の車両であった。

さて、この電車が出発していき、暫くすると再び東葉高速の2000系が入線して来た。よく見ると、この車両もヘッドマークが付いていた。

Imgp91340001

続いてやってきたのは2102F。この編成は「全国都市緑化ふなばしフェア 船橋市制70周年記念」HMを掲出していた。

40周年の後は、船橋市の市制70周年。東葉高速鉄道沿線の自治体は、今年、節目の年を迎えているようだ。

西荻窪では見られない東葉高速鉄道の車両。このところ、東西線に乗る機会も無かったので、東葉高速鉄道の車両に、ヘッドマーク掲出編成が2編成もあったとは、全く気が付かなかった。西荻窪駅で快速中野行きという怪しい表示を見つけなければ、中野まで来なかった訳で、この撮影は、まさに怪我の功名と言えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら5000系HM付編成に出会う

今日の夕方、仕事を終えて西荻窪駅へ向かうと、偶然にも東京メトロ5000系第59編成による西船橋行きが入ってきた。前記事でも触れたように、深川車両基地でのさようなら5000系撮影会の後、第59編成は、ヘッドマークを付けたまま運転されるとの事だったので、我が職場のある西荻窪でも見られれば良いなあとは思っていたのだが、あまりの偶然の出会いに、少し呆然としてしまった。

私は、この59Fに乗り込み、中野へと向かった。とりあえず、中野駅の停車時間を利用して、ヘッドマークを付けて営業運転に入っている姿を撮影しておこう。

Imgp76200002

深川車両基地でのさようなら撮影会以後、ヘッドマークを付けて最後の力走を見せている5000系第59編成。

中野駅に到着すると、隣にはJRのE231系800番台車が停車していた。この車両との並びも撮影してみた。

Imgp76190001

JRの東西線乗り入れ対応車、E231系800番台車とも並んだ。

本日の5000系第59編成は、この時点では、ご覧のように87S運用に就いていたが、この直後、総武快速線での人身事故の影響を受けて、東西線は、JRとの直通運転を中止したため、車両運用にも影響が出てくる可能性がある。明日以降、どの運用に入るだろうか。また、西荻窪で見かけたら撮影してみるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残り2本 東京メトロ東西線の5000系

昭和39年の開業以来、地下鉄東西線を走っている5000系電車。今年度中での全車両引退が既に発表されているが、ここへ来て、有楽町線から転用の07系も営業を開始した事から廃車が進み、ついに2編成(ステンレス・アルミ1本ずつ)を残すのみとなってしまった。以前であれば、私の勤務地でもある西荻窪でも良く見かける事があったが、ここ最近では、本当に見かけなくなってしまっている。

12月6日の夕方、仕事帰りに吉祥寺で買い物をするため、西荻窪駅から緩行線の電車に乗ることにした。三鷹行きが発車する1番線ホームへ上がっていくと、一発でやって来たのが、なんと東京メトロの5000系だった。いつ以来の乗車だろうか。久々の再会で思わず嬉しくなってしまった。急ぐ旅でもない。予定を変更し、終点の三鷹駅まで乗り通して撮影する事にした。

Imgp73330005

残り2本となってしまった東西線の5000系。久々の再会で、三鷹まで乗り通してしまった。

続きを読む "残り2本 東京メトロ東西線の5000系"

| | コメント (7) | トラックバック (4)

東京メトロ東西線、東葉高速鉄道線、相互乗り入れ10周年記念HM付き電車運転中

西船橋から勝田台までを結ぶ東葉高速鉄道は、この度開業10周年を迎えた。開業時より、営団地下鉄東西線(現東京メトロ東西線)との相互乗り入れを実施している。その相互乗り入れも10周年と言うことで、東京メトロの05系と、東葉高速の2000系にそれぞれ10周年記念ヘッドマークを付けた編成が登場している。

5月1日の夕方、私は私用で阿佐ヶ谷へ向かった。西荻窪から電車に乗ろうとしたら、なんと、その10周年記念マークをつけたメトロ05系36Fが入ってきた。私は、その編成を撮ろうと、予定を変更し中野まで乗り通した。

Imgp59840001

中野駅に停車中の東京メトロ05系第36編成

Imgp59850001

ヘッドマーク部分をアップにして撮影

こうなると、もう一方の東葉高速のHM付き編成も撮りたくなってしまう。しばらく中野駅で待機して様子を見ることにした。すると約30分後に、HMを付けた東葉高速の2000系がやって来た。

Imgp59980004

10周年記念マークを付けた東葉高速2001F

ちなみに、この待機中に引退間近となった東京メトロ5000系と東葉高速1000系も1本ずつ遭遇。それぞれ撮影する事が出来た。

Imgp59900002

三鷹発快速津田沼行きに充当中の東京メトロ5000系

Imgp59920003

各駅停車東葉勝田台行きに充当中の東葉高速1000系

両形式とも最近ではすっかり見かけなくなってしまった。どちらも東西線のATCの絡みでまもなく引退となる予定である。次はいつ見られるだろうか。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

東葉高速鉄道に乗る!

