« 西武2000系 2401Fと2519Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 西武001系ラビュー 撮影用回送列車と遭遇 »

廃車回送から3日 横瀬車両基地に佇む2401Fと2519F

2月12日の撮影記です。

前の記事で触れたように、2月9日、長年に亘って、西武新宿線系統を中心に活躍を続けてきた2000系、2401Fと2519Fが、横瀬車両基地へ廃車回送された。慣れ親しんだ車両だけに、早いうちに、横瀬車両基地へ様子を見に行ってみよう。廃車回送から3日が経過した2月12日、横瀬車両基地を訪ねてみた。

横瀬駅に到着したのは、12時35分頃のことであった。早速、駅から徒歩で横瀬車両基地へ。駅から歩くこと10分少々。解体線を真横から観察できる場所へ。

Img_6d32445s
解体線に佇む2401F。

2日前に降った雪を踏み締めながら慎重に進んで観察ポイントへ。2401Fと2519Fは、到着後、切り離され、2519Fは、やや駅寄りに留置されていた。この場所から見ると、2401Fだけが解体線に入っているようにも見えるが・・・

Img_6d32453s
車両基地の搬入口から2401Fと2519Fを眺める。

公道に戻り、車両基地の搬入口へ移動。ここから撮影すると、2401Fの後ろ、やや離れた場所に2519Fが見える。離れた場所に留められているという事は、何か部品の取り外しのようなことをやっているのだろうか。

Img_6d32456s
やや別の角度から。黄色い車両が目立つ。

その後、ほんの少しだけ位置を変えて、やや違う角度から撮影してみる。右側に少しだけ見えている2000系は、夕方の快速急行1002列車に充当される車両で、この日は2063Fの代替として、新宿線から池袋線へ転属した2095Fが充当されていた。1両だけ残されたクハ2001も含めて、長年、新宿線系統で活躍してきた2000系が、4本も横瀬に集結すると言う光景を目にすることに。

Img_6d32458s
2401F、2519F、そしてクハ2001。

そして、再び、解体線の横へ。今度は、公道から撮影することに。

Img_6d32460s
2401Fと4000系。

Img_6d32467s
クハ2402側から編成全体を眺める。

ここまで撮影したところで、解体線の2401Fと2519Fの観察を終了。次の目的地へ向かうため、横瀬駅へ向かった。

長年に亘って西武新宿線系統を中心に活躍してきた2401Fと2519F。少し前に撮影した両編成の雄姿を何点かご紹介して、この記事を締めたいと思います。

まずは2401Fから。

Img_6d26192s
新所沢駅に進入する2401F。(2021年9月1日撮影)

2021年9月1日。この日、2401Fは、2000系トップナンバー編成である2001Fとコンビを組んで運用に就いていた。まずは急行本川越行きの先頭に立つ2401Fを新所沢駅で撮影。

Img_6d26219s
折り返しは、本川越発新所沢行き5612列車。(2021年9月1日撮影)

そして、本川越到着後は、折り返し、各駅停車新所沢行きとなる。本川越発、各駅停車新所沢行きは、平日の午前中、1本のみの存在。新所沢駅での撮影後は、この列車を撮影するため、入曽~狭山市間の撮影地へ移動しました。

Img_6d26228s
後追い。(2021年9月1日撮影)

平日の午前中、1本のみのイレギュラーな列車に、2001Fと2401Fがコンビを組んで入ってくれたことは、とても良い思い出となりました。

Img_6d30428_2s_20220217235101
2403Fとコンビを組み、西武園線を走る。(2021年12月19日撮影)

2021年も残り2週間を切った12月19日、西武園駅では、子供向けのプチクリスマスイベントが開催され、このイベントに合わせて、終日、2401F+2403Fが西武園線の運用に就きました。西武新宿線の各駅停車8両運転開始に備えて誕生した2両編成の2000系は、先行して落成した車両が、2両編成を2本繋げた4両編成で、国分寺線や西武園線の運用に就いていました。SNSも無い時代。当時、小学生だった私が、所沢の耳鼻咽喉科への通院の際に、東村山駅で2両編成の2000系を見たときは、とても驚きました。あれから38年。当時とは車両の向きが異なっているものの、西武園線を走る光景は、とても懐かしく感じた。

一方の2519Fですが・・・

Image-7
狭山線の運用に就く2519F。(2008年8月2日撮影)

長年、西武新宿線や拝島線で運行されてきた2519Fですが、今から約13年前、2008年の7月下旬から8月にかけて、池袋線に貸し出され、狭山線の線内折返し運用に使用されました。

Image-8
下山口駅で237Fと交換する2519F。(2008年8月2日撮影)

電連カバーが白い、101系秩父鉄道乗り入れ対応車両との交換シーンも懐かしい光景です。

新2000系がデビューしたのは、今から34年前の1988年。旧2000系には無かった4両編成から製造が開始されました。当時、私は15歳。中学校の帰宅時間に合わせたかのように、久米川駅を16時24分頃と40分頃に、新2000系の4両編成を2本繋げた8両編成による西武新宿行きが運行されており、毎日、このどちらかの列車を帰り道に眺めるのが日課でした。あれから34年。あの時15歳だった私も、今は50歳目前。新2000系の廃車が本格化するのも納得です。

2401F、そして2519F、長い間、お疲れ様でした。

| |

« 西武2000系 2401Fと2519Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 西武001系ラビュー 撮影用回送列車と遭遇 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武2000系 2401Fと2519Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | 西武001系ラビュー 撮影用回送列車と遭遇 »