« 西武2000系 2521Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | E491系 中央快速線を検測 »

西武9000系 多摩湖線不定期列車運転に合わせて回送列車で小平まで入線

3月12日のダイヤ改正から、早くも2週間以上が経過。TwitterやFacebookに投稿されている情報を見ながら、少しずつではありますが、新ダイヤの特徴を掴みつつあります。

我が地元路線である、西武鉄道多摩湖線。西武園ゆうえんちやベルーナドーム(西武ドーム)で開催されるプロ野球公式戦等により、不定期列車も多数設定されており、不定期列車の運転の有無により、車両運用も大きく変わる事になる。そんな西武多摩湖線の新ダイヤ。休日ダイヤで、不定期列車が運転される場合、多摩湖線の主である9000系ワンマン車が、回送列車として小平駅まで入線すると言う情報がTwitterにアップされていた。普段は、多摩湖線全線と、拝島線の萩山~玉川上水間しか走らない9000系ワンマン車が、回送列車とは言え、小平駅まで入線するという事は、新宿線を走る他の車両との並びを撮るチャンスが増えたことにもなる。これは早速見に行きたい。

3月26日、私は、9000系の小平駅乗り入れの様子を撮影してみた。小平へ回送される9000系は、9時41分、国分寺発萩山行き6411列車として到着した車両で、萩山駅到着後、一旦、八坂駅方の留置線に入った後、9時51分頃、萩山駅3番ホームに入線。その後、小平駅へ向かうと言う。そこで、この回送列車に先行する小平行きで、先回りすることにした。

Img_6d33242s
萩山駅に入線する小平行き38101Fと留置線の9000系。

9時46分、9000系の回送列車に先行する、拝島発の小平行きが萩山駅に到着する。ご覧のように、この日は、「DORAEMON-GO!」として運行中の38101Fでの運転だった。そして、留置線には、ヘッドライトを点けた9000系が待機しているのが確認できる。

私は、到着した小平行きに乗車し、小平駅へ。到着後、下りホームの先端で待機し、このあとやって来る9000系の回送列車を待つことにした。

小平駅下りホームで待機すること、およそ2分。背後から、下りの特急列車がやって来た。

Img_6d33247s 
小平駅を通過。本川越へ向かう特急「小江戸7号」

この下り特急列車は、西武新宿駅を9時30分に出発する「小江戸7号」。ご覧のように、「小江戸7号」が向かう前方には、9000系の回送列車が見えている。西武鉄道沿線の方には、当たり前の光景なのだが、西武拝島線の上り線は、小平駅手前で、西武新宿線の下り線と交差するため、このように、新宿線の下り列車の通過待ちで、拝島線の上り列車が駅手前で停められることがある。駅手前の小平2号踏切で撮った方が良かったかも。

Img_6d33249_1
「小江戸7号」と9000系回送列車の並び。

9000系の回送列車は、特急列車が通過した後、ゆっくりと動き出し、小平駅へ。

Img_6d33252s
小平駅を目指し、再び走り出した9000系の回送列車。

この日、小平駅へ回送されてきた9000系は、9102F。現存する9000系の中では、唯一、2000系と同タイプのスカートを使用しており、電機連結器が無いにもかかわらず、スカートの連結器部分が広く開いているのが特徴と言える。

Img_6d33257s
小平駅に入線する9102F。

小平駅3番ホームに到着した9102Fの回送列車は、西武新宿方にある引上げ線へ向かうことになるが、到着した時点では、私が小平駅まで乗車してきた38101Fが引上げ線に入ったまま。