昨日は午後から仕事で千葉県の佐倉市へ出かけた。

目的地の最寄り駅が京成電鉄の志津駅。西荻窪の事務所から行くとなるとどのルートが良いか、色々と考えていたら、私の頭の中にあの運賃の高い私鉄が浮かんだ。そうだ、これで行こう。

と言うわけで、西荻窪からまずは東京メトロ東西線直通の西船橋行きに乗車した。やって来たのは05系第43編成。これが最新編成だろうか。日中のJR直通便は両方向共に葛西で、東葉高速線直通の快速に抜かれるパターンである。私も東陽町で下車し、後続の快速を待った。

後続の快速電車は、中野駅停車中の時から東京メトロの5000系である事は解っていた。このところ5000系に続けて乗車しているが、同車の活躍はそう長くはないから有り難く乗車することにしよう。地上へ出ると速度を徐々に上げて、地下線内とは違った魅力があった。この辺りから徐々に眠気が襲ってきて、気がつくといつの間にか東葉高速線内に入っていた。北習志野から先は乗車した事がなく、初乗りであったが、終点の東葉勝田台まで殆ど覚えていない。せっかくなので、5000系を撮影しておこう。

IMGP4426

折り返しは御覧のように三鷹行きの快速だった。撮影を終えると、隣のホームにもまもなく列車が入ってくるようだ。そのまま待っていると、東葉高速の1000系が入ってきた。

IMGP4427

この1000系は、そろそろ夕方のラッシュ時に入るために、車庫から出庫してきた編成だった。東葉高速1000系も東京メトロの5000系を改造した車両なので、こちらも近いうちに消え行く運命にある。しかも各駅停車の中野行きという、日中ではあまり見られない組み合わせだ。この時、東葉勝田台駅のホームでは、この両車が並んだのだが、残念ながら並びの撮影は無理だった。

さて、志津駅近くでの仕事を終えて、再び東葉勝田台駅へ。帰りはこの駅からきっぷを買った。すると西荻窪まで通しで買えるのだが、運賃はなんと1070円!定期券の入口でもある阿佐ヶ谷まで買うことにしたが、ここまで買っても1040円であった。地元では「日本一高い私鉄だから乗らないように!」とも言われているらしいのだが、西荻窪までほぼ直進で帰れるのは有り難い。1040円のうち610円が東葉高速の運賃だった。

ホームに下りると、なんと停車していたのは東陽町行き。こんな時間に東陽町までしか行かない電車が来るとは・・・

IMGP4430

結局、この電車には乗らずに、後続の各駅停車三鷹行きに乗ることにした。車両は東京メトロの05系第27編成。このタイプの車両、座席が凄く堅い。座り心地が悪いのは何とかして欲しいものだ。車掌のアナウンスによると、やはり葛西で快速の通過待ちがあるらしいのだが、快速が中野行きというので、西荻窪まで行くには、この電車に乗り換える可能性が高いので、そのまま乗り通す事にした。この電車の車内で気が付いたのだが、東葉高速線も新型車2000系投入により、自動放送やドア上の車内案内機を使用するようになったようで、この乗車した05系も、自動放送と車内案内機が使用されていた。ただ、05系の場合はお顔の違う新タイプの車両だけが対応しているのかもしれない。

帰りも1時間20分以上乗るので、車内ではうとうとと眠ってしまった。3社直通電車の乗り通しというのは、今回が初めてだったかも。自動放送も3種類聞く事ができた。しかし、腰の痛みも残ってしまった。乗り換え回数が少なくて便利ではあるが、これだけは勘弁してもらいたい。誰もいない事務所に帰ってきたのは20時近くであった。

それにしても、東葉高速鉄道の運賃は高いなあ。次に全線通しで乗るのはいつの事だろうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東葉高速 2000系を再度撮影する

3月12日(土)の出来事。

確定申告も自分のノルマは終了。この日は14時で仕事を終えて、ちょっと撮影に出かけることにした。西荻窪から都心へ向かう際、やって来たのは東西線直通電車だった。とりあえず、これで中野まで乗ることに。中野に着くと、隣のホームには、東葉高速鉄道の新車2000系が停車していた。明るい時間帯に見るのは、これが初めてである。いいチャンスと思い、撮影する事にした。

IMGP1367

車両は2000系第3編成。2000系も順調に勢力を伸ばしているようだ。中野駅では、私の他にも2000系を撮影している人が5人いたが、その中の一人はなんとおばさん。携帯電話のカメラだったが、マニア的な部分を撮影しており、見る目はあるようだ。それにしても、最近は鉄道趣味への女性の進出が目立つようになってきたなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東葉高速鉄道 車両の世代交代進む

東京メトロ東西線と直通運転を実施している東葉高速鉄道は、開業当初、旧営団地下鉄から譲渡された1000系(旧営団5000系)電車の老朽化により、昨年から東京メトロ05系と同一設計の2000系電車の投入を開始。車両の置き換えが進んでいる。

