« E491系 中央快速線を検測 | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された101系259Fと2000系2521F »

残り1編成となった東京メトロ7000系を撮影する

東京メトロ有楽町線・副都心線で、長年に亘り活躍を続けてきた、東京メトロ7000系。2006年から登場した10000系車両と合わせて、乗り入れ先の東急・東武・西武沿線でも、その雄姿を見ることができたが、老朽化により、2021年より、後継車種となる17000系への置き換えが始まり、10両編成は、一足早く2021年10月までに全廃。以後、8両編成が残っていたものの、17000系の8両編成の増備に伴い、急速に置き替えが進み、4月4日、7133Fが廃車回送されたことにより、ラストナンバーの7134Fを残すのみとなってしまった。

まさに風前の灯火。残り1編成となって最初の土曜日となった4月9日、昼前にスマホで7134Fが動いているか調べてみると、運良く運用に就いていることが解った。出来れば、3月12日のダイヤ改正で誕生した、西武線内が準急となる石神井公園行きで撮れないものかと、充当列車を調べてみたが、充当列車の中に、準急石神井公園行きは含まれていなかった。しかし、午後の1往復が、東横線内急行となることが判明。そこで、7134Fの急行列車を撮影すべく、東急東横線沿線へ。撮影地として選んだのは、都立大学~自由が丘間、通称「亀屋万年堂カーブ」と呼ばれる有名撮影ポイント。上り列車を撮影すると、亀屋万年堂総本店の看板が背景に入ることから、「亀屋万年堂カーブ」と呼ばれるようになったが、総本店のリニューアルにより、今は、亀屋万年堂の看板は写らない模様。時間的に上り列車は逆光となるが、LEDの行先表示を写すには好都合と考え、向かうことにした。

渋谷から東横線の特急列車で8分。自由が丘駅にたどり着いたのは、12時17分の事であった。ここから線路に沿って渋谷方向へ歩くことおよそ10分。通称「亀屋万年堂カーブ」と呼ばれる都立大学3号踏切に着いたのは、7134F通過のおよそ25分前。この時点で、都立大学3号踏切に待機していた鉄道ファンの姿はなく、7000系狙いの人は居ないのか。そう思っていたのだが、通過10分ほど前には少しずつ人が集まってきた。

12時56分、7134Fによる急行和光市行きがやって来た。

Img_6d33984s
東急東横線、都立大学~自由が丘間を行く7134F。

自由が丘を発車し、急行列車として渋谷方面へ向かう7134F。東急東横線は、東京メトロ副都心線との相互乗り入れの開始に合わせて、特急列車は10両化されたものの、急行列車には、8両編成で運転されるものが残されている。乗り入れ先も含めて、各駅停車の運用が主体となる東京メトロ7000系の8両編成。LEDの行先表示もしっかり写っており、急行列車として颯爽と走る姿を記録することが出来て良かった。

Img_6d34007s
増備が進む17000系の80番台車。この日は17192Fが営業運転に就いているのを確認。

8両編成の7000系の淘汰を目指し、増備が進む17000系の8両編成、80番台車。17181Fから17195Fまでの15編成が製造される計画だが、既に17194Fまで到着済みとのこと。この日は、17192Fが営業運転に就いているのを確認している。東急東横線は、各駅停車が8両編成での運転のため、17000系の8両編成も見かける機会が多く、ご覧いただいている17192Fのように、副都心線へ入らず、渋谷で横浜方面へ折り返す列車にも充当されている。

亀屋万年堂カーブでは、50分ほど撮影を楽しんだ後、撤収。帰りは、自由が丘駅ではなく都立大学駅へ。渋谷方面へ向かう各駅停車に乗車し、祐天寺で途中下車。約10年ぶりに、鉄道ムード満点のカレーハウス「ナイアガラ」を訪れ、カレーライスを堪能した。

さて、残り1編成となってしまった東京メトロ7000系。最新鋭の17000系が営業入りしてからは、7000系の淘汰が急速に進んでいきました。特に8両編成に関しては、殆ど撮っていなかったことに後から気付く始末で、お恥ずかしい話であります。

今回は、これまでに撮影した中から、思い出に残るシーンや、10両編成では最後まで残った7101Fの未公開画像を取り上げて、この記事を締めたいと思います。

D18597s_1
人身事故の影響で準急運用に入った7130F。(2010年6月12日撮影)

2010年6月12日、東京メトロ有楽町線飯田橋駅で発生した人身事故の影響により、一時的に東京メトロ有楽町線・副都心線と西武池袋線との直通運転を中止していたが、直通運転再開後も、車両運用は乱れており、8両編成の7000系による準急渋谷行きが運転された。この時、まだ副都心線と東横線は繋がっていない。当時、8両編成の7000系による準急は、平日夜、渋谷19時00分発の小手指行き(メトロ線内各停、西武線内のみ準急)と言うのが存在していたが、上りの設定はなかったはず。撮影したのは、飲み会の後で酔っていたのだが、停車時間があり、落ち着いて撮影できたことは有り難かった。

7d2784_1
運行番号19K、西武球場前発の元町・中華街行きに充当され、狭山線を行く東京メトロ7000系7130F。(2014年6月15日撮影)

2014年6月15日、午前中に東急東横線内での人身事故が発生。この日は、西武ドームで、プロ野球セ・パ交流戦、埼玉西武ライオンズ対阪神タイガース戦が開催されており、狭山線は臨時列車が多数運転されていた。夕方、西武球場前駅から元町・中華街駅までのちょくつう列車が運転されたが、通常は、東急・横浜高速車による運転のところ、東京メトロ7000系が代走。よく見ると、この時も7130Fが充当されている。

Img_7d66727s
航空祭に合わせて運転される入間市行きにも充当。(2018年11月3日撮影)

毎年11月3日に開催されていた入間航空祭。この日だけ運転される入間市行きには、東京メトロ線内からの列車もあり、7000系による入間市行きも見ることができた。ご覧いただいているのは、2018年11月3日に撮影したもの。ここ数年、新型コロナウイルスの影響により、航空祭そのものが開催されていない。コロナが1日も早く収束し、航空祭が開催できるよう、心より願っております。

Img_6d28565s
Fライナーとして池袋線複々線区間を行く7101F。(2021年10月23日撮影)

10両編成で最後まで残ったトップナンバーの7101F。私が7101Fを最後に撮影したのは、昨年10月23日のこと。この日の7101Fは、本来、西武車の運用である12Mの運用に就いており、夕方、Fライナー快速急行として小手指へ向かう7101Fを、練馬高野台駅で撮影した。この撮影から1週間後の10月30日、7101Fは運用を離脱している。

残り1編成となってしまった東京メトロ7000系。ラストナンバーの7134Fは、いつまで走ってくれるだろうか。

|

« E491系 中央快速線を検測 | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された101系259Fと2000系2521F »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:東京メトロ」カテゴリの記事

鉄道:東急・横浜高速」カテゴリの記事

鉄道:東武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« E491系 中央快速線を検測 | トップページ | 横瀬車両基地へ廃車回送された101系259Fと2000系2521F »