Img_6d33260s
小平駅3番ホームに停車中の9102F。前方の引上げ線には38101Fの姿が確認できる。

その為、38101Fが動き出すまでは、小平駅3番ホームで待機することになる。

20220326_095531s
折り返し拝島行きとして1番ホームに38101Fが入線。

9時55分、折り返しの拝島行きとして、38101Fが小平駅1番ホームに入線してきた。この直後、9102Fが引上げ線へと向かった。

Img_6d33266s
小平駅の引上げ線で待機する9102F。

この後、私も、下りホームを移動し、西武新宿方先端へ。引き上げ線に入った9102Fを撮影した。

Img_6d33270s
急行多摩湖行きと並ぶ。

引上げ線に停車中の9102Fと、本線を通過する車両との並びを取ろうと待機していると、10時01分、この日2本目の急行多摩湖行きとなる2553列車が接近。2本運転されている急行多摩湖行きのうち、2本目の列車は、改正後、2000系の4+4で運転されるようで、この日は、多摩湖方に、4両編成の2000系では初のシングルアームパンタ装備編成となった2541Fが連結されていた。2519F、そして、2521Fと、既に2本の廃車が発生した2000系の4両編成だが、このように、シングルアームパンタに交換した編成も登場している。

この後、私は、9000系の回送列車に先行する形で萩山へ戻ることに。この日は天気も曇り気味。そこで、萩山駅到着後は、多摩湖線の青梅街道4号踏切を渡った先、通称「萩山カーブ」と呼ばれているポイントへ。

Img_6d33285s
小平~萩山間を行く9102Fの回送列車。

10時21分、9102Fの回送列車がやって来た。不定期列車である、萩山始発の多摩湖行き6533列車の発車時刻は、10時23分なので、この日は、結構ギリギリのタイミングである。

そして、この後は、萩山駅へ戻ることになるのだが、その際に、青梅街道4号踏切付近から、2番ホームに停車中の9102Fを撮影してみる。

Img_6d33300s
萩山駅2番ホームに停車中の9102Fと、多摩湖発小平行きとの並び。

9102Fの多摩湖行き6533列車は、1番ホームに到着する国分寺からの萩山行きの到着を待って発車する。そして、3番ホームには、やや遅れて、多摩湖からの小平行きが到着するが、この列車の到着と同時に、1番ホームから国分寺行きが発車してしまったため、多摩湖~八坂間の各駅から、この小平行きに乗って、萩山駅まで来た国分寺方面へ向かうお客さんは、後続の国分寺行きを待つことになってしまった。

さて、9000系の小平までの回送列車ですが、翌日、3月27日も撮影してみました。

Img_6d33500s
小平へ向かう9105Fの回送列車。

この日、小平まで往復した9000系は、9105F。前日同様、黄色い9000系である。前日に見られた「小江戸7号」との並びを期待して、小平3号踏切から撮影してみたのだが・・・

Img_6d33508s
「小江戸7号」を待たずに、小平駅へ向かう9105F。

前日と異なり、「小江戸7号」に遅れが出ていたのか、9105Fの回送列車は、「小江戸7号」の通過を待たずに、小平駅へ向かった。

Img_6d33544s
小平駅から折り返し、萩山へ向かう9105Fの回送列車。

そして、折り返しの回送列車は、拝島線の小平4号踏切(多摩湖自転車道の踏切)から撮影。この時点で、車掌さんが行先方向幕のスイッチを起動していたようで、前面・側面とも、行先方向幕が回転した状態でやって来た。多摩湖線で運用に就いているときは、ワンマン運転が原則のため、走行中に方向幕が回転することはなく、これも車掌が乗務している回送列車らしい光景と言えるかもしれない。

ダイヤ改正で新たに誕生した9000系の小平までの往復回送。改めて時刻表を眺めてみると、萩山駅10時19分発の拝島線下り、玉川上水行きがあり、仮に萩山駅の留置線からの出庫とした場合、最も早くて、萩山駅2番ホームに入線できるのは10時20分。萩山駅の車庫から多摩湖線の運転士が出庫させて、到着後、反対側の先頭車両に移動して、ブレーキハンドルをセットさせたりと言う事を考えると、小平駅から回送すれば、すんなり2番ホームに入線出来る上に、ブレーキハンドルをセットし直す必要もない。あえて、小平まで1往復させた方が効率が良いという事なのでしょう。

9103Fや9108Fの小平入線も記録しておかないと・・・

|

« 西武2000系 2521Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | E491系 中央快速線を検測 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西武2000系 2521Fが横瀬車両基地へ廃車回送される | トップページ | E491系 中央快速線を検測 »