私は、通勤で西荻窪まで通っており、東京メトロ東西線の車両とは馴染みが深いが、この東葉高速鉄道の車両は、実は中野までしか来ないため、普段はあまりお目にかかれない。新車2000系も、実はミレナリオ臨で一度撮影し、当ブログでもご紹介したが、それ以降は全く見ていない。そこで、25日と26日の二度に分けて、仕事を終えてから中野駅まで行き、東葉高速鉄道の車両を撮影してきた。両日ともに、同じ時刻に中野駅へと行き、東葉高速車が使用される18時25分発の各駅停車東葉勝田台行きを撮影した。

まず、25日の夜だが、この日は新車2000系の第1編成がやってきた。既に数本が搬入されているようで、第2編成までは営業運転に入っているらしい。第1編成の撮影は今回で二度目である。

IMGP0771

続いて、翌26日は、開業当初から活躍している1000系だった。こちらも東京メトロの5000系同様、まもなく消える運命である。

IMGP0783

一応、2日に分けて、東葉高速の新車と旧型車の両方を1本ずつ撮影することが出来た。いずれ日を改めて、昼間撮影することにするが、日中の東葉高速車は殆どが快速電車である。今回のように各駅停車での姿は朝か夜のみである。東葉高速車はJRへ乗入できないため、日中の東葉勝田台行は中野始発の快速電車で固められていることが原因である。逆にJR車は東葉高速線に乗入できないのでお互い様ではあるのだが・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

東京メトロ ミレナリオ臨走る

このところ多忙だったので、すっかり更新が遅れてしまった。今年も残すところあと少々。今年の話題は今年のうちにアップしておこうと思う。

12月26日の日曜日、この日は、新宿の伊勢丹まで紳士服を買いに行った。スーツを1着購入し、直しが出来るまでの間、都心で暇を潰すことにした。鉄道ダイヤ情報を見ると、25日と26日の両日、東京ミレナリオを記念した臨時列車が、東京メトロ有楽町線・千代田線・東西線で走ると言う。これは暇つぶしには好都合だ。時間帯が最初となる有楽町線のミレナリオ号を撮るために、飯田橋駅へと向かった。

有楽町線のミレナリオ号は、西武池袋線小手指始発で、西武線内は快速として、有楽町線内は急行運転となる。有楽町線内では珍しい通過運転をやる。撮影と同時に通過運転も楽しむことにする。やってきた電車は、西武6000系(6117F)だった。正面の青帯のところにミレナリオの記念マークが貼られている。列車種別が小竹向原を境に変更になるせいか、方向幕は「臨時」と表示されただけであった。

IMGP0407

この列車を撮影後、永田町まで乗車した。先行電車を追い越さないせいか、各駅の通過速度は、かなり遅かった。麹町の手前で先行電車に追いついてしまったようで、さらに減速してしまった。ATCの関係か、速度を落とす時のブレーキがきついのが気になる。

続いて、千代田線のミレナリオ号を撮るために、大手町へ向かった。千代田線のミレナリオ号は、小田急線の相武台前発で、小田急線内が準急。千代田線内が急行扱いだった。車両は小田急1000形(1061F+1251F)が使用された。この列車も、前面の貫通扉付近に、ミレナリオの記念マークが貼られていた。途中駅で種別が変わるからか、大手町の時点では、種別の表示は無く、行き先のみの表示であった。

IMGP0412

最後に、東西線のミレナリオ号だ。この列車は、東葉高速鉄道の東葉勝田台から出発し、九段下までの運転。他線と違い、全区間各駅停車での運転。車両は、なんと東葉高速鉄道の新車である2000系が使われた。ピカピカの新車が入ることと、九段下行という珍しい行き先とあって、3つあるミレナリオ号の中では注目度が高く、大手町駅では、かなりの鉄道ファンが待機していた。

駅の表示も九段下行。↓

IMGP0417

車両は、東葉高速の新車2000系。↓

IMGP0423

東葉高速の2000系は、同時期に製造されている東京メトロ05系を基本に作られているので、車体はほぼ一緒。05系の塗装変更版という感じなのだが、塗装一つ違うと、かなり外観が変わって見える。私もこの時始めてみたのだが、その見た目の違いに驚いてしまった。

それにしても、今回のミレナリオ号。東京メトロで企画したのだろうけど、各線とも車両が他社車両と言うのも面白い。

ところで、このミレナリオ号撮影の際、レアものに遭遇している。これらもご紹介しておこう。

まずはこれ。東武9050系。東武9000系のVVVF制御版。有楽町線のミレナリオ号の先行電車だった。2編成のみの存在である。↓

IMGP0404

続いて、有楽町線ミレナリオ号を永田町で下車し、大手町へ向かう時に乗車した半蔵門線がこれ。東急2000系である。サークルKのようなマークは、東武線乗り入れ非対応を表す。↓

IMGP0409

この他にも、東西線では5000系アルミ車や05系ワイドドア14F(この編成のみワイドドアのVVVF車)にも遭遇した。なかなか充実した1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)