« 秩父鉄道 急行「さくら号」と「SL秩父錦号」を撮影する その1 | トップページ | 西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する »

秩父鉄道 急行「さくら号」と「SL秩父錦号」を撮影する その2

引き続き、4月2日の撮影記です。

武川駅で電気機関車の撮影を終え、「SL秩父錦号」の撮影に備えて、下り列車で移動を開始する。秩父鉄道の午後の上り列車を順光で撮れる場所となると、波久礼駅ぐらいしか思い当たる場所がない。お天気も良いので、光線状態の良い場所で撮りたいと思い、波久礼駅を目指すことにした。

武川駅から普通列車で約20分。波久礼駅に到着。この時点で時刻は14時14分。「SL秩父錦号」の通過時刻まで、1時間15分ほど余裕がある。波久礼駅と言えば、これまでは、駅に隣接した駐車場付近から、駅のホームを入れて撮るだけだった。この日、下りの「SL秩父錦号」は、思ったよりも良い感じに撮れていた(あくまでも自分目線で)ので、上り列車に関しては、ちょっと冒険してみようという気分になっていた。波久礼駅から樋口駅方向に10分ほど歩いたところにあるカーブ区間が、割と有名。しかし、この場所は、車の通行量の多い国道に沿っていて、車と被る可能性がかなり高い。でも、ここは、冒険心が勝って、その場所を訪ねてみた。

早速、歩道からカメラを構えてみるが、行楽シーズンと言うこともあり、渋滞が発生。この場所では、ちょっと撮り難そう。この時、焼鳥「省松」さんのマスターに見せていただいた写真を思い出す。少々、波久礼駅寄りに戻ると、国道と線路と高低差が生じており、その場所ならば、列車は、4両程度なら入りそう。そして、大型車両さえ来なければ、車も交わせる。早速、その場所まで戻り、先行車両で試し撮りすることにした。

Img_6d33726s
7800系7802Fによる羽生行き普通列車。

14時54分、7800系による羽生行き普通列車がやって来た。東急8090系の中間車を先頭車に改造。利用客減少に合わせて、2両編成でのデビューとなった。私も何度か7800系に乗車したことがあるが、実際に乗車すると、確かに2両編成でも充分かな?と思う事も多々あるが、春の行楽シーズンと言うこともあり、この列車に関しては、立ち客も多く見られた。

Img_6d33744s
5000系5003Fによる羽生行き普通列車。

15時23分、5000系による羽生行き普通列車がやって来た。5000系は、東京都交通局、都営三田線で活躍していた6000形を譲り受けた車両。秩父鉄道には、1999年に入線しているので、入線して既に23年。都営三田線には、新型車両6500形がまもなくデビューする予定で、6000形を置き換えた6300形も、追い出される立場になる。

この5000系も、いつまで、その姿を見ることが出来るだろうか。

この後、いよいよ「SL秩父錦号」がやって来る。とりあえず、ここまでの撮影で、何となくタイミングは掴めた。あとは、大型車両が来ないことを祈るのみ。

5000系の羽生行き通過からおよそ5分。「SL秩父錦号」がやって来た。

Img_6d33757s
波久礼~樋口間を行く「SL秩父錦号」

15時29分、大型車両に被られることなく、「SL秩父錦号」が撮影地を通過した。4両が限界かと思っていたが、撮影した画像をよく見ると、最後尾車両もカーブ区間ではあるが、しっかり入っていた。煙が少ないのは、上り列車の宿命なので、これは仕方ない。

この後、波久礼駅へ戻り、下り列車で秩父方面へ。出来れば、急行さくら号を、長瀞~上長瀞間の桜並木で撮りたい。時刻表を見ながら調べてみると、充分に間に合うことが判明。これは行くしかない。

15時59分、上長瀞駅に到着。長瀞駅方向へ少し歩き、桜並木のポイントへ向かう。満開の桜が私を迎えてくれた。何か所か足を止めて試し撮りをしながら、ちょうど良い場所を見つけ出す。そして、撮影場所が決まった頃、上長瀞駅に、こんな列車がやって来た。

Img_6d33769s
長瀞へ向かう4000系の回送列車。

16時15分、長瀞へ向かう西武鉄道4000系4017Fの回送列車がやって来た。この日2本目となる、長瀞発飯能行きの送込み回送列車である。

Img_6d33772s
長瀞へ向かう4017Fの回送列車。

折り返し飯能行きの長瀞駅発車時刻は16時25分と言う事で、すぐ戻ってくることになる。その間に、他の列車の通過はなく、この飯能行きを續けて撮影することになる。

Img_6d33788s
桜並木と4000系飯能行き。

秩父鉄道直通列車用としてデビューした西武鉄道4000系。早いもので、デビューから今年で34年になる。足回りは101系からの流用のと言うこともあり、後継車両についても検討の時期が近付いているのではないかと思ってしまう。ほぼ同時期にデビューしている新2000系も廃車が発生しているだけに、4000系についても、しっかり撮っておかなくてはないけないのかなと、最近では考えるようになった。

そして、この飯能行きと、上長瀞駅で交換する上り列車がある。どの車両かと思ったら・・・

Img_6d33799s
7800系7801Fによる羽生行き普通列車。

飯能行きと交換して桜並木の区間に入って来たのは、2両編成の7800系7801F。幕車の4000系に合わせてシャッター速度を上げていたため、行先の文字が崩れてしまった。

そして7800系の羽生行きは、長瀞駅で下り列車と交換するので、およそ3分後には、次の列車がやって来る。慌ただしいが、少しずつ陽が沈んできているので、短時間で1本でも多く撮影できるのは有り難い。

Img_6d33808s
7501Fによる三峰口行き普通列車。

入れ替わりにやって来たのは、2021年4月より、「超平和バスターズトレイン」として運行されている7501F。 秩父市が舞台設定のモデルとなったアニメ三部作、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」「心が叫びたがってるんだ」「空の青さを知る人よ」のキャラクターや劇中画がラッピングされている。

7501Fの三峰口行きが通過してから、およそ20分後。いよいよ上りの急行列車がやって来る。この列車に、急行さくら号のヘッドマークを掲出した6002Fが充当されている筈。

Img_6d33819s
上長瀞駅2番線を通過する急行「秩父路8号」

16時53分、定刻より2分ほど遅れて、急行「秩父路8号」がやって来た。予定通り、急行さくら号のヘッドマークを掲出した6002Fで一安心。

Img_6d33822s
満開の桜の横を通過。一路、熊谷へ向かう。

そして振り向いて後追い。満開の桜と急行さくら号のヘッドマークを掲出した6002Fが撮れて大満足。この撮影を以て、撮影地から撤収。上長瀞駅から下り列車に乗車し御花畑駅へ。撮影地情報のお礼を伝えるため、焼鳥屋さんに立ち寄り、1時間半ほど過ごしてから、西武秩父駅よりラビューに乗車。所沢経由で帰宅した。

| |

« 秩父鉄道 急行「さくら号」と「SL秩父錦号」を撮影する その1 | トップページ | 西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秩父鉄道 急行「さくら号」と「SL秩父錦号」を撮影する その1 | トップページ | 西武多摩川線へ向かう101系245Fの甲種輸送を撮影